輪湖 もなみ さんが 2016/08/03 に更新
ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。

ちょい足しボタニカル


有給休暇がとれたので、久しぶりに実家に帰省した。私の田舎は長野県の山奥で、つい最近まで裏山にタヌキが出た。どこまでも続くりんご畑のなかに、昔ながらの集落がある。

土間の脇の水道で、大きなスイカがたらいに入って冷やされている。それは私が小さいころ見た風景とまったく変わっていない。子どものころ、私が大好物だったスイカを、母が冷やして待っていてくれたにちがいない。

「昭和かっ!」

私は思わず笑いながら、ひんやりした感触を確かめるように玄関に素足で上がる。

昼間、外の気温は東京と変わらないのに、日本家屋は私のいるマンションよりずっと涼しい。長い廊下の先には、広い畳敷きの和室があり、その奥には書院造りの棚と、大きな掛け軸のかかった床の間が見える。

若いころ、私はこのだだっぴろい和室が好きではなかった。だいたい床の間なんて、いったい何に使うのだ? 祖父はよくその細工を自慢していたが、天井と鴨居(かもい)の間にある龍の透かし彫りが入った欄間(らんま)も、節の入った床柱も、すべてが目的のないムダに思えた。

蝉の声に誘われて、庭に面した縁側に腰を下ろす。涼しげな緑が揺れる庭には、以前と変わらず陶器の浮き球を浮かべた手水鉢があり、水草の間をメダカが泳いでいた。手水鉢や浮き球。この臼のような代物も、ただプカプカ浮かんでいるだけの玉も、若い私には意味不明だったものの一つである。

でも、今の私になら少しはわかる。このたくさんのムダがあるから、ここは豊かなんだということが。

最近、流行りの断捨離本を読み、自宅にあった年季の入った椅子、食器、たまにしか使わない花瓶など、いろいろなものを処分した。確かにスッキリはしたけれど、マンションの部屋は四角くそっけない箱のように見え、なんだか少し後悔した。

線香花火や風鈴など、日本の夏には、合理的に考えると何の役に立つのかよくわからないものがあふれている。だけど、そういうムダや余白があるから、ときどきいっぱいになってしまう人の心を、優しく癒してくれるのだ。

「ねえ、この浮き球少しちょうだい。私の家にも飾るから」

うちわを手に縁側に出てきた母を振り返り、私はそう言った。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

「浮き球」というのは、もともと漁業用の道具で、漁網を浮かせる目的や目印として使われているものです。最近はインテリア用として、ガラスでなく、陶器でできた浮き球も見かけるようになりました。
文中の写真は「もしマンンションの部屋で浮き球を楽しむとしたら?」というイメージで撮影しました。ガラスの食器などに水を入れ、浮き球とドウダンツツジの葉っぱを少しちぎったものを浮かべて、ダイニングテーブルに置いただけのお手軽な夏インテリアです。浮き球がぶつかるとカラカラと涼しげな音もして、清涼感ある夏の風情を味わえます。

関連する投稿


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水替え・水やり不要で、土に植える必要もないエアプランツ。植物を枯らしてしまいがちな人にもおすすめです。


最新の投稿


ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

銀座で話題のポーランドランジェリーのセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」が2月24日(金)〜3月2日(木)までそごう横浜店4階=インナーウエア売場に期間限定で初登場します。


「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

プレミアム・ライフスタイル・ブランド「リバティ ロンドン」は2月22日(水)~28日(火)の期間、日本橋三越本店にて日本初の「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」を開催します。


育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休復帰後のキャリアプランが不安……。そんな人は育休期間を活かしてスキルアップにつながる行動を起こしてみてはどうだろうか。小田桐あさぎさんは育休中、ブログを起ち上げて発信したことで、キャリアだけではなく、人生そのものが大きく変わっていった。


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行で、伝統の中のモダンにふれてきました。アンティーク着物衣装を探したり、繊細な京都料理を食したり……冬の京都の楽しみ方をお伝えします。