ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


有給休暇がとれたので、久しぶりに実家に帰省した。私の田舎は長野県の山奥で、つい最近まで裏山にタヌキが出た。どこまでも続くりんご畑のなかに、昔ながらの集落がある。

土間の脇の水道で、大きなスイカがたらいに入って冷やされている。それは私が小さいころ見た風景とまったく変わっていない。子どものころ、私が大好物だったスイカを、母が冷やして待っていてくれたにちがいない。

「昭和かっ!」

私は思わず笑いながら、ひんやりした感触を確かめるように玄関に素足で上がる。

昼間、外の気温は東京と変わらないのに、日本家屋は私のいるマンションよりずっと涼しい。長い廊下の先には、広い畳敷きの和室があり、その奥には書院造りの棚と、大きな掛け軸のかかった床の間が見える。

若いころ、私はこのだだっぴろい和室が好きではなかった。だいたい床の間なんて、いったい何に使うのだ? 祖父はよくその細工を自慢していたが、天井と鴨居(かもい)の間にある龍の透かし彫りが入った欄間(らんま)も、節の入った床柱も、すべてが目的のないムダに思えた。

蝉の声に誘われて、庭に面した縁側に腰を下ろす。涼しげな緑が揺れる庭には、以前と変わらず陶器の浮き球を浮かべた手水鉢があり、水草の間をメダカが泳いでいた。手水鉢や浮き球。この臼のような代物も、ただプカプカ浮かんでいるだけの玉も、若い私には意味不明だったものの一つである。

でも、今の私になら少しはわかる。このたくさんのムダがあるから、ここは豊かなんだということが。

最近、流行りの断捨離本を読み、自宅にあった年季の入った椅子、食器、たまにしか使わない花瓶など、いろいろなものを処分した。確かにスッキリはしたけれど、マンションの部屋は四角くそっけない箱のように見え、なんだか少し後悔した。

線香花火や風鈴など、日本の夏には、合理的に考えると何の役に立つのかよくわからないものがあふれている。だけど、そういうムダや余白があるから、ときどきいっぱいになってしまう人の心を、優しく癒してくれるのだ。

「ねえ、この浮き球少しちょうだい。私の家にも飾るから」

うちわを手に縁側に出てきた母を振り返り、私はそう言った。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

「浮き球」というのは、もともと漁業用の道具で、漁網を浮かせる目的や目印として使われているものです。最近はインテリア用として、ガラスでなく、陶器でできた浮き球も見かけるようになりました。
文中の写真は「もしマンンションの部屋で浮き球を楽しむとしたら?」というイメージで撮影しました。ガラスの食器などに水を入れ、浮き球とドウダンツツジの葉っぱを少しちぎったものを浮かべて、ダイニングテーブルに置いただけのお手軽な夏インテリアです。浮き球がぶつかるとカラカラと涼しげな音もして、清涼感ある夏の風情を味わえます。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル

関連する投稿


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水替え・水やり不要で、土に植える必要もないエアプランツ。植物を枯らしてしまいがちな人にもおすすめです。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


おっぱい