オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

スマホに縛られて、いつだってオンライン……そうなると心が休まる瞬間がなく、疲弊してしまいがち。スマホとの付き合い方を考えて、意識してオフラインの時間を作ることで、心地よい生活ができるようになるはず。


移動中やカフェで、一人で過ごしている人のほとんどはスマホを手に持っている。
動画を見たり、SNSをしたり、休憩時間もおうち時間もずっとオンラインでいる人は多いと思う。

ずっとオンラインでいることで、疲れが溜まってしまう、それはまさに心の現代病だなと思う。

ブログをきっかけに美容のお仕事を始めた私はずっとオンラインの人に思われがちだけれど、実際は結構オフラインの人。

実際に調べ物をしたりSNSをしなくても、目で何かを見ているときに、あぁ今これを発信したいと思って写真を撮ったりメモをすることはあるから、脳内オンライン状態なことがほとんど。だからこそ、新しいSNSを使うたびに付き合い方を自分リズムにだんだんと変換しながら、オフラインの時間を作るようにしている。

オフラインの時間は簡単に作ることができる。
キーポイントはスマホのアプリをどう配置するかと、通知設定のオンオフを調整すること。

■無意識のうちに……で、オンラインから離れられなくなる

SNSアプリ、まずFacebookはアプリを入れていない。

発信したあとの反応が気になる人は、まずFacebook自体をあまり開かないクセをつけるのがオススメ。生活も人間関係もまったく変わらないしむしろ快適になるかも。

Facebookメッセージは仕事で使っているから、メッセーンジャーのアプリだけ入れて、通知をオンにしている。そうすれば、直接私宛に来ている連絡を見ることができる。

誰がどう生活しているかの情報は、友人と会ったときに新鮮な気持ちで聞くし、お誕生日は友人と会ったときに心からお祝いする。それが好き。

そしてInstagramは、奥の奥のほうにしまっている。スマホの3画面目(笑)。

トップ画面に持ってくると、無意識に開いてしまうから。


この“無意識に”がずっとオンラインになるきっかけになって、ぼーっとすぐInstagramを開くときがあって“これは変”と感じたのが、3画面目に移動させたきっかけ。始めた当初は、いいね!の数やコメントが気になって写真も意識しすぎていたけれども、今では伝えたいことをのびのびと投稿できるようになった。
Pinterestに至っては、電話や音楽など一番使う下の欄に入れている。

たくさんのSNSの中で、何が自分に一番向いているかを考えるのも、縛られないポイント。

美しい写真をシェアするInstagramとPinterestが私は好きだから、よく開く。Facebookはあまり開かないけれど、友人がお知らせをしているからたまに見る。でも、本当にたまに。Twitterは、言葉を短く発信する場所で、わたしはじっくり書きたいタイプなので、ブログやコラムがアップされたときのお知らせツールとして使っている。

■常にオンラインにしなくても困らない。待っているのは心地よさ

そしてスマホの通知設定から、通知音のオフ・通知数のオフ……など、いろいろ“気づかない”設定にすることができて、それを結構愛用している。

通知音をオンにしているのはお仕事で使っているFacebookメッセンジャーと電話だけ。他のアプリは全て通知音も、来ている連絡の数も表示しないようにしている。究極のオフラインは、機内モードにすることで、集中して書き物をしたいときはすべてをオフにする。

頻繁にスマホに呼ばれると、ずっとスマホが手放せない。だから自分がスマホを見ようと手に取ったときをタイミングにしている。

こうやって、向いているもの、好きなもの、仕事で使うもの、を目に入ってくるようにして、他はアプリを入れなかったり通知しないと、まったく縛られない。

コメントが気になるとか反応が気になる、というのは自然なことだけれど、発信する楽しみをそれが越えているならば心が疲れているサインかも。おやすみしたって、何も問題ない。

オンライン上で活動することが多くても、こんなにオフラインで生活できるし、発信に何も影響はないので、自分の心地よさを優先してみて、と伝えたい。

ちなみに、一番閉鎖的な存在である日記は、DayOneとEvernoteというアプリを使っていて、常にMacとiPhone間を同期させ、いつでもオンライン上で見られるようにしている。
見るのはわたしだけだけれど。

本来オンラインは、縛られるものじゃなくて、とても便利なもののはずだから。

この記事のライター

美容家。1986年生まれ。大学生時代に始めた美容ブログ『静香のメイク日記』が女性からの絶大な支持を集め、現在は若手美容家として活躍中。2012年より日本すっぴん協会会長をつとめ、様々な美肌情報を伝えている。美容サロンの主催や...

関連するキーワード


断捨離 SNS

関連する投稿


「インスタ萎え」から予想。2018年は“脱力系ブサカワ”が来る

「インスタ萎え」から予想。2018年は“脱力系ブサカワ”が来る

「インスタ映え」はもう飽きた、お腹いっぱい……と2017年後半頃から感じていた人は多いのでは。そんななか出てきた「インスタ萎え」という言葉。インスタ映えに疲れた人たちが、インスタ萎えに目を向けている印象。実際にインスタ萎えする投稿は2018年おおいに注目を集めそうです。


『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』という書籍をご存知ですか。SNSで見知らぬ誰かから投げかけられる、心ないコメントや意地の悪い反応――SNSを使っている人の中には、そんな負の感情をぶつけられたことがある方もいるのでは? 意地悪するのもやり返すのも、どうせなら優雅にやってみる、というのはいかがでしょうか。


頼み事LINEの返答でわかる相手の本心

頼み事LINEの返答でわかる相手の本心

今回は、「LINEで頼みごとをしたときの返答から相手の本心」がわかる心理テストをご紹介いたします。LINEのようなSNSツールでは、相手の表情が見えない分、本心がわかりにくくて戸惑ってしまうことがありますよね。でも実は、相手からどんな返答が来たかによって、だいたいの本心を読み解くことができるのです。


断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

断捨離で運気アップ! 整理整頓で生活をもっと輝かせる

皆さん断捨離をしたことはありますか? 断捨離は不要なものを捨てる行為のことを指しますが、自分にとって大切なものを見直す機会にもなります。本当に必要なものだけを持つことで運気アップにもつながります。新しい年を迎える前に、断捨離をしてみてはいかがでしょうか。


【SNSストレス】「つながる」ことに疲れていませんか?

【SNSストレス】「つながる」ことに疲れていませんか?

SNSで「つながる」という行為自体に疲れてはいませんか? いつでもどこでも誰かとつながっていられる良さや便利さがある一方、その「つながっていること」に義務感をおぼえ、心の負担になっている方もいるかもしれません。SNSとの付き合い方についての記事をご紹介します。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。