花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

すっかり傷んだのを見計らってから花を捨てるーーそれは「捨てどき」ではありません。まだきれいなうちに処分するのが正しい判断。これって、ズルズルと付き合ってきた恋人と、修羅場を迎える前にきれいに別れるのと、ちょっと似ているのかもしれません。


「その花、もう捨てちゃうの?」

花屋のおばさんが、バケツからまだきれいに見える花をつかみ出し、迷いのない手つきでゴミ袋に入れている。

「由樹子さん、あんたいつも腐ってから捨ててるの? 運気落ちるよ」

メガネの奥の細い目をさらに細くしてニヤニヤ笑いながら、おばさんは怖いことを言う。

おばさんによると、人は自分が世話をしている植物がダメになる姿を見ると、心理的にダメージを受けるらしい。植物を世話すると脳内にα波が出て心身ともに落ち着くが、その植物が壊れるとβ波が出て心理的に動揺し興奮する。これは実験により科学的に証明されているそうだ。

私、いつも花が完全に傷むまで放置しちゃうけど、それって最悪なわけね……? 私はドキッとする。


「でもおばさん、腐る直前ってどうやってわかるの?」
「簡単さ、茎の色をみればいいんだよ」

チェックすべきポイントは2ヶ所。水についた茎の切り口付近と、花と茎の境目だ。
(1)切り口付近の茎が、きれいな緑色から濁った茶色に変わってきたら、変色した部分の茎を切る。茎が短くなったぶん、背の高い花瓶から低い花器に活け替えるといい。しかし、(2)花と茎の境目の部分がそのような色になったら傷む寸前、捨てどきなのだそうだ。

おばさんの話を聞いてから、家に飾ってあったガーベラは一度茎を短く切って、一輪挿しから背の低い花器に活け替えた。
5日ほど飾った今日になって、花と茎の境目が変色しているのに気づいた。茎を触ると少し柔らかい。まだ見た感じはきれいだし、やっぱりもったいない気がする。でも、茎がグニャリと曲がり、テーブルに突っ伏したようになった花を見るのは嫌だ。悪臭漂うネバついた花瓶を洗うのも気が重くなるだろう。
 
きれいなうちに花を捨てることは、修羅場になる前に男と別れるのにちょっと似ている気がする。明日はもう少し状況がよくなるかもしれない。わずかな期待のせいで別れる踏ん切りがつかないでいるうちに、ドロドロになってしまう。早めに執着を捨てることが自分のメンタルを守ることでもある。

「我が家を明るくしてくれてありがとう」

私は小さい声でそう言って、ガーベラを新聞紙にくるみ、そっとゴミ箱に入れた。

+++ もなみのちょい足しポイント +++

(1)の「切り口付近の茎が、きれいな緑色から濁った茶色に変わってきたら、変色した部分の茎を切る」という作業を「切り戻し」といいます。茎の変色以外にも、一部の花や葉がしおれる、花がポロポロこぼれ始めるなどの状態になったら、花が傷んできたサイン。水替えのときに茎を切り戻し、傷んだ部分を取り除いてあげると花が長持ちします。それでもいつか花は枯れるものですから、傷みに気づいたら思い切って早めに処分! で、心のコンディションも整えていきましょう。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連するキーワード


ちょい足しボタニカル

関連する投稿


ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

ムダや余白が涼を生む。浮き球と葉を浮かべるだけの夏インテリア

水に浮かべるだけで、目も心も涼やかになる浮き球。葉っぱと組み合わせて、夏限定のインテリアに取り入れてみよう。


バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

バラの香り漂う家にすると、夫が浮気をきっぱりやめた

天然の花の香りを嫌う男の人はいない。バラの香りなんて鉄板だ。だから、夫や彼を取り戻したいと思ったら、ローズウォーターを日常使いしてみては?


仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

仕事も恋もがんばる女性は自分を重ねてぐっとくる!映画『フラワーショウ!』レビュー

イギリスの「チェルシー・フラワーショー」という大会をご存じですか? エリザベス女王が総裁を務め、英国王立園芸協会が主催する、世界最古で最高峰のガーデニングコンテストです。今回の「ちょい足しボタニカル」では、ボタニカル作家・輪湖もなみが、同ショーに挑む女性の姿を描いた映画『フラワーショウ!』の魅力をご紹介します。


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

占い師・ホロスコ先生による「女神のための星占い」で1/17-1/30にかけての運勢を知ろう。


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


おっぱい