仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


■ストーリー

この映画は、アイルランドの田舎で育ったメアリー・レイノルズが、権威主義のはびこる保守的なフラワーショーに新風を呼び込み、ショーの歴史を塗り替えた実話をもとにしています。彼女は、上流階級の壁や資金繰りなど次々立ちはだかる困難に立ち向かい、豪華な花を使わず雑草とサンザシの木だけで、自然と人との共存というメッセージ性にあふれた斬新な庭を作り上げます。そして初出場にしてゴールドメダルを獲得し、フラワーショーに新風を巻き起こしていきます。

■人生どん底からの逆転劇!信念は人を動かす

主人公のメアリーは「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナーのアシスタントに採用されますが、さんざんこき使われたあげくに、大切に描きためたデザインノートまで盗まれクビになってしまいます。金なし実績なし仕事なしで人生どん底。私も自分自身の起業当時のことを思い出して、ついクスリと笑ってしまいました。

一念発起して、チェルシーフラワーショーに応募しようとしても、若くて無名だからという理由で願書すらもらえません。なんとか応募しファイナリスト8名のうちの1名に選ばれたものの、25万ポンドの資金を調達し、80日後に施工開始、3週間で庭を完成させなくてはいけない。問題は山積みです。でも、メアリーはとにかくしつこい(笑)。夢も恋も負けられない! と、彼女が挑戦し続け、次々と困難を乗り越えていく姿に、いつの間にか自分を重ね合わせ、背中をぐいぐい押してあげたくなりました。

彼女はどうして自分や人を動かすパワーを持ち続けることができたのか。それは彼女に壮大な「信念」があるからこそだと私は思います。

自然や植物や花は、一部の金持ちしか楽しめないものじゃない。人々の心の中に、まるで故郷に帰るような自然を作り上げたい、という信念です。単にゴールドメダルをとって有名になる」といった自分の小さな枠を超え、人々を幸せにするためにもっと大きな理想を追いかけること。それが周りを巻き込む大きな力になってくれるのです。

政治家でも財界人でも教育者でもスポーツマンでも。私利私欲を超えて、社会のために理想を掲げ、挑戦し続ける人は、人の心を打ちそれが応援されるパワーになっていくのではないでしょうか。

■人は自然の一部。だから、人は自然に癒される。

この映画のもう一つの見どころは、自然が織りなす映像の美しさです。舞台はアイルランドの田園風景から、エチオピアの聖なる山の頂まで。圧倒的な自然美に心が洗われます。
なぜ私たちは、こんなにも自然に癒されるのでしょうか。

私たちが「サル」から「ヒト」になってから500万年経ちますが、そのほとんどの時間は自然の中で暮らしてきました。「ヒト」がコンクリートやビルなど人工的なものに囲まれた都市生活を始めたのは、たかだかこの200年〜300年です。歴史全体の長さからみたらわずか0.01%だから私たちは文明社会にときどき疲れてしまうんですね。そんなとき自然に接することで回復することができるのです。

アーユルヴェーダや中国医学、漢方など、世界各地の伝統医学にも、昔から植物が積極的に用いられてきたのも、こうした自然パワーを熟知している先人の知恵です。

私たちが花や緑、自然と接することは、大きな自然エネルギーの力をかりて、日々のストレスに傷ついた心と体の痛みを和らげることです。自分を自然の一部に戻し、お母さんから癒しをもらうのと似ています。

最近ちょっとお疲れ気味かも……と感じる方は、ぜひこの映画で壮大な自然に触れ、人は自然の一部であることを実感してみてください。夏を乗り切る元気をもらえるはずです!

『フラワーショウ!』公式サイト
http://flowershow.jp

この記事のライター

ボタニカル作家。ファッション業界で16年バリキャリ生活をおくったのち40歳で起業。現在都内著名レストランと契約し、フラワーデコレーションやブーケの押し花を制作する(有)モナミアンドケイを経営。技術者育成のため、目黒区碑文谷の...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル 映画

関連する投稿


17年上半期の最高傑作!?『ラ・ラ・ランド』を観るべき理由 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#5

17年上半期の最高傑作!?『ラ・ラ・ランド』を観るべき理由 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#5

映画『ラ・ラ・ランド』がスゴいことになっています。第89回アカデミー賞に、今年〈史上最多タイ〉となる14部門でノミネートされ、大本命と言われているのが『ラ・ラ・ランド』。『セッション』デイミアン・チャゼル監督による最新作となる、極上のミュージカル・エンターテイメントです。


映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公

映画『バレンタインデー』の感想。全ての愛が主人公

映画『バレンタインデー』のあらすじと感想をご紹介。「恋愛なんて……」と落ち込んでいる人にこそ観て欲しい"Bitter&Sweet"な恋愛映画です。アートディレクターの諸戸佑美さんに「シネマの時間」という連載で、映画『バレンタインデー』の魅力について語っていただきました。


すべてが完璧。27歳の天才監督が描く家族の愛の物語『たかが世界の終わり』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#4

すべてが完璧。27歳の天才監督が描く家族の愛の物語『たかが世界の終わり』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#4

グザヴィエ・ドラン監督をご存じですか? 2014年『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した若き天才監督です。最新作『たかが世界の終わり』で彼が描くのは、自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷した人気作家とその家族の「ある1日」。愛と憎しみのぶつかり合い。激しく、美しいフィナーレに、心が揺さぶられます。


【映画】最期の帰郷を描く『たかが世界の終わり』、グザヴィエ・ドラン監督最新作

【映画】最期の帰郷を描く『たかが世界の終わり』、グザヴィエ・ドラン監督最新作

グザヴィエ・ドラン監督最新作、映画『たかが世界の終わり』は「ある青年の最期の帰郷」を描いた作品。あらすじやキャストをご紹介します。『マイ・マザー』で監督デビューしたグザヴィエ・ドラン監督は『胸騒ぎの恋人』『Mommy/マミー』など、高く評価されている作品を次々と生み出してきました。


【映画】『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』でフラメンコの聖地にふれてみよう

【映画】『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』でフラメンコの聖地にふれてみよう

フラメンコの聖地に生きる人々を描くドキュメンタリー映画『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』が2月18日(土)より、有楽町スバル座、アップリンク渋谷ほかで公開に。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。