夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


ママ友数人が遊びにくるというので、花を買いリビングに活けておいた。ところが夜に帰宅してみたら、昨日活けたばかりの花がもうしおれかかっていているではないか! いくら夏でも傷むのが早すぎる。若干怒り気味に、閉店間際の花屋のおばさんの店に駆け込んだ。

「おばさん! 昨日の花、古かったんじゃないのっ?」
「ん? どうした?」

おばさんは、涼しい顔でバケツを洗いながら、そっけなく答える。
「昨日買った花、1日しか経っていないのに、もうしおれかけてるのよ」

「ふう〜ん」
おばさんは床をほうきで掃きながら、メガネの奥の細い目をしばたいて少し考える顔をした。

「由樹子さん、アンタその花どこに置いた?」
「リビングの飾り棚の上」
「その近くに、南や西向きの窓か、空調の吹き出し口がない?」

おばさんの言ったとおりだ。少しでも涼しい場所がいいのかなと、エアコンの風の吹き出し口の真下にわざと花を置いた。おまけに昨日は暑かったので、1日中冷房をつけっぱなしだった。

「人間も、直接空調の風にあたっていると、肩がこったり頭痛がしてきたりするでしょ? 花も同じ。人間が快適に過ごせない場所は、花も快適に過ごせないんだよ」

おばさんによると花を飾ってはいけない場所は2つあるらしい。
1つはとにかく暑い場所。南向きの窓辺や、火を使うキッチンなどは、人間も夏に長時間過ごすのはツラい。花も人間と同じで呼吸が速くなり、成長が進みすぎてしまう。また花瓶の水にバクテリアが繁殖しやすく、花を傷める原因となるそうだ。
もう1つが空調の吹き出し口に近い場所。植物は蒸散作用といって、葉の裏側の気孔を開き、水分を空気中に出して呼吸をしている。ところが空調の風にさらされることで、バリバリに乾きすぎた洗濯物のように、水分を奪われてしまうらしい。

「ということは、夏に花を飾っていい場所って……」
「由樹子さんが涼しく眠れる場所。北向きの玄関やトイレ、洗面所なんかがいいよね」

おばさんは、しおれた花を生き帰らせる秘策も教えてくれた。花の上の部分を新聞紙でくるっと巻いて、茎を1〜2㎝切り、バケツに入れて数時間水を吸わせると、シャキッとするそうだ。

作戦変更だ。リビングに花を飾るのはやめて、北向きの薄暗い玄関に明るい花を飾り、お客さまを迎えよう。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

最後の「花をシャキッと蘇らせるコツ」の部分は「水揚げ」といいます。新聞紙を巻くのは、花首がだらんと下を向かないようにするためです。茎の先端をハサミで1〜2㎝切り、すぐに花瓶やバケツに入れます。「バケツに水を入れて水中で茎を切る」と解説してある本もありますが、普通に切るだけの「カラ切り」でまったく問題ありません。茎は切られて数分すると切り口が乾いて水を吸い上げにくくなるので「すぐに」水に入れるのがポイントです。


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル

関連する投稿


ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水替え・水やり不要で、土に植える必要もないエアプランツ。植物を枯らしてしまいがちな人にもおすすめです。


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活