秋の美人コーデはTシャツで決まる【デキる女の決断クローゼット #6】

秋の美人コーデはTシャツで決まる【デキる女の決断クローゼット #6】

コーデの主役ではないからと、なんとなく選んでしまいがちなTシャツ。でも、美人度を上げるTシャツとおブスに見せてしまうTシャツがあるんです。4つのポイントを意識するだけで、美人なコーデが完成するTシャツの選び方をご紹介します。


じゃんじゃん着てザブザブ洗濯したいTシャツ。どうせ数年しか着ないから、と適当なものを選んでいませんか? 私も以前はロゴ入りだろうと、ど根性ガエルだろうと、深く考えずに選んでいましたが、アラフォーをすぎる頃から、さすがに慎重になりました。

今年の夏よく見かけた、少々残念な着こなし。それは、ビッグTシャツにてろっとした太パンツを合わせた、ゆるすぎコーデです。

この数年、洋服のシルエットは大きくゆるく、服の中で身体が泳ぐようなスタイルが主流です。でも
Tシャツでこれをやってしまうと、どう見ても部屋着? 寝巻き? とくにファストファッションのお店でよく見かける、襟ぐりがカパカパと大きく開きすぎた化繊のTシャツは、スリムな方が着るとたいへん失礼ながら貧相で、あまり幸せそうに見えません。

Tシャツ、あなどるべからず。いわんやプチプラTをや、です。Tシャツといえども、美人に見えるポイントは押さえたほうがよさそうです。

■色つきTシャツは大人のおブスアイテム

Tシャツは、引っ張ると縦にも横にも伸びる素材ですから、綿や麻のシャツなどと違い、型崩れしやすいのが特徴です。また、綿などの布地と違って、生地を織り上げた後から染料で染めて作るので、色褪せしやすいんです。
だから、シルエットがルーズすぎる色つきTシャツは、数回着ただけですぐにだらしなく伸びて毛羽立ち、おブス化します。着込んだダメージ感がカッコいいのは、お肌ピカピカの20代まで。大人世代には、いくらプチプラでもコスパがいいとはいえません。

■プチプラなのに優秀なTシャツを探すコツ


私がTシャツを選ぶとき、心がけていることを4つご紹介します。

1.フィット感、肌触りよしの、シンプル白Tシャツ

大きすぎるTシャツは、ボトムにインしたときウエスト周りがもたつくのでNG。また、化繊の入ったテラテラ光る素材も、上に着たものが妙に安っぽく見えるので避けたいところです。

多くのブロガーさんが勧めているユニクロのスーピマコットンTシャツはクセがなく本当に優秀だと思います。ゆるすぎず肌触りよし。お値段1,000円! 白を数枚まとめ買いし、傷んだらどんどん買い替えています。

2.Tシャツシーズンは秋から

カジュアルなTシャツは、1枚着ただけでサマになるメイン服になるほどの格がありません。ですからトップス1枚しか着ない夏よりも、秋以降が出番。ジャケットやカーディガンの下に着る脇役として活躍します。重ね着をすることを考えると、フリル付き、ロゴ入り、ドルマンスリーブなどのデザインされたものより、なんの主張もないほうが使い勝手がいいですよね。
私は大切に着込んでいるライダーズの下にユニクロTシャツが定番です。

3.こだわりすぎない、ぜいたくしない

「ジェームスパース」のTシャツは、シルエットに定評があり、ファンも多いですね。生地を斜めに使っているのでウエストがきれいに絞れていて、着心地バツグンです。だけど、ワンシーズンしかもたないTシャツに1万円はなかなかぜいたく品。

私など、そのお金は美容院代に回したほうがいいかしら、と思ってしまいます。高級Tシャツを買うと、かなりくたびれてしまっても「まだ着れる!?」と、イジイジ捨てそびれるのも難点です。余裕があればもちろんほしい高級Tシャツですが、コスパを考えるとユニクロで十分かと思います。

4.NO MOREシワ!

ただでさえ顔面や首に小ジワの気になる大人世代に、これ以上シワはいりません! 型崩れしたシワシワTシャツは、たとえ高級Tシャツでも哀愁が漂います。背筋の伸びた清潔感ある美人になるためには、面倒でもアイロンを。最近はハンガーにかけたまま、さっとかけられるスチームアイロンがあるので、持っていると便利ですね。
 
最後に、今日お話ししたことは、あくまで「外で着るTシャツ」のことです。家の中では、スヌーピーでもリラックマでも、「誰がなんと言おうとこれが好き!」というものを着たほうが、Happyな気分になれますよね。私も今着ているのは、20年前にハワイで買ったド派手なTシャツです。宅配便のおじさんだけが知っている秘密ですから(笑)!

●まとめ
大人のクローゼットにだぶだぶ色つきTシャツは不要。
素材とフィット感重視で、プチプラベーシックを選び、シワのない清潔感ある着こなしを。


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


デキる女の決断クローゼット

関連する投稿


おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人が持っているのは、唯一無二の存在感、つまりはその人らしさ。おしゃれとは差別化のこと、といっても過言ではありません。真におしゃれな人が持っている要素は、「人とは違う自分らしさ」ではないかと思うのです。


ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。


初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織ものといえば、ロングカーディガンタイプのものが定番でした。でも、今年になって大きな変化が! 旬はシャキッと感のあるロングシャツ。羽織もののニューフェースとなったロングシャツはとても優秀。どれだけ「使える」のか詳しくご紹介します。


ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

選ぶ服は自分が思っている以上に自分を現すもの。だからこそ、なりたい自分になるには、ファッションを通じて理想のイメージに近づけることもできるわけです。ファッションでなりたい自分になる方法をご紹介します。


カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

モード系のファッションに切り替えたいけれど、どんなブランドがおすすめ? カワイイを卒業し、大人の辛口・シンプル・かっこいいファッションに移行したい人向けに、輪湖もなみさんが簡単に大人のモード系に仕上がるブランドをご紹介します。


最新の投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がれているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


おっぱい

MENU

DRESS部活