ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


そろそろ夏休みの予定を立てる時期だ。私の会社は、社員が交代で有休を取得することになっているので、その日程調整をしながらバカンスの話に花が咲く。私はといえば、来年は息子・さるおの中学受験が控えており、塾の予定がびっちりと詰まっていて、どこにも行けそうにない。せっせと塾弁を届けるだけの、味気ない夏になりそうだ。

「私は今年、どこにも出かけませ〜ん!」
恋多き職場の後輩ステ子に夏の予定を聞くと、意外な答えが返ってきた。

「私、今、世界で一番好きな場所は、自分の家のベランダなんです」

「ベランダ? ベランダで何するの?」

「実はですね、私、“夏だけガーデニング”を始めたんです。暑くなると、会社帰りに駅前のカフェで、モヒートを1杯飲んで帰るのが習慣になっていたんですけど、毎日一杯1000円近く使うのがなんだかもったいない気がして。お店の人が作るのを見てたら、なんだか私にもできそうな気がしたので、家で作ってみることにしたんです」


「モヒートって、フレッシュミントを入れるお酒だっけ?」

「そうそう。毎回スーパーでミントを買わずにすむかもって思って、試しにアップルミントの苗を1個だけ買ってベランダで育ててみたんですね。そうしたら、ものすごい勢いで増え始めて、毎日美味しいお酒が飲めるんです。あ、由樹子さんも今度、飲みにきてくださいよ」

「へえ〜! それでベランダ」

「夕方涼しくなってから、ベランダのイスで飲むモヒートって、最高ですよ!」

バジルやミント。少量でも生ハーブを使うと、料理の味は格段に美味しくなる。でもスーパーで買う生ハーブは、たいてい半分以上余ってしまうので、自分の家のベランダで育てたら便利だろうな、とは以前から思っていた。

「世話はたいへん? 私もやってみようかな」

「水をあげるだけでどんどん伸びるから簡単です。それに私、お酒が飲めればいいので、ガーデニングなんてやるのは夏限定ですから。でも不思議なことに、ガーデニングしてたらモテ期がやってきました」

ステ子は、ストローでランチのアイスティーをかき混ぜながら、こんなことまで言いだした。

「前は、休みの日になると、買い物だ! 女子会だ! って出歩いてばかりいたんですけど、買わなくていいものをつい買っちゃったり、別れた彼氏の悪口をネタにして女子だけで盛り上がったり、発散したつもりでぐったり疲れることが多かったんです。でもベランダが大好きになって家にいる時間が長くなったら、なんだ、幸せってこんなことでいいんだ、って。そうしたら、なぜか急にモテだしました(笑)」

ベランダガーデニングとモテ期。なんの脈略もないけど、妙に納得してしまう。ステ子はきっと、ベランダで過ごすのが好きになって、自分と静かに向き合う時間ができたんだろう。モヤモヤを物欲や悪口で解消したりしない余裕っぷりが、モテを呼び込んだのかもしれない。
たっぷりの氷で飲む冷たい「モヒート」。きっと心も爽やかになるんだろうな。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

文豪ヘミングウェイもお気に入りだったという「モヒート」。材料は以下の通りです。ライムやミントはすりこぎでつぶす、と書かれているレシピもありますが、私はストローや長いスプーンの先でツンツンするだけのほうが、苦くなりすぎず美味しいように思います。お好みでブラウンシュガーやガムシロップを入れても。できればコップもキンキンに冷やしておくと、さらに美味しくいただけます。

・ホワイトラム
・フレッシュライム
・フレッシュミント(スペアミントやアップルミントなど)
・ソーダ水
・氷(ロックアイス)

夏にベランダで過ごす場合、気になるのが「蚊問題」。キャンプ用のアロマキャンドルがおすすめです。虫除け効果のあるハーブ「シトロネラ」と、キャンドルの成分パラフィンでできているので、体にやさしくイヤなニオイもしません。フタつきのこんなタイプは持ち運びも便利です。
http://www.irisplaza.co.jp/index.asp?KB=SHOSAI&SID=9301845&gclid=COittLuSys0CFRJwvAodHHIMEw

http://www.tokyolife.co.jp/shop/humiditstore/A36-110131BC?dmai=gsp_0023&gclid=CM3cuK-Tys0CFYMrvQodixQEZw

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル

関連する投稿


ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水替え・水やり不要で、土に植える必要もないエアプランツ。植物を枯らしてしまいがちな人にもおすすめです。


最新の投稿


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

断捨離の後、お部屋をきれいに保つために必要な3つのこと

片付けが苦手な人でもできる「断捨離」の方法を3回に分けてご紹介しました。無事「断捨離」が終わった方、その後きれいなお部屋を保てていますか? もしかしたら、また少しずつ散らかってきている方もいるはず。今回は、せっかく片付けたお部屋をきれいに保つために必要なコツを、3つのポイントに分けて解説していきます。


DRESS部活