今夜、109へ寄って帰ろう。妹ブランドは「かぶらないプチプラ」の宝庫【デキる女の決断クローゼット #3 】

今夜、109へ寄って帰ろう。妹ブランドは「かぶらないプチプラ」の宝庫【デキる女の決断クローゼット #3 】

最後に「渋谷109」へ行ったのは20代半ばくらいかな……なんて方はもったいない! 109で手に入る「妹ブランド」は賢く選べば、プチプラに見えない実力派アイテムになるんです。


■おそるべし!109の底ヂカラ

恥ずかしながら、私、月一くらいで「渋谷109」に行きます。マルキューといえば言わずと知れた若者の館。補足しておきますと、娘(19歳)のお財布係として、ですよ。ところが、意外に世代を超えて着られるものがあり、つい自分の服を買っていた! ということがあります。
こちらの服も、そんな109ブランド。

・(左右)オリーブ色のオールインワン(フリーズマート)¥3,900
・(左)オフホワイトのロングジレ(セシルマクビー)¥1,900(sale価格)

シワにならないサラッとした素材のオールインワンは、旅行にも便利。冷房の効いた場所では、さっと羽織れるジレが活躍します。靴やバッグ、アクセサリーなどの小物を変え、ジャケットを羽織れば、仕事でも秋口まで十分着られます。
自分の世代向けのブランドより1〜2世代年下の「妹ブランド」を探してみると、安くてなかなかの掘り出し物が見つかることに気づきました。

最初は109を歩くの、すごく恥ずかしかったんです。
「あなた世代の女性が来るところじゃないんですけど……!」
なんて思われるんじゃないかと。
「あっ、あの〜娘のなんです、娘の」
なんて、聞かれてもいないのに口走ったりして。

ところが、さすが109の販売員さんは素晴らしい。厚底サンダルの似合う長〜い脚のキレイなお姉さんが、ビビる私に腰をかがめて目線を合わせ、実にていねいに接客してくれます。
「娘さんのお洋服をお探しですか?」なんて、絶対言われません。明らかにブランド対象外のアラフィフ女性でも、もし相手が自分用の服を探していたら失礼ですものね。私のデカい足をイチベツしただけで、試着中さっとぴったりサイズの靴を用意してくれて、完璧な接客。109恐るべし!
109以外にも10代20代向けのブランドを扱う館はたくさんありますので、ぜひ探検してみてはいかがでしょうか。

■人とかぶらない妹ブランド、失敗しない3つのポイント

ただし、妹ブランド購入で気をつけるべきことは、3つあります。
まず、試着はマストです。アラサーアラフォー世代向けに作られたブランドではありませんので、体の線が出るものより、ゆるっとしたシルエットのものがオススメ。必ず試着し、体のラインがきれいに見えたときだけ購入、と割り切りましょう。万一おしりが入らない! なんてことがあっても、「尻を憎んでブランドを憎まず」ということでよろしくお願いします。

もう1つは、柄ものや個性的すぎるデザインのものには手を出さないこと。だって、同じプリントワンピを着た20代の女の子に遭遇したら、いたたまれない気持ちになるでしょう? あ、相手の子がね(笑)。大人はベーシックを選びましょう。

最後に、服をプチプラにしたら、バッグや靴は上質なものでバランスをとってください。これは気分の問題です。全身プチプラの日に、元カレとばったり会っても堂々としていられるわ! という方には必要ないでしょう。

プチプラブランドは私も好きですが、特にユニクロの難点は、同じ形の洋服を長期間大量に売る点。それだけ、誰かとまるかぶりする可能性が高いってことです。重ね着ができず、着こなしに変化がつけづらい季節は特にそうです。

ですから、ユニクロで今秋爆発的に売れそうなリブニット、欲しいけど私は手を出しません。だって電車の中で誰かとかぶって“細見え合戦”になったら、自信がないですもん(笑) !

●まとめ
人と違うプチプラは、妹ブランドが穴場。必ず試着&ベーシックを買えば失敗しない!

この記事のライター

ボタニカル作家。ファッション業界で16年バリキャリ生活をおくったのち40歳で起業。現在都内著名レストランと契約し、フラワーデコレーションやブーケの押し花を制作する(有)モナミアンドケイを経営。技術者育成のため、目黒区碑文谷の...

関連する投稿


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


冬のホワイトコーデは「縦ライン」を作れば細見えが叶う

冬のホワイトコーデは「縦ライン」を作れば細見えが叶う

冬こそホワイトコーデを取り入れたい! ダークトーンになりがちな冬のコーデをホワイトコーデで一新させて。でも、白は膨張色……ただでさえ重ね着をしているのに、着膨れない? そう心配する方は「縦ライン」を作ってみて。ほかにも洗練されたホワイトコーデで魅せるコツをご紹介します。


おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

福袋を買ったことがなかった輪湖もなみさん。一度くらいはと思い、2017年は渋谷109で福袋を購入してみたところ、思わぬ発見がありました。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。