結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

焦り――結婚願望が強い、婚活中の女性につきものの感情。結婚したいのに、結婚できない……そうやって悩んだあげく、つらくなり、心身のバランスを壊してしまう人がいる。行き詰ったと思ったら、やり方を見直すこと。全体を見ることが婚活成功のコツなのだ。


■会いたい条件の男性に会うことすらできない

「結婚願望があるのに、結婚できない」。

婚活中の女性の中には、そんな気持ちが焦りすぎて心身のバランスを壊してしまう人がいる。
 
相談にやってきた36歳の女性カナコさんもその一人だった。

「私は、年収500万円以上の42歳までの男性を条件にして婚活をしています。一生懸命申し込むのですが、全然相手にされていません。会う前にもう疲れてしまいました」

「会えないって本当に疲れちゃいますよね」

「そうなんです。会ったことにない人にジャッジされて拒絶されるって、だんだんダメージ効いてきますね。何も嫌なことをされているわけでもないのに」

こうなると、「年収を下げるか、年齢を上げるかすればいいじゃないか」と思われるかもしれない。聞くところによると、彼女も身の回りの友達に相談をすると、そのようにアドバイスをされたという。

「ああ、年収500万円以上って、女性から一番人気がある条件ですね。中には、20代、さらに女子大生なんかも含まれていますからねぇ。敵は一回り下ってこともありますからねぇ」

「なんと絶望的な」

彼女はムンクのように両手を頬にあてた。

「だからといって条件を変えればいいってもんじゃないんですよ。むしろ、条件を軸にして戦略を変えることをおすすめします」
「えっ、私の条件をそのままにして出会えるんですね。どうやって!?」

■「2つの案」と「もう1つの選択肢」を用意した戦略を

「いま、カナコさんはネット婚活を何個していますか」「1個です」

「ネット婚活の他に何かやっていますか?」「何もしていません」

ネット婚活とは、インターネット上のサイトで希望条件を絞り込んで男性を検索しつつ、お見合いの申し込みをする仕組みだ(もちろん、男性から申し込みをされることもある)。すべて自分自身で主体的に行う。ネット婚活であまりにも決まらない場合は、多くは自分が原因ではない。敵が多いか強すぎて、存在感を発揮できていないのだ。

「全く別の婚活プランともう1つの選択肢を用意するということです」
「ん、婚活パーティに参加するとかですか?」
「あ、それもありますね。その他にもFacebookと連動したお見合い系アプリや、私のような仲介人付きの結婚相談所もありますね。

なぜ、取り入れたほうがいいのかといいますと、ネット婚活ではウケないけれど、Facebook連動だとモテたり、仲介人にめちゃくちゃ気に入られていい人を紹介され続けるとか、いろいろ思いもかけない出会いの可能性もあるんです。

たったひとつのやり方にこだわっていると、本当の自分の強みを生かせないことも……。お金が気になるなら、安いものから自分の婚活プランに取り入れてみると良いです」

「あの、じゃあもう1つの選択肢ってなんですか?」
「思いきって今から1ヶ月は、婚活を休んでみるってことですね。気持ちが煮詰まっていると人に会ってもイライラするだけです。運命の人とはベストコンディションで出会いたいですよね。で、1ヶ月したらもう一度考えてみる。1ヶ月に1度だけは結婚について考える機会を作るというのがポイントです」
「じゃあ、とりあえず1ヶ月休んでみます」

カナコさんは思い切って1ヶ月間エステ、ネイル、温泉三昧をやった後無事に婚活に復帰してフル稼働。Facebookが好きだったこともあり、お見合い系アプリの相性が良く、あっさりと理想の条件の人と現在交際中である。

煮詰まったら自分を責めるのではなく、やり方を見直す。これが婚活の肝である。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


結婚 婚活 恋愛

関連する投稿


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

仕事ができて稼ぎのいい、いわゆる「ハイスペックな男」は当然、婚活市場において相変わらず人気である。とくに女が強くなったこの時代、キャリアを重ねるほど、「自分よりも能力のある男がいい」という人は多い。まあ、わからんでもないけれど――。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


最新の投稿


【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

【セルフネイル】マニキュア専用ブラシ「CURE BRUSH」

世界初のマニキュア(ネイルポリッシュ)専用に作られたブラシ「CURE BRUSH(キュアブラシ)」が7月下旬より販売開始に。爪の大きな人向け、爪の小さな人向けそれぞれに対応したブラシをご用意。セルフネイル=マニキュアが塗りづらい、というお悩みから解放されそうです。


元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

元鈴木さん式コルセットダイエットをスタートしてみた(個人的な体験談)

コルセットダイエットをご存知ですか? そもそもコルセットとは、肋骨の開きを引き締めてくびれを作ることで、骨格から変えていくアイテム。それを利用したコルセットダイエットという方法がネット上で話題になっています。私もコルセットを購入して始めてみました。始めたばかりですが、どうやって取り組むのか、具体的にご紹介します。


祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

祖母から孫娘へ。時を超えて受け継がれるジュエリーの魅力

亡き祖母は、若かりし頃にジュエリーデザイナーをしていました。祖母の想いが込められたジュエリーは、宝飾品という概念を超え、かけがえのない宝物として、祖母から母へ、母から私へと受け継がれています。ジュエリーを用いたファッションやジュエリーのメンテナンス、収納方法などをお伝えします。


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


DRESS部活