オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

スマホに縛られて、いつだってオンライン……そうなると心が休まる瞬間がなく、疲弊してしまいがち。スマホとの付き合い方を考えて、意識してオフラインの時間を作ることで、心地よい生活ができるようになるはず。


移動中やカフェで、一人で過ごしている人のほとんどはスマホを手に持っている。
動画を見たり、SNSをしたり、休憩時間もおうち時間もずっとオンラインでいる人は多いと思う。

ずっとオンラインでいることで、疲れが溜まってしまう、それはまさに心の現代病だなと思う。

ブログをきっかけに美容のお仕事を始めた私はずっとオンラインの人に思われがちだけれど、実際は結構オフラインの人。

実際に調べ物をしたりSNSをしなくても、目で何かを見ているときに、あぁ今これを発信したいと思って写真を撮ったりメモをすることはあるから、脳内オンライン状態なことがほとんど。だからこそ、新しいSNSを使うたびに付き合い方を自分リズムにだんだんと変換しながら、オフラインの時間を作るようにしている。

オフラインの時間は簡単に作ることができる。
キーポイントはスマホのアプリをどう配置するかと、通知設定のオンオフを調整すること。

■無意識のうちに……で、オンラインから離れられなくなる

SNSアプリ、まずFacebookはアプリを入れていない。

発信したあとの反応が気になる人は、まずFacebook自体をあまり開かないクセをつけるのがオススメ。生活も人間関係もまったく変わらないしむしろ快適になるかも。

Facebookメッセージは仕事で使っているから、メッセーンジャーのアプリだけ入れて、通知をオンにしている。そうすれば、直接私宛に来ている連絡を見ることができる。

誰がどう生活しているかの情報は、友人と会ったときに新鮮な気持ちで聞くし、お誕生日は友人と会ったときに心からお祝いする。それが好き。

そしてInstagramは、奥の奥のほうにしまっている。スマホの3画面目(笑)。

トップ画面に持ってくると、無意識に開いてしまうから。


この“無意識に”がずっとオンラインになるきっかけになって、ぼーっとすぐInstagramを開くときがあって“これは変”と感じたのが、3画面目に移動させたきっかけ。始めた当初は、いいね!の数やコメントが気になって写真も意識しすぎていたけれども、今では伝えたいことをのびのびと投稿できるようになった。
Pinterestに至っては、電話や音楽など一番使う下の欄に入れている。

たくさんのSNSの中で、何が自分に一番向いているかを考えるのも、縛られないポイント。

美しい写真をシェアするInstagramとPinterestが私は好きだから、よく開く。Facebookはあまり開かないけれど、友人がお知らせをしているからたまに見る。でも、本当にたまに。Twitterは、言葉を短く発信する場所で、わたしはじっくり書きたいタイプなので、ブログやコラムがアップされたときのお知らせツールとして使っている。

■常にオンラインにしなくても困らない。待っているのは心地よさ

そしてスマホの通知設定から、通知音のオフ・通知数のオフ……など、いろいろ“気づかない”設定にすることができて、それを結構愛用している。

通知音をオンにしているのはお仕事で使っているFacebookメッセンジャーと電話だけ。他のアプリは全て通知音も、来ている連絡の数も表示しないようにしている。究極のオフラインは、機内モードにすることで、集中して書き物をしたいときはすべてをオフにする。

頻繁にスマホに呼ばれると、ずっとスマホが手放せない。だから自分がスマホを見ようと手に取ったときをタイミングにしている。

こうやって、向いているもの、好きなもの、仕事で使うもの、を目に入ってくるようにして、他はアプリを入れなかったり通知しないと、まったく縛られない。

コメントが気になるとか反応が気になる、というのは自然なことだけれど、発信する楽しみをそれが越えているならば心が疲れているサインかも。おやすみしたって、何も問題ない。

オンライン上で活動することが多くても、こんなにオフラインで生活できるし、発信に何も影響はないので、自分の心地よさを優先してみて、と伝えたい。

ちなみに、一番閉鎖的な存在である日記は、DayOneとEvernoteというアプリを使っていて、常にMacとiPhone間を同期させ、いつでもオンライン上で見られるようにしている。
見るのはわたしだけだけれど。

本来オンラインは、縛られるものじゃなくて、とても便利なもののはずだから。

この記事のライター

美容家。1986年生まれ。大学生時代に始めた美容ブログ『静香のメイク日記』が女性からの絶大な支持を集め、現在は若手美容家として活躍中。2012年より日本すっぴん協会会長をつとめ、様々な美肌情報を伝えている。美容サロンの主催や...

関連するキーワード


断捨離 SNS

関連する投稿


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebookは数あるSNSの中でも「友達」との付き合い方が難しいもの。友人、上司、取引先など、様々な人間関係がフラットに並ぶからこそ、使い方に悩む人も多いです。今回はFacebookで「少し苦手だな」と感じる友達とスムーズに、きれいに距離を置ける友達付き合いの方法をご紹介します。


最新の投稿


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

この春、新しい自分を見つけてみませんか? ベン・スティーラ監督・主演が描く感動のヒューマン・ドラマ『LIFE!』シネマの時間第4弾は、映画『LIFE!』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


簡単に手作りできる!ドレッシングレシピ3つ

簡単に手作りできる!ドレッシングレシピ3つ

簡単に手作りできて保存もきくドレッシングのレシピを3つご紹介します。使う油や調味料を変えてみて、自分が一番好きなドレッシングと出会ってくださいね。


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?