「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


■結婚の最大のリスクは恋愛?

30歳になったから結婚がしたい。35歳までに子どもを産みたい。もう男で傷つきたくない。一人で生きていくのが寂しい。

その気持ち、全部わかる……。私も今年で39歳の女だから身にしみる。特に出産のタイムリミットは刻一刻と重く迫ってきている。

国立社会保障・人口問題研究所の2010年の調査によると、交際から結婚までの平均期間(プレ結婚期間)は約4年半だという。無論、この期間には「付き合う前の恋のあれやこれや」はカウントされていない。

時間をお金で例えるならば、結婚や出産を考える女性にとって、35歳を過ぎてからのプレ結婚期間は危険な投資だ。交際段階でその男性と結婚する保証はどこにもない。別れたら投資はゼロになる。ゲームで言えば、いくつもの「ふりだしにもどる」のコマが用意されていて、なかなかゴール(結婚)できないすごろくのようだ。

■「危険な投資」リスクを減らす方法は2つ

では、この「危険な投資」のリスクをどうやって減らすか。方法は2つである。時間リスク管理と男性リスク管理だ。

1、時間リスク管理 → 結婚を前提にしたお付き合いをする
2、男性リスク管理 → 明日からでも夫になれる力のある人を選ぶ

1は、結婚を前提とした交際の形をとれる確かな状況に身を置く方法だ。昔はお付き合いをすれば結婚をするとか、セックスをすれば結婚をするという時代があった。しかし現代のように男女のあり方が多様化した時代には、必ずしもお付き合いが結婚に結びつくとは限らない。

2の判断基準は、経済力と社会的地位だ。出産、子育てを安心してできるような男性を選ぶこと。厚生労働省が発表した「雇用の構造に関する実態調査(就業形態の多様化に関する総合実態調査)」によると、今は非正規雇用者が4割を超えている。いつ首を切られるかわからない不安定な状態の男性も増えているわけだ。だからどれだけ年収があって、将来的にも安定しているのかがわからないと結婚できない。
この1と2を上手に管理するのに、最も確実な方法はやはり「婚活」になる。

■婚活は「恋愛感情を放棄すること」ではない

「婚活」を間違えて捉えている人は非常に多い。

特に、「誰にも相手にされないから婚活をする」と思っている人がいる。それは間違いだ。
婚活というのは、次に恋をするためのリスク管理である。「次に恋をする人とは、一生を添い遂げられる相手がいい」という思いを行動に移した結果なのだ。結婚できない人(既婚者も含む)と恋をしないようにするための賢い方法ともいえる。

逆に、婚活において、決して恋愛感情を放棄してはいけない。結婚できる男性と出会う状況を自分でつくっておきながらその恋愛感情を放棄するなんて道理に合わない。婚活は、全力で恋ができる環境なのだ。そこで自然と恋に落ちれば、結婚は結果的についてくる。

だから婚活こそ本気の恋、最後の恋をする覚悟で取り組まなければいけないのだ。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

大手企業に勤め、年収も高く、引き締まった体に整った容姿。そんなエリート男性の恋愛事情をご存知でしょうか? 自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く婚活アドバイザー大西さんによれば、彼らには彼らなりのリアルな恋愛事情が存在するのだそう。今回は、そんなエリート男性の心の声をご紹介します。


【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

出会って意気投合してLINE(ライン)交換。話題も合っているのになぜか2週間もたたないうちにフェイドアウト。一体何が間違っているのか。今回はLINEのせいで、価値観の合う男性を逃してしまうかもしれない危険についてお伝えしていきます。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活