「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


■結婚の最大のリスクは恋愛?

30歳になったから結婚がしたい。35歳までに子どもを産みたい。もう男で傷つきたくない。一人で生きていくのが寂しい。

その気持ち、全部わかる……。私も今年で39歳の女だから身にしみる。特に出産のタイムリミットは刻一刻と重く迫ってきている。

国立社会保障・人口問題研究所の2010年の調査によると、交際から結婚までの平均期間(プレ結婚期間)は約4年半だという。無論、この期間には「付き合う前の恋のあれやこれや」はカウントされていない。

時間をお金で例えるならば、結婚や出産を考える女性にとって、35歳を過ぎてからのプレ結婚期間は危険な投資だ。交際段階でその男性と結婚する保証はどこにもない。別れたら投資はゼロになる。ゲームで言えば、いくつもの「ふりだしにもどる」のコマが用意されていて、なかなかゴール(結婚)できないすごろくのようだ。

■「危険な投資」リスクを減らす方法は2つ

では、この「危険な投資」のリスクをどうやって減らすか。方法は2つである。時間リスク管理と男性リスク管理だ。

1、時間リスク管理 → 結婚を前提にしたお付き合いをする
2、男性リスク管理 → 明日からでも夫になれる力のある人を選ぶ

1は、結婚を前提とした交際の形をとれる確かな状況に身を置く方法だ。昔はお付き合いをすれば結婚をするとか、セックスをすれば結婚をするという時代があった。しかし現代のように男女のあり方が多様化した時代には、必ずしもお付き合いが結婚に結びつくとは限らない。

2の判断基準は、経済力と社会的地位だ。出産、子育てを安心してできるような男性を選ぶこと。厚生労働省が発表した「雇用の構造に関する実態調査(就業形態の多様化に関する総合実態調査)」によると、今は非正規雇用者が4割を超えている。いつ首を切られるかわからない不安定な状態の男性も増えているわけだ。だからどれだけ年収があって、将来的にも安定しているのかがわからないと結婚できない。
この1と2を上手に管理するのに、最も確実な方法はやはり「婚活」になる。

■婚活は「恋愛感情を放棄すること」ではない

「婚活」を間違えて捉えている人は非常に多い。

特に、「誰にも相手にされないから婚活をする」と思っている人がいる。それは間違いだ。
婚活というのは、次に恋をするためのリスク管理である。「次に恋をする人とは、一生を添い遂げられる相手がいい」という思いを行動に移した結果なのだ。結婚できない人(既婚者も含む)と恋をしないようにするための賢い方法ともいえる。

逆に、婚活において、決して恋愛感情を放棄してはいけない。結婚できる男性と出会う状況を自分でつくっておきながらその恋愛感情を放棄するなんて道理に合わない。婚活は、全力で恋ができる環境なのだ。そこで自然と恋に落ちれば、結婚は結果的についてくる。

だから婚活こそ本気の恋、最後の恋をする覚悟で取り組まなければいけないのだ。

この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連するキーワード


結婚 恋愛 婚活 子育て

関連する投稿


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。


私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第3回はバツイチ男性と結婚し、子供を授かった女性のストーリー。帰宅後はふたりの子供たちを抱き締め、毎日たくさんキスする夫の姿を見て思うことは――。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。


不倫の4つの実話エピソード - 不倫の終わりは突然に!?

不倫の4つの実話エピソード - 不倫の終わりは突然に!?

不倫の終わりは突然訪れます。それは、ほとんどの場合既婚者の彼の方に「事件」が起こったから。こちらではどうしようもない事情では、手も足も出せずにそのまま終了、なんてパターンはよくある話です。どんな理由で別れてしまったのか、実際にあった4つの実話エピソードをご紹介します!


2人のママと2人の娘。精子バンクで子供をもうけた女性カップルの話 in シアトル

2人のママと2人の娘。精子バンクで子供をもうけた女性カップルの話 in シアトル

最近は、日本でも渋谷区が同性のカップルを対象としたパートナーシップ証明書の交付を始めたこともあり、同性カップルへの理解が少しずつではあるものの進んできています。アメリカでは2015年6月に同性婚が合法化されています。 今日は、そんなアメリカにおいて精子バンクを利用し、双子の女の子をもうけた友人カップルのお話をします。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。