仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


■ストーリー

この映画は、アイルランドの田舎で育ったメアリー・レイノルズが、権威主義のはびこる保守的なフラワーショーに新風を呼び込み、ショーの歴史を塗り替えた実話をもとにしています。彼女は、上流階級の壁や資金繰りなど次々立ちはだかる困難に立ち向かい、豪華な花を使わず雑草とサンザシの木だけで、自然と人との共存というメッセージ性にあふれた斬新な庭を作り上げます。そして初出場にしてゴールドメダルを獲得し、フラワーショーに新風を巻き起こしていきます。

■人生どん底からの逆転劇!信念は人を動かす

主人公のメアリーは「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナーのアシスタントに採用されますが、さんざんこき使われたあげくに、大切に描きためたデザインノートまで盗まれクビになってしまいます。金なし実績なし仕事なしで人生どん底。私も自分自身の起業当時のことを思い出して、ついクスリと笑ってしまいました。

一念発起して、チェルシーフラワーショーに応募しようとしても、若くて無名だからという理由で願書すらもらえません。なんとか応募しファイナリスト8名のうちの1名に選ばれたものの、25万ポンドの資金を調達し、80日後に施工開始、3週間で庭を完成させなくてはいけない。問題は山積みです。でも、メアリーはとにかくしつこい(笑)。夢も恋も負けられない! と、彼女が挑戦し続け、次々と困難を乗り越えていく姿に、いつの間にか自分を重ね合わせ、背中をぐいぐい押してあげたくなりました。

彼女はどうして自分や人を動かすパワーを持ち続けることができたのか。それは彼女に壮大な「信念」があるからこそだと私は思います。

自然や植物や花は、一部の金持ちしか楽しめないものじゃない。人々の心の中に、まるで故郷に帰るような自然を作り上げたい、という信念です。単にゴールドメダルをとって有名になる」といった自分の小さな枠を超え、人々を幸せにするためにもっと大きな理想を追いかけること。それが周りを巻き込む大きな力になってくれるのです。

政治家でも財界人でも教育者でもスポーツマンでも。私利私欲を超えて、社会のために理想を掲げ、挑戦し続ける人は、人の心を打ちそれが応援されるパワーになっていくのではないでしょうか。

■人は自然の一部。だから、人は自然に癒される。

この映画のもう一つの見どころは、自然が織りなす映像の美しさです。舞台はアイルランドの田園風景から、エチオピアの聖なる山の頂まで。圧倒的な自然美に心が洗われます。
なぜ私たちは、こんなにも自然に癒されるのでしょうか。

私たちが「サル」から「ヒト」になってから500万年経ちますが、そのほとんどの時間は自然の中で暮らしてきました。「ヒト」がコンクリートやビルなど人工的なものに囲まれた都市生活を始めたのは、たかだかこの200年〜300年です。歴史全体の長さからみたらわずか0.01%だから私たちは文明社会にときどき疲れてしまうんですね。そんなとき自然に接することで回復することができるのです。

アーユルヴェーダや中国医学、漢方など、世界各地の伝統医学にも、昔から植物が積極的に用いられてきたのも、こうした自然パワーを熟知している先人の知恵です。

私たちが花や緑、自然と接することは、大きな自然エネルギーの力をかりて、日々のストレスに傷ついた心と体の痛みを和らげることです。自分を自然の一部に戻し、お母さんから癒しをもらうのと似ています。

最近ちょっとお疲れ気味かも……と感じる方は、ぜひこの映画で壮大な自然に触れ、人は自然の一部であることを実感してみてください。夏を乗り切る元気をもらえるはずです!

『フラワーショウ!』公式サイト
http://flowershow.jp

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル 映画

関連する投稿


見る者の心を激しく揺さぶる愛の物語 -『光をくれた人』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#12

見る者の心を激しく揺さぶる愛の物語 -『光をくれた人』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#12

デレク・シアンフランス監督による最新作は、ベストセラー小説『海を照らす光』を、監督自らが熱望して映画化した『光をくれた人』。英ガーディアン紙にて「ティッシュ会社の株価があがるほど、観るものは涙するに違いない」と絶賛された、静かな愛の物語です。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


努力家と天才肌の、激しく鮮やかな対比に目を奪われる - 映画『ザ・ダンサー』が見逃せない理由

努力家と天才肌の、激しく鮮やかな対比に目を奪われる - 映画『ザ・ダンサー』が見逃せない理由

“モダンダンスの祖”と言われる伝説のダンサー、ロイ・フラー。〈シルクと光のダンス〉で世界を熱狂させた激しくも美しいその生涯が、彼女の伝記をもとに映画化されました。ロイ役には、マドンナも絶賛したミュージシャンのソーコ。ロイの最大のライバル、イサドラ・ダンカンをジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・デップが演じます。


【新作映画】世界の子育て現場に迫るドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

【新作映画】世界の子育て現場に迫るドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

すべての子供に、素晴らしい人生のスタートを。世界各国のいろいろな育児を見つめたドキュメンタリー『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』が、日本ユニセフ協会主催の上映会の大反響を経て劇場公開決定!


映画『ありがとう、トニ・エルドマン』の感想。泣いて笑って愛すべき父と娘の物語!

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』の感想。泣いて笑って愛すべき父と娘の物語!

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』が6月24日(土)より全国で順次公開されます。父と娘の交流をユーモラスに描き、ドイツ・フランスで大ヒットしたヒューマンドラマ。シネマの時間第7回は、『ありがとう、トニ・エルドマン』の魅力をあらすじと動画を含めながらアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


最新の投稿


新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断とは? メリットや問題点、他の診断との違いを知ろう

新型出生前診断(NIPT)を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスク、他の診断方法(羊水染色体検査や絨毛染色体検査など)との違いなどを山中智哉医師が解説します。


普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

普段使いにも◎ 品格あふれるミキモトのパールネックレス

ミキモトのパールネックレスといえば「一生モノ」の代名詞。そのジュエリーは、長い歴史に裏打ちされた技術と志があるからこそ、色褪せることなく未来に向かって輝き続けるのかもしれません。愛おしさすら感じる素敵な雑貨をセレクトして紹介する連載「愛しい雑貨」2回目では、そんなミキモトのパールネックレスを取り上げます。


【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

【7月29日(土)開催】能楽堂で自分と向き合う癒しの時間を。能楽カフェ・体感する能『黒塚』の参加者募集!

約650年の歴史を誇る日本の伝統芸能、能楽。最近、能楽が女性の間でブームになっています。とはいえ「能は観たことがないし……」と敷居が高いと感じている人も多いのでは? そんな方には、7月29日(土)に行われるイベント「能楽カフェ×体感する能『黒塚』」がおすすめ。DRESS限定、終演後の能舞台ツアーも開催!


結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

結婚はロマンスの続きではなく安全保障⁉ -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #4

私は「結婚が怖い」と回避して回避して30代になった。そんな私が、内田樹先生の『困難な結婚』と出会い……ちょっと結婚に対する意識が前向きに変わったので、紹介させてください。


狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

狂言2曲+解説で2000円とおトク。毎月第2日曜は「横浜狂言堂」がおすすめ

初めて能楽堂へ訪れる方へおすすめなのが、横浜能楽堂で定期開催している「横浜狂言堂」。狂言の世界へはじめの一歩を踏み出してみませんか? 通常、狂言は能とあわせて演じられますが、横浜狂言堂では狂言だけをピックアップし、1回の公演で2曲楽しめるのが魅力。直近では6月11日に開催されます。