秋の美人コーデはTシャツで決まる【デキる女の決断クローゼット #6】

秋の美人コーデはTシャツで決まる【デキる女の決断クローゼット #6】

コーデの主役ではないからと、なんとなく選んでしまいがちなTシャツ。でも、美人度を上げるTシャツとおブスに見せてしまうTシャツがあるんです。4つのポイントを意識するだけで、美人なコーデが完成するTシャツの選び方をご紹介します。


じゃんじゃん着てザブザブ洗濯したいTシャツ。どうせ数年しか着ないから、と適当なものを選んでいませんか? 私も以前はロゴ入りだろうと、ど根性ガエルだろうと、深く考えずに選んでいましたが、アラフォーをすぎる頃から、さすがに慎重になりました。

今年の夏よく見かけた、少々残念な着こなし。それは、ビッグTシャツにてろっとした太パンツを合わせた、ゆるすぎコーデです。

この数年、洋服のシルエットは大きくゆるく、服の中で身体が泳ぐようなスタイルが主流です。でも
Tシャツでこれをやってしまうと、どう見ても部屋着? 寝巻き? とくにファストファッションのお店でよく見かける、襟ぐりがカパカパと大きく開きすぎた化繊のTシャツは、スリムな方が着るとたいへん失礼ながら貧相で、あまり幸せそうに見えません。

Tシャツ、あなどるべからず。いわんやプチプラTをや、です。Tシャツといえども、美人に見えるポイントは押さえたほうがよさそうです。

■色つきTシャツは大人のおブスアイテム

Tシャツは、引っ張ると縦にも横にも伸びる素材ですから、綿や麻のシャツなどと違い、型崩れしやすいのが特徴です。また、綿などの布地と違って、生地を織り上げた後から染料で染めて作るので、色褪せしやすいんです。
だから、シルエットがルーズすぎる色つきTシャツは、数回着ただけですぐにだらしなく伸びて毛羽立ち、おブス化します。着込んだダメージ感がカッコいいのは、お肌ピカピカの20代まで。大人世代には、いくらプチプラでもコスパがいいとはいえません。

■プチプラなのに優秀なTシャツを探すコツ


私がTシャツを選ぶとき、心がけていることを4つご紹介します。

1.フィット感、肌触りよしの、シンプル白Tシャツ

大きすぎるTシャツは、ボトムにインしたときウエスト周りがもたつくのでNG。また、化繊の入ったテラテラ光る素材も、上に着たものが妙に安っぽく見えるので避けたいところです。

多くのブロガーさんが勧めているユニクロのスーピマコットンTシャツはクセがなく本当に優秀だと思います。ゆるすぎず肌触りよし。お値段1,000円! 白を数枚まとめ買いし、傷んだらどんどん買い替えています。

2.Tシャツシーズンは秋から

カジュアルなTシャツは、1枚着ただけでサマになるメイン服になるほどの格がありません。ですからトップス1枚しか着ない夏よりも、秋以降が出番。ジャケットやカーディガンの下に着る脇役として活躍します。重ね着をすることを考えると、フリル付き、ロゴ入り、ドルマンスリーブなどのデザインされたものより、なんの主張もないほうが使い勝手がいいですよね。
私は大切に着込んでいるライダーズの下にユニクロTシャツが定番です。

3.こだわりすぎない、ぜいたくしない

「ジェームスパース」のTシャツは、シルエットに定評があり、ファンも多いですね。生地を斜めに使っているのでウエストがきれいに絞れていて、着心地バツグンです。だけど、ワンシーズンしかもたないTシャツに1万円はなかなかぜいたく品。

私など、そのお金は美容院代に回したほうがいいかしら、と思ってしまいます。高級Tシャツを買うと、かなりくたびれてしまっても「まだ着れる!?」と、イジイジ捨てそびれるのも難点です。余裕があればもちろんほしい高級Tシャツですが、コスパを考えるとユニクロで十分かと思います。

4.NO MOREシワ!

ただでさえ顔面や首に小ジワの気になる大人世代に、これ以上シワはいりません! 型崩れしたシワシワTシャツは、たとえ高級Tシャツでも哀愁が漂います。背筋の伸びた清潔感ある美人になるためには、面倒でもアイロンを。最近はハンガーにかけたまま、さっとかけられるスチームアイロンがあるので、持っていると便利ですね。
 
最後に、今日お話ししたことは、あくまで「外で着るTシャツ」のことです。家の中では、スヌーピーでもリラックマでも、「誰がなんと言おうとこれが好き!」というものを着たほうが、Happyな気分になれますよね。私も今着ているのは、20年前にハワイで買ったド派手なTシャツです。宅配便のおじさんだけが知っている秘密ですから(笑)!

●まとめ
大人のクローゼットにだぶだぶ色つきTシャツは不要。
素材とフィット感重視で、プチプラベーシックを選び、シワのない清潔感ある着こなしを。


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


デキる女の決断クローゼット

関連する投稿


初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織ものといえば、ロングカーディガンタイプのものが定番でした。でも、今年になって大きな変化が! 旬はシャキッと感のあるロングシャツ。羽織もののニューフェースとなったロングシャツはとても優秀。どれだけ「使える」のか詳しくご紹介します。


ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

ファッションでなりたい自分になる方法【デキる女の決断クローゼット #19】

選ぶ服は自分が思っている以上に自分を現すもの。だからこそ、なりたい自分になるには、ファッションを通じて理想のイメージに近づけることもできるわけです。ファッションでなりたい自分になる方法をご紹介します。


カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

カワイイは卒業。モード系ファッションおすすめブランドは?【デキる女の決断クローゼット #18】

モード系のファッションに切り替えたいけれど、どんなブランドがおすすめ? カワイイを卒業し、大人の辛口・シンプル・かっこいいファッションに移行したい人向けに、輪湖もなみさんが簡単に大人のモード系に仕上がるブランドをご紹介します。


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


最新の投稿


伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

2016年に初めて伊勢参りをしてきました。服装は「正装」です。ジャケットに黒のワンピース、パンプスでお参りしたときの気持ちを振り返りつつ、鳥羽と合わせて巡った伊勢参りの旅レポ、そして、赤福の喫茶併設店舗で、夏季限定でいただける「赤福氷」の思い出もお届けします。


ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

現在流行中の「ボタニカル柄」をネイルに落とし込んだボタニカルネイル。マニキュアを使って、トレンド感あふれるボタニカルネイルに仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

離婚後に考えなくてはならないのは、姓をどうするかという問題。離婚後に元夫の姓を名乗り続けるか、子どもの姓はどうするか……。離婚後の姓を考えるにあたり、複雑に感じられる方も多いかもしれません。今回、離婚後の姓について、アディーレ法律事務所の弁護士に聞いてみました。


H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mで1990円で買ったノースリーブブラウスは、何通りにも着回せる超優秀なインナーでした。新しいアイテムを招き入れるか悩んだときは、「3パターン以上のコーデが考えられるもの」を基準に選んでくださいね。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?