笑顔が多い人の人生は好転し続ける【人生が好転する気づきの美習慣#3】

笑顔が多い人の人生は好転し続ける【人生が好転する気づきの美習慣#3】

「笑い方を“知らない”人が増えている」。一般の方を撮影する機会の多いカメラマンから、驚く話を耳にしました。「笑って」と言うと、困ったように口角を下げてしまう方もいるそうです。あなたはよく笑って生きていますか? 微笑む。そんな何気ないことが、周りの人との関係やあなたの人生を色づかせ、輝かせてくれますよ。


■微笑みは花のように明るく咲き、伝播していく

今日は、ある日電車の車内で見かけたあたたかな光景について、お話したいと思います。ひとりの女性の姿にハッとさせられ、気づいたことがあったのです。


夕暮れ時。そろそろ帰宅ラッシュが始まるという頃。
すべての座席は人で埋まっていて、つり革も、7割方誰かがつかまって立っている感じ。
買い物の袋を膝に載せ、座席に座っている私の目の前に、3人ひと組らしき乗客の方が乗ってこられ、並んで立たれたのでした。


真ん中が小柄で華奢な女性。その左右にすらっと背の高い男性たち。ご家族かしら、と思った理由は、3人のうち男女2人の服装がとてもよく似ていたから。
無印良品で売られていそうな、素朴で誠実な印象の麻のシャツに、チノパンツ。真ん中の女性と、向かって右側の男性は、シャツの色こそ違えど、とてもよく似た服装をしていたのです。
こざっぱりしたショートヘアの女性は、耳元にベビーパールのピアスを着けていました。
やがて女性が口を開きました。


「ね。もうすぐよ、お祭り。今年は絶対行きましょうね。ポスターに書いてあったんだけど、出店がね……」
地元なのでしょうか。神社の秋祭りの話のようですが、女性は本当に楽しみで仕方がないといった様子で、にこやかに微笑みながら隣の男性に話しかけているのです。
左側、ポロシャツ姿の男性も話に加わります。
「それ、いつなの?」
その男性の方へ顔を向けた女性が、またにっこり微笑んで答えます。
「来週の週末よ。土曜も日曜もやってるわよ。来られる?」


どうやら、麻のシャツを着た2人がご夫婦、ポロシャツの男性はご主人の弟さんのようです。
ご夫婦も、奥さまにとっては義理の弟に当たるらしき男性も、皆さんとてもおだやかで仲がよい様子。3人を、なんともあたたかな気配が包んでいるのです。


素敵な方たちだなと思い、目立たぬよう、それとなく拝見していて気づきました。
真ん中に立っている女性は、ご主人に話しかけるときも、義弟である男性に話しかけるときも、毎回相手に顔を向けては、にこっと明るく微笑み、話しかけていたのです。


いつのまにかお祭りの話から、「秋のさんまがいかに美味しいか」という話へと話題が移っていましたが、その間、女性はずっと左右の2人に顔を向けては、繰り返し、にこっと愛らしく微笑んで話しかけます。彼女が微笑む瞬間、女性からパッと花が咲くように明るい気配が香り立ち、笑顔を向けられた男性もまた、明るさが伝播したかのように楽しげな表情になって、女性にやさしく前向きな言葉を返すのです。


そんなやりとりがくり返されるたび、3人をさらにあたたかな気配が包んでいくように見えました。


微笑む。ただそれだけのことがどれほど周りの人を寛がせ、やわらかな幸福感で包むものか、人と人の間に幸福な循環をめぐらせるものか、私はその女性の笑顔に教えてもらった気がします。


微笑む女性は、周囲の人々の心をあたためるかけがえない存在。
微笑みをもって生きられる人生は、人として生まれた者にとって、無上の価値をたたえている。

そんなふうにも感じられたのです。

■微笑んで生きられるよう、上手にセルフケアを取り入れて

誰かに笑顔を向けることができるのは、その人をやさしい気持ちで見つめているから。そうしたやさしい気持ちの表れとして笑顔を受け取るからこそ、相手の人も心がときほぐされ、柔らかくなって、前向きな感情のこもった言葉を返してくれるのですね。


笑顔? それともちょっと無表情? 普段自分がどんな表情を人に見せているのか、自分で確かめる機会ってなかなかありませんよね。
親しい人に、一度訊ねてみるのはどうでしょう。
「私っていつもどんな顔をして話しかけているかな?」って。 


「そういえばこの頃あまり笑顔を見ないね」なんて答えが返ってきたあなたは、早速対策を考えてみましょうか。


次の休日、1番したいことをすると決める。つい笑ってしまうようなことを、毎日必ずする(私は毎日必ずYouTubeで楽しい動画を観ることにしています。忙しいときは3分でも!)。
フェイシャルやボディーのケアを受ける(筋肉のコリが心のコリを招いてしまっていること、実はよくあるようです)。


他にもきっと有効なアイデアがたくさんあることと思います。
まずはあなた自身がリラックス。そしてとびきり素敵な笑顔を周りの方に向けることができますように。


その笑顔があなたと周りの方をやさしく包み、ぬくもりに満ちた人生のときが続きますよう、祈っています。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生を好転させる 生き方

関連する投稿


あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活