本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく【人生が好転する気づきの美習慣#2】

本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく【人生が好転する気づきの美習慣#2】

夫や家族、地域のコミュニティや職場。様々なシチュエーションで人を悩ませるのが、人間関係です。誰かとの間に不協和音を感じていると、知らぬ間に大きなストレスを抱え込み、心身の不調をきたすことも。そんなとき、重く息苦しい状況を打破するための効果的な方法。それは、あなたの「思い」を相手の傍らへ「遣る」こと……。


■思いやりとは「思い」を相手の傍らに「遣り」、寄り添うこと

2歳? それとも3歳くらいでしょうか?
小さな子どもの姿から教えてもらったことを、今日はお話したいと思います。





週に1~2度は足を運ぶ書店に出かけたときのことです。
3棟の低層建築からなるその書店は、書籍を中心に、音楽や映像といった幅広いコンテンツを扱う、大人のためのやすらぎの空間。
敷地内にドッグランがあるため、愛犬を連れた方をよく見かけます。




書店の前の歩道には、リードをつないで愛犬を待たせておくフックも備えられていて、お行儀よく座って飼い主の帰りを待つ愛犬の姿に、微笑みを誘われることも多いのです。




写真集を1冊買って、書店を出たときのこと。
その日は、白い毛がふわふわした、愛らしい中型犬がつながれていました。
わ〜かわいいなと足を止め、少し離れたところから見ていると、よちよち歩きの男の子とお母さんがやってきました。



「わんわん、いる~」と、小走りで嬉しげに駆け寄る男の子。
あとから追いついたお母さんは、「パパ、ママ、まだかな~って待ってるのよ。お利口さんね」と、笑顔で男の子に教えました。
「わんわん、待ってるの?」と、男の子がお母さんの顔を見上げます。
どうするのかな、と見ていると、その子は犬の隣に同じ向きで並んでしゃがみ、頬を寄せ、頭に手を伸ばして、そっとやさしく撫でたのです。
「ちゃびちーね、よちよち」。寂しいね、と犬をねぎらったのでしょう。



見ていて、はっとしました。
犬に触れてみたかっただけなら、犬の前に立って頭を撫でればよかったはず。けれど男の子は、迷うことなくしゃがんで犬に寄り添い、頬を寄せ、時折顔を覗き込みながら頭を撫でていました。
「寂しいね、偉いね」と、飼い主を待つ犬に心を寄せて……。



幼い子が何気なく口にする言葉や仕草が、その子のお母さんのやさしい子育てを垣間見せてくれることがありますね。
この子のお母さんは、「寂しい人を慰めるやさしさ」を、まだ幼い男の子にきちんと宿してあげている。
そのことが伝わってきて、心をあたためられました。



「思いやり」という言葉について、幼い頃、学校でよく習った気がします。
「お友達に、思いやりを持って接しましょう」といったように。
けれど、この「思いやり」。なんとなくわかった気ではいるけれど、改めて「思いやり」とは何かと訊かれると、あまりはっきり説明できないように思いませんか?



それを、私はこの日、小さな男の子の姿から教えてもらったのでした。
「思いやり」とは、相手の傍らへ自分の「思い」を「遣り」、寄り添うことなのだと。



相手と向かい合って気持ちを想像する程度では、まだ足りない。
ベンチに並んで腰をおろすように、相手の隣に静かに身を置く。
そして、やさしく肩を抱くように心を寄り添わせて、相手の気持ちを想像する。
このように深くあたたかく相手を思い、いたわる行為を「思いやり」と呼ぶのではないでしょうか。



家族の気持ち、友達の気持ち。私は少しでも思いやることができているのだろうか、と考えさせられました。

■向き合うより「思いやる」。まず自分から始めてみませんか?

たとえば、こんな言い方をよく耳にしますね。「夫とちゃんと向き合えていますか?」「子どもとちゃんと向き合うべきですよ」。
けれど、もしかすると本当に大切なのは、「向き合う」こと以上に、「思いやる」ことなのかもしれません。



夫や子どもの隣に身を置き、やさしく肩を抱くように心を寄り添わせて、気持ちを想像する。
そして、相手の話をよく聞き、こちらの思いを伝える。
そのようにやさしく、あたたかく「思いやり」を交わし合うのでなければ、せっかく家族になれた甲斐がない。知り合って、友情を結んだ意味がない。そんな気さえしてくるのです。



もしも今あなたが、かけがえない誰かとの間に、冷たい距離を感じているのなら。
相手から打ち解けてくれることを期待して待つより、まずあなたから、相手の方を思いやってみませんか?
あなたの「思い」をその方の傍らへ「遣り」、心を寄り添わせる。精一杯想像力を駆使して、その人の気持ちを想像してみると、「ああ、そうだったのか」と、気づくことがあるかもしれません。
なぜそのように冷たい距離が生まれたのか、どうすればあたたかな関係を取り戻せるのか。



気づきは、解決への序章。
もしも気づいたことがあったなら、小さな勇気を奮ってみませんか?


「おはよう」でも、「お帰り」でも「ありがとう」でもいい。
「雨、よく降るね」でも、「お腹空いてない?」だって、きっと構いません。
あなたの心に宿ったぬくもりを添えて、語りかけてみましょう。
冷たい距離を感じても、どうか簡単にあきらめないで。



「思いやり」に満ちた一言で、あなたの人生が好転しますよう、祈っています。


この記事のライター

各女性誌ライター、広告プランナーとしての豊富な経験をもとに、女性が人生をより楽しく生き、魅力を磨くためのコンテンツをお届けしています。

関連するキーワード


人生を好転させる 生き方

関連する投稿


あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

誰かにとっての幸せな生き方に口を挟まないで。信じるものは人それぞれ

どんな生き方が幸せなのか、どんな価値観やライフスタイルを「好き」「大切」と思うのかは、それぞれの自由。自分が信じる幸せを追求する権利があります。でも、その自分の信念の取り扱いを間違えると、誰かを傷つけてしまうことも。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活