「ふり向く習慣」のある女性は人生を好転させていく【人生が好転する気づきの美習慣#4】

「ふり向く習慣」のある女性は人生を好転させていく【人生が好転する気づきの美習慣#4】

「ふり向く」という言葉にはふたつの意味があります。くるっと後ろを向くことと、過ぎ去った過去を思い返すこと。過去を思うことは、時に消極的な行為と考えられることもありますね。今日はそちらの「ふり向く」ではなく、くるっと後ろをふり向くことで人生を輝かせる女性たちのお話です。さて、この何気ない仕草が意味するものとは──。


■その女性がふり向くたび、人が人を思うやさしさが香り立つ

この方はきっと、ご主人や恋人、お友達など、周りの方からとても愛されているのだろうな──。
そう感じられる女性には共通項があるのだと気づいて、はっとした日のお話をしたいと思います。




都心部のある街での出来事です。その街にはJRの駅を中核に置く大きな駅ビルがあって、一番人通りの多いフロアには、端から端まで長い「動く歩道」が設置されています。





エスカレーターと同様、歩かない人は片側に寄って立ち、急ぐ人は空いている方の側を歩いて先に進むのが不文律。地方によってルールは違いますが、東京では歩かない人が左側に寄って立ちます。





その日は急ぐ必要がなかったので、私は左側に立っていて、すぐ前には同じように歩かず立っている女性のうしろ姿がありました。
まだ20代でしょうか? 髪をすっきりとポニーテールにまとめた可憐なその女性の前には、恋人らしき男性が立っています。女性が何か話しかけると、男性が彼女の方を向いてやさしく笑いかけます。彼の両手には大きな買い物袋がいくつも提げられていて、彼女の手には小さなハンドバッグがひとつだけ。



彼女は何度か「ねえ、重いでしょう? ひとつくらい持つわ」と彼に声をかけていましたが、その度に彼は「大丈夫だよ」と取り合いません。
その様子から、彼は彼女のことが大好きで、とても大切にしているのだなということが伝わってきます。
仲の良い人たちの姿っていいものだなと思いながら、私は彼女の背中を見るともなく見ていたのでした。





そして気づいたのです。私たちの後方から足音が近づいてくるたび、彼女がさっと後ろをふり返り、通路側である右手に彼が持っている紙袋に、さりげなく手を添えていることに。
うしろから歩いて来る方の邪魔になるのでは? と気を遣って、通路側に紙袋がはみ出さないよう、そっと押さえていたのですね。





その女性は「重い荷物は彼が持ってくれてあたりまえ」とは微塵も考えていなくて、「全部持たせてしまって悪いな」と思っている。そして、「うしろから来られる方の迷惑になってはいけない」と、常に周囲に気を遣っている。
なんて素敵な女性なのだろうと思いました。



彼女が後ろをふり返り、彼の持つ荷物に手を添える。誰かがその傍らを通りすぎる。ほっとしたように彼女が荷物から手を離す──。
この光景が幾度もくり返されるたびに、束の間、あたりの空気がやわらぐ気がしました。
無機質な「動く歩道」の上に、人が人に配慮をするやさしさが、ふわりと香ったせいでしょうか。


■見知らぬ他者を気遣える人は、身近な存在に深い愛を注げる人

それから小一時間ほど経っていたでしょうか。ビル内の化粧室を使ったときにもこんなことがありました。





個室が空くのを待っていると、ちょうどひとりの女性が個室から出て来られるようでした。
この方もきちんと髪をまとめていらっしゃるな、身だしなみの良いきれいな女性だなと思った、その瞬間。
彼女もまた一瞬立ち止まってくるっと後ろをふり返り、さっと個室の中を確かめるように見てから、私に軽く会釈をしてくださり、洗面台の方へと去って行かれたのです。



彼女が出ていったあとの個室はきちんと片づいていて、乱れた点がどこにも見当たりませんでした。
トイレットペーパーの先が乱雑にちぎられていたり、だらだらと長く垂れ下がっているようなこともありませんでしたし、もちろん、忘れ物も遺されてはいませんでした。





その後、このビルに入っている大きな書店で、また同じ女性を見かけました。
ご主人と赤ちゃんと、3人での外出だった様子。赤ちゃんを抱いたパパの顔を見上げながら、その女性が楽しそうに語りかけるところでした。




「ねえ、お夕飯何にする?」
「そうだなあ。何食べたい?」
「うーん、何がいいかな。パパの食べたいものにしましょう」




本当に何気ない会話でしたが、パートナーからこんなふうに気遣われると嬉しいだろうなと、微笑みを誘われました。
化粧室でそっとふり返り、次に使う人への気遣いを見せてくれた女性は、ご主人にやさしく気を配ることも身についている人だったのです。だからこそご主人も、奥さまにとてもやさしそうで。互いを気遣いながら暮らす仲の良いご夫婦、ぬくもりに包まれた家族の姿がそこにはありました。


■ふり返ることで人は気づき、よりよい明日を生きていける

髪をきちんと整えてまとめ、身だしなみの良さから爽やかな清潔感を漂わせていた彼女たちが、くるっとうしろをふり返る仕草。
それは、ともすれば何も考えないまま流され、過ぎてしまう時間に、小さな句読点を打つ仕草であるように見えました。一旦立ち止まり、自分の行動をきちんと確かめて身を律する、すがすがしいふるまいであるように感じられたのです。



「ふり返る」という言葉の対象が過ぎ去った過去を指すとき、人は往々にしてそれをネガティブな意味でとらえがちですね。「過去に執着する」、「過去に連綿とする」など、負の意味合いを持つ表現は確かにたくさんあります。
けれど、過去をふり返ることは、必ずしも負の行為とは限らないのではないでしょうか。
ふり返り、かつて起こった出来事を検証し、その理由に思いを馳せる。もしも自分に至らない点があったと気づいたなら、よし、もう同じ過ちをくり返さないようにしようと胸に刻む。
このように、過去をふり返ることで、今日より明日をより良く生きるための駆動力を得ることができるのですから。



そう考えると、その場でくるっと後ろを「ふり返る」ことも、過ぎたときを「ふり返る」ことも、人生を好転させるための、かけがえない気づきの瞬間、ターニングポイントであるように思われてならないのです。



「ふり返る」ことで周りの方を気遣うあなたのやさしさが、きっと誰かに届きますように。
今日より明日がさらに素晴らしい日となりますように。
心から願ってやみません。


この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生 人生を好転させる

関連する投稿


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


最新の投稿


SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

この夏SUQQUが提案するのは、大人仕立てのマリンカラー。モダンに、上品に、さらりと余裕を感じさせるゆったりと夏を愉しむコレクションの登場です。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

DRESS読者のみなさま、読者アンケートにご協力いただけませんか。 抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルをプレゼント。