仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


■ストーリー

この映画は、アイルランドの田舎で育ったメアリー・レイノルズが、権威主義のはびこる保守的なフラワーショーに新風を呼び込み、ショーの歴史を塗り替えた実話をもとにしています。彼女は、上流階級の壁や資金繰りなど次々立ちはだかる困難に立ち向かい、豪華な花を使わず雑草とサンザシの木だけで、自然と人との共存というメッセージ性にあふれた斬新な庭を作り上げます。そして初出場にしてゴールドメダルを獲得し、フラワーショーに新風を巻き起こしていきます。

■人生どん底からの逆転劇!信念は人を動かす

主人公のメアリーは「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナーのアシスタントに採用されますが、さんざんこき使われたあげくに、大切に描きためたデザインノートまで盗まれクビになってしまいます。金なし実績なし仕事なしで人生どん底。私も自分自身の起業当時のことを思い出して、ついクスリと笑ってしまいました。

一念発起して、チェルシーフラワーショーに応募しようとしても、若くて無名だからという理由で願書すらもらえません。なんとか応募しファイナリスト8名のうちの1名に選ばれたものの、25万ポンドの資金を調達し、80日後に施工開始、3週間で庭を完成させなくてはいけない。問題は山積みです。でも、メアリーはとにかくしつこい(笑)。夢も恋も負けられない! と、彼女が挑戦し続け、次々と困難を乗り越えていく姿に、いつの間にか自分を重ね合わせ、背中をぐいぐい押してあげたくなりました。

彼女はどうして自分や人を動かすパワーを持ち続けることができたのか。それは彼女に壮大な「信念」があるからこそだと私は思います。

自然や植物や花は、一部の金持ちしか楽しめないものじゃない。人々の心の中に、まるで故郷に帰るような自然を作り上げたい、という信念です。単にゴールドメダルをとって有名になる」といった自分の小さな枠を超え、人々を幸せにするためにもっと大きな理想を追いかけること。それが周りを巻き込む大きな力になってくれるのです。

政治家でも財界人でも教育者でもスポーツマンでも。私利私欲を超えて、社会のために理想を掲げ、挑戦し続ける人は、人の心を打ちそれが応援されるパワーになっていくのではないでしょうか。

■人は自然の一部。だから、人は自然に癒される。

この映画のもう一つの見どころは、自然が織りなす映像の美しさです。舞台はアイルランドの田園風景から、エチオピアの聖なる山の頂まで。圧倒的な自然美に心が洗われます。
なぜ私たちは、こんなにも自然に癒されるのでしょうか。

私たちが「サル」から「ヒト」になってから500万年経ちますが、そのほとんどの時間は自然の中で暮らしてきました。「ヒト」がコンクリートやビルなど人工的なものに囲まれた都市生活を始めたのは、たかだかこの200年〜300年です。歴史全体の長さからみたらわずか0.01%だから私たちは文明社会にときどき疲れてしまうんですね。そんなとき自然に接することで回復することができるのです。

アーユルヴェーダや中国医学、漢方など、世界各地の伝統医学にも、昔から植物が積極的に用いられてきたのも、こうした自然パワーを熟知している先人の知恵です。

私たちが花や緑、自然と接することは、大きな自然エネルギーの力をかりて、日々のストレスに傷ついた心と体の痛みを和らげることです。自分を自然の一部に戻し、お母さんから癒しをもらうのと似ています。

最近ちょっとお疲れ気味かも……と感じる方は、ぜひこの映画で壮大な自然に触れ、人は自然の一部であることを実感してみてください。夏を乗り切る元気をもらえるはずです!

『フラワーショウ!』公式サイト
http://flowershow.jp

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル 映画

関連する投稿


映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

この春、新しい自分を見つけてみませんか? ベン・スティーラ監督・主演が描く感動のヒューマン・ドラマ『LIFE!』シネマの時間第4弾は、映画『LIFE!』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


【プレゼント】映画「パーソナル・ショッパー」女性限定試写会にご招待!

【プレゼント】映画「パーソナル・ショッパー」女性限定試写会にご招待!

2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、映画『パーソナル・ショッパー』が5月12日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国ロードショー。こちらの女性限定試写会に、DRESS映画部員の方5組10名さまをご招待します。


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

映画『素晴らしきかな、人生』感想。豪華キャストで贈る感動のヒューマンストーリー

『プラダを着た悪魔』を手掛けたデヴィット・フランケル監督の最新作『素晴らしきかな、人生』。すべての大人たちに贈る”人生のドン底の乗り越え方”【シネマの時間】第3回目は、『素晴らしきかな、人生』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


大人のエロネタ満載『エイミー、エイミー、エイミー!』はDRESS世代必見 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#6

大人のエロネタ満載『エイミー、エイミー、エイミー!』はDRESS世代必見 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#6

『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』は、幼い頃から「一夫一妻制は悪だ!」と教育された恋愛恐怖症の主人公が、本気の恋に目覚める爆笑ラブコメディ。『ブリジット・ジョーンズの日記』から16年。DRESS世代が絶対に観逃せない、笑って元気をもらえる1本です!


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。