花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

すっかり傷んだのを見計らってから花を捨てるーーそれは「捨てどき」ではありません。まだきれいなうちに処分するのが正しい判断。これって、ズルズルと付き合ってきた恋人と、修羅場を迎える前にきれいに別れるのと、ちょっと似ているのかもしれません。


「その花、もう捨てちゃうの?」

花屋のおばさんが、バケツからまだきれいに見える花をつかみ出し、迷いのない手つきでゴミ袋に入れている。

「由樹子さん、あんたいつも腐ってから捨ててるの? 運気落ちるよ」

メガネの奥の細い目をさらに細くしてニヤニヤ笑いながら、おばさんは怖いことを言う。

おばさんによると、人は自分が世話をしている植物がダメになる姿を見ると、心理的にダメージを受けるらしい。植物を世話すると脳内にα波が出て心身ともに落ち着くが、その植物が壊れるとβ波が出て心理的に動揺し興奮する。これは実験により科学的に証明されているそうだ。

私、いつも花が完全に傷むまで放置しちゃうけど、それって最悪なわけね……? 私はドキッとする。


「でもおばさん、腐る直前ってどうやってわかるの?」
「簡単さ、茎の色をみればいいんだよ」

チェックすべきポイントは2ヶ所。水についた茎の切り口付近と、花と茎の境目だ。
(1)切り口付近の茎が、きれいな緑色から濁った茶色に変わってきたら、変色した部分の茎を切る。茎が短くなったぶん、背の高い花瓶から低い花器に活け替えるといい。しかし、(2)花と茎の境目の部分がそのような色になったら傷む寸前、捨てどきなのだそうだ。

おばさんの話を聞いてから、家に飾ってあったガーベラは一度茎を短く切って、一輪挿しから背の低い花器に活け替えた。
5日ほど飾った今日になって、花と茎の境目が変色しているのに気づいた。茎を触ると少し柔らかい。まだ見た感じはきれいだし、やっぱりもったいない気がする。でも、茎がグニャリと曲がり、テーブルに突っ伏したようになった花を見るのは嫌だ。悪臭漂うネバついた花瓶を洗うのも気が重くなるだろう。
 
きれいなうちに花を捨てることは、修羅場になる前に男と別れるのにちょっと似ている気がする。明日はもう少し状況がよくなるかもしれない。わずかな期待のせいで別れる踏ん切りがつかないでいるうちに、ドロドロになってしまう。早めに執着を捨てることが自分のメンタルを守ることでもある。

「我が家を明るくしてくれてありがとう」

私は小さい声でそう言って、ガーベラを新聞紙にくるみ、そっとゴミ箱に入れた。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

(1)の「切り口付近の茎が、きれいな緑色から濁った茶色に変わってきたら、変色した部分の茎を切る」という作業を「切り戻し」といいます。茎の変色以外にも、一部の花や葉がしおれる、花がポロポロこぼれ始めるなどの状態になったら、花が傷んできたサイン。水替えのときに茎を切り戻し、傷んだ部分を取り除いてあげると花が長持ちします。それでもいつか花は枯れるものですから、傷みに気づいたら思い切って早めに処分! で、心のコンディションも整えていきましょう。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


【部活BLOG】大好きな花を可愛く撮ってインスタにアップしたい!

【部活BLOG】大好きな花を可愛く撮ってインスタにアップしたい!

こんにちは。「ボタニカル部」部長の輪湖(わこ)もなみです。 2016年10月9日、自由が丘の日本フォトスタイリング協会スタジオで、ボタニカル部主催「スマホ限定! 誰でも可愛く撮影できる、インスタグラム的お花の撮り方講座」が開催されました。今日はその様子をレポートします。


新しい習慣を実践しよう。変化を恐れない人が人生を好転させる

新しい習慣を実践しよう。変化を恐れない人が人生を好転させる

1週間に1つずつ新しい習慣を実行していけば、1年後のあなたは大きく変わっているはず。人生を変えるヒント満載の『1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣』ブックレビューをお届けします。


ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。