オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

スマホに縛られて、いつだってオンライン……そうなると心が休まる瞬間がなく、疲弊してしまいがち。スマホとの付き合い方を考えて、意識してオフラインの時間を作ることで、心地よい生活ができるようになるはず。


移動中やカフェで、一人で過ごしている人のほとんどはスマホを手に持っている。
動画を見たり、SNSをしたり、休憩時間もおうち時間もずっとオンラインでいる人は多いと思う。

ずっとオンラインでいることで、疲れが溜まってしまう、それはまさに心の現代病だなと思う。

ブログをきっかけに美容のお仕事を始めた私はずっとオンラインの人に思われがちだけれど、実際は結構オフラインの人。

実際に調べ物をしたりSNSをしなくても、目で何かを見ているときに、あぁ今これを発信したいと思って写真を撮ったりメモをすることはあるから、脳内オンライン状態なことがほとんど。だからこそ、新しいSNSを使うたびに付き合い方を自分リズムにだんだんと変換しながら、オフラインの時間を作るようにしている。

オフラインの時間は簡単に作ることができる。
キーポイントはスマホのアプリをどう配置するかと、通知設定のオンオフを調整すること。

■無意識のうちに……で、オンラインから離れられなくなる

SNSアプリ、まずFacebookはアプリを入れていない。

発信したあとの反応が気になる人は、まずFacebook自体をあまり開かないクセをつけるのがオススメ。生活も人間関係もまったく変わらないしむしろ快適になるかも。

Facebookメッセージは仕事で使っているから、メッセーンジャーのアプリだけ入れて、通知をオンにしている。そうすれば、直接私宛に来ている連絡を見ることができる。

誰がどう生活しているかの情報は、友人と会ったときに新鮮な気持ちで聞くし、お誕生日は友人と会ったときに心からお祝いする。それが好き。

そしてInstagramは、奥の奥のほうにしまっている。スマホの3画面目(笑)。

トップ画面に持ってくると、無意識に開いてしまうから。


この“無意識に”がずっとオンラインになるきっかけになって、ぼーっとすぐInstagramを開くときがあって“これは変”と感じたのが、3画面目に移動させたきっかけ。始めた当初は、いいね!の数やコメントが気になって写真も意識しすぎていたけれども、今では伝えたいことをのびのびと投稿できるようになった。
Pinterestに至っては、電話や音楽など一番使う下の欄に入れている。

たくさんのSNSの中で、何が自分に一番向いているかを考えるのも、縛られないポイント。

美しい写真をシェアするInstagramとPinterestが私は好きだから、よく開く。Facebookはあまり開かないけれど、友人がお知らせをしているからたまに見る。でも、本当にたまに。Twitterは、言葉を短く発信する場所で、わたしはじっくり書きたいタイプなので、ブログやコラムがアップされたときのお知らせツールとして使っている。

■常にオンラインにしなくても困らない。待っているのは心地よさ

そしてスマホの通知設定から、通知音のオフ・通知数のオフ……など、いろいろ“気づかない”設定にすることができて、それを結構愛用している。

通知音をオンにしているのはお仕事で使っているFacebookメッセンジャーと電話だけ。他のアプリは全て通知音も、来ている連絡の数も表示しないようにしている。究極のオフラインは、機内モードにすることで、集中して書き物をしたいときはすべてをオフにする。

頻繁にスマホに呼ばれると、ずっとスマホが手放せない。だから自分がスマホを見ようと手に取ったときをタイミングにしている。

こうやって、向いているもの、好きなもの、仕事で使うもの、を目に入ってくるようにして、他はアプリを入れなかったり通知しないと、まったく縛られない。

コメントが気になるとか反応が気になる、というのは自然なことだけれど、発信する楽しみをそれが越えているならば心が疲れているサインかも。おやすみしたって、何も問題ない。

オンライン上で活動することが多くても、こんなにオフラインで生活できるし、発信に何も影響はないので、自分の心地よさを優先してみて、と伝えたい。

ちなみに、一番閉鎖的な存在である日記は、DayOneとEvernoteというアプリを使っていて、常にMacとiPhone間を同期させ、いつでもオンライン上で見られるようにしている。
見るのはわたしだけだけれど。

本来オンラインは、縛られるものじゃなくて、とても便利なもののはずだから。

この記事のライター

美容家。1986年生まれ。大学生時代に始めた美容ブログ『静香のメイク日記』が女性からの絶大な支持を集め、現在は若手美容家として活躍中。2012年より日本すっぴん協会会長をつとめ、様々な美肌情報を伝えている。美容サロンの主催や...

関連するキーワード


断捨離 SNS

関連する投稿


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編2>

不要なものを処分し、部屋も気持ちも一新して新たな暮らしを手に入れようと「断捨離」を決行しようとしている方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。今回は、キッチンやリビングなどパーツごとの「断捨離」方法について解説していきます。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編1>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<実践編1>

部屋を片付けてスッキリさせたくても、どこから手をつければ良いのかわからない方にお届けする「断捨離」コラムシリーズ。部屋が片付くと、気持ちも晴れやかに。探し物が減り、無駄な買い物もなくなり、一石三鳥以上! では、早速「断捨離」の実践方法をご紹介していきましょう。


断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<心得編>

断捨離ができない! 片付けが苦手な人もできる「断捨離」のコツ<心得編>

数年前からワイドショーなどでも取り上げられるようになった「断捨離」。「余計な物は買わず、余計な物は捨て、物に対する執着心を捨てよ」という整理の考え方です。しかし頭ではわかっても、なかなか実行に移れないという方も多いでしょう。今回は、誰でも必ずできる「断捨離」方法をご紹介します。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


最新の投稿


【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

世界初のマニキュア(ネイルポリッシュ)専用に作られたブラシ「CURE BRUSH(キュアブラシ)」が7月下旬より販売開始に。爪の大きな人向け、爪の小さな人向けそれぞれに対応したブラシをご用意。セルフネイル=マニキュアが塗りづらい、というお悩みから解放されそうです。


元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

コルセットダイエットをご存知ですか? そもそもコルセットとは、肋骨の開きを引き締めてくびれを作ることで、骨格から変えていくアイテム。それを利用したコルセットダイエットという方法がネット上で話題になっています。私もコルセットを購入して始めてみました。始めたばかりですが、どうやって取り組むのか、具体的にご紹介します。


祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

亡き祖母は、若かりし頃にジュエリーデザイナーをしていました。祖母の想いが込められたジュエリーは、宝飾品という概念を超え、かけがえのない宝物として、祖母から母へ、母から私へと受け継がれています。ジュエリーを用いたファッションやジュエリーのメンテナンス、収納方法などをお伝えします。


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


DRESS部活