笑顔が多い人の人生は好転し続ける【人生が好転する気づきの美習慣#3】

笑顔が多い人の人生は好転し続ける【人生が好転する気づきの美習慣#3】

「笑い方を“知らない”人が増えている」。一般の方を撮影する機会の多いカメラマンから、驚く話を耳にしました。「笑って」と言うと、困ったように口角を下げてしまう方もいるそうです。あなたはよく笑って生きていますか? 微笑む。そんな何気ないことが、周りの人との関係やあなたの人生を色づかせ、輝かせてくれますよ。


■微笑みは花のように明るく咲き、伝播していく

今日は、ある日電車の車内で見かけたあたたかな光景について、お話したいと思います。ひとりの女性の姿にハッとさせられ、気づいたことがあったのです。


夕暮れ時。そろそろ帰宅ラッシュが始まるという頃。
すべての座席は人で埋まっていて、つり革も、7割方誰かがつかまって立っている感じ。
買い物の袋を膝に載せ、座席に座っている私の目の前に、3人ひと組らしき乗客の方が乗ってこられ、並んで立たれたのでした。


真ん中が小柄で華奢な女性。その左右にすらっと背の高い男性たち。ご家族かしら、と思った理由は、3人のうち男女2人の服装がとてもよく似ていたから。
無印良品で売られていそうな、素朴で誠実な印象の麻のシャツに、チノパンツ。真ん中の女性と、向かって右側の男性は、シャツの色こそ違えど、とてもよく似た服装をしていたのです。
こざっぱりしたショートヘアの女性は、耳元にベビーパールのピアスを着けていました。
やがて女性が口を開きました。


「ね。もうすぐよ、お祭り。今年は絶対行きましょうね。ポスターに書いてあったんだけど、出店がね……」
地元なのでしょうか。神社の秋祭りの話のようですが、女性は本当に楽しみで仕方がないといった様子で、にこやかに微笑みながら隣の男性に話しかけているのです。
左側、ポロシャツ姿の男性も話に加わります。
「それ、いつなの?」
その男性の方へ顔を向けた女性が、またにっこり微笑んで答えます。
「来週の週末よ。土曜も日曜もやってるわよ。来られる?」


どうやら、麻のシャツを着た2人がご夫婦、ポロシャツの男性はご主人の弟さんのようです。
ご夫婦も、奥さまにとっては義理の弟に当たるらしき男性も、皆さんとてもおだやかで仲がよい様子。3人を、なんともあたたかな気配が包んでいるのです。


素敵な方たちだなと思い、目立たぬよう、それとなく拝見していて気づきました。
真ん中に立っている女性は、ご主人に話しかけるときも、義弟である男性に話しかけるときも、毎回相手に顔を向けては、にこっと明るく微笑み、話しかけていたのです。


いつのまにかお祭りの話から、「秋のさんまがいかに美味しいか」という話へと話題が移っていましたが、その間、女性はずっと左右の2人に顔を向けては、繰り返し、にこっと愛らしく微笑んで話しかけます。彼女が微笑む瞬間、女性からパッと花が咲くように明るい気配が香り立ち、笑顔を向けられた男性もまた、明るさが伝播したかのように楽しげな表情になって、女性にやさしく前向きな言葉を返すのです。


そんなやりとりがくり返されるたび、3人をさらにあたたかな気配が包んでいくように見えました。


微笑む。ただそれだけのことがどれほど周りの人を寛がせ、やわらかな幸福感で包むものか、人と人の間に幸福な循環をめぐらせるものか、私はその女性の笑顔に教えてもらった気がします。


微笑む女性は、周囲の人々の心をあたためるかけがえない存在。
微笑みをもって生きられる人生は、人として生まれた者にとって、無上の価値をたたえている。

そんなふうにも感じられたのです。

■微笑んで生きられるよう、上手にセルフケアを取り入れて

誰かに笑顔を向けることができるのは、その人をやさしい気持ちで見つめているから。そうしたやさしい気持ちの表れとして笑顔を受け取るからこそ、相手の人も心がときほぐされ、柔らかくなって、前向きな感情のこもった言葉を返してくれるのですね。


笑顔? それともちょっと無表情? 普段自分がどんな表情を人に見せているのか、自分で確かめる機会ってなかなかありませんよね。
親しい人に、一度訊ねてみるのはどうでしょう。
「私っていつもどんな顔をして話しかけているかな?」って。 


「そういえばこの頃あまり笑顔を見ないね」なんて答えが返ってきたあなたは、早速対策を考えてみましょうか。


次の休日、1番したいことをすると決める。つい笑ってしまうようなことを、毎日必ずする(私は毎日必ずYouTubeで楽しい動画を観ることにしています。忙しいときは3分でも!)。
フェイシャルやボディーのケアを受ける(筋肉のコリが心のコリを招いてしまっていること、実はよくあるようです)。


他にもきっと有効なアイデアがたくさんあることと思います。
まずはあなた自身がリラックス。そしてとびきり素敵な笑顔を周りの方に向けることができますように。


その笑顔があなたと周りの方をやさしく包み、ぬくもりに満ちた人生のときが続きますよう、祈っています。

この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生 人生を好転させる

関連する投稿


地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

地元の田舎で押しつけられる「普通」が苦しい。だから東京で生きている

どこで生きるか。それは、何の仕事をするか、誰と生きるか、といった課題と並んで大きく人生を左右する選択。自分の価値観にあった望む生き方ができる場所はどこだろう? それに悩んだ女性は、何を思い、どういう結論を出したのか……?


『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

『赤毛のアン』という物語が教えてくれた心の痛みの癒し方

いよいよ春ですね。桜とともに過ごすこの季節は、私たちの生活に多くの「変化」を運んできます。そうした変化の中において、もしかしたらあなたの心はちょっぴりくたびれているかもしれません。今日はそんなあなたに、花咲く季節にふさわしいある物語から、心の中の「傷ついた少女」を癒してくれる優しい言葉をお届けします。


生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

生き方上手な人は「本音の私」と「普段の私」ふたりの自分とうまく付き合える

人生がうまくいくコミュニケーションの基本は、他人との付き合い方より、自分自身との付き合い方。皆さんは「本音の私」と「普段の私」、両方とうまく付き合えていますか?


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高める人は、一生お金に困らない

自分の価値を高めるための学び、していますか? 時代は移り変わり、求められる能力やスキルは刻々と変わっています。気づくと自分がアップデートされず、古くなっていた……となると、お金に困ることも。お金が貯まらない、お金がないという悩みを解消すべく、「自分の価値を高める学び」に賢く投資しましょう。


最新の投稿


SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

この夏SUQQUが提案するのは、大人仕立てのマリンカラー。モダンに、上品に、さらりと余裕を感じさせるゆったりと夏を愉しむコレクションの登場です。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

DRESS読者のみなさま、読者アンケートにご協力いただけませんか。 抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルをプレゼント。