1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 非・完璧主義者こそ、海外起業に向いている?

非・完璧主義者こそ、海外起業に向いている?

Share

カンボジアで会社をつくったアンナさんによると、海外起業に向いている人の特徴は大きく3つあるそう。現地ならではのエピソードを交えてお届けします。

非・完璧主義者こそ、海外起業に向いている?

こんにちは、カンボジアで不動産会社・アンナキャムパートナーズを経営するアンナ(本名:荒木杏奈)です。

日本人は、男女問わず海外でもっと活躍していくべきで、海外でもっと輝けると私は思っています。海外に目を向けることで、自分の世界が一気に広がりますし、同時に大きく活躍できる可能性も生まれ、自分らしい働き方を見つけることができるかもしれません。

今回のコラムは「海外」を含むタイトルにしていますが、本来「国」で仕切りを作るべきではないというのが私の本音です。おそらく日本人は、特に海外に対して敷居が高いと感じているようです。その一つの理由は、日本国が海に囲まれていて、孤立しているからかもしれません。私は東南アジアに住んでみてから、国が隣接して、すぐに他国に行ける環境になると“東南アジアが一つの国“という感覚に変わりました。もっと早く気づけば良かった点です。

もちろん、日本しか知らない人が海外生活に慣れるのは大変ですし、海外で仕事をすると当然、文化や仕事のスタイルは異なります。起業するとしても環境が違いますから、現地の人の考え方も日本人とは差がありますし、苦労が多いのも確かです。

そんな前提をクリアした上で、私の考える「海外起業が向いている人」の特徴を3つ、ご紹介します。

1、完璧主義ではない

海外では「日本のあたりまえ」が通用しません。だからこそ、柔軟な性格の人が向いています。
ある日、会議で「割引」の話になったときに、スタッフがまるで理解できていない様子だったので、びっくりしました(大卒の営業職を採用しているのに……!)。説明し直しても同じ反応です。そこで、算数のテストをしたところ、当時のカンボジア人スタッフ4人のうち、半分が全然解けなかったのです。二桁の足し算引き算の組み合わせができない! 教育レベルの違いに驚きました。

また、採用面接に彼氏(または親)と一緒に来た子も何人かいます。文化の違いか、もしくは私の会社が心配だったのかわかりませんが、そんなことも普通にあるのです。
最初から何でも完璧に上手くいく、といったイメージを持っておくのはおすすめしません。ハプニングが起きる可能性も視野にいれつつ、どうなるかわからない方が、視野も広がっていきます。

2、コミュニケーションを図ることが好き

多少の語学力は必要ですが、もっと大切なのはコミュニケーションです。語学を勉強するために海外で起業するわけではありません、お金を稼ぎにいくのです。人と関わるのが嫌い、あまり交流したくないという人は、海外向きではありません。
日本人の友人を作ることも良いですが、せっかく海外に出たのなら同じ日本人だけではなく、現地の人や外国人と接することで多くを学ぶことができます。
私の場合は、常に電子辞書とノートを持ち歩いています。話の内容でわからない言葉があると相手にその単語を書いてもらい、その場で調べます。ノートに絵や数式を描いて説明することもよくあります。日本だとちょっと恥ずかしいですが、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥という言葉通り、その場限りのビジネスチャンスを逃さないようにするべきです。やはり母国語以外の言語で会話するわけですから、お互いに理解し合おうという姿勢が一番大事だと思います。

3、好奇心が旺盛

知りたいことには積極的に投資して学べる人、声に出せる人は海外起業向きです。
「気になるけれど、今すぐに知る必要はないかな」と後回しにしてしまう人や、興味のあるものが特にない人も向いていません。せっかく海外に出て、広い世界を見るからには、知りたいことをどんどん学ぶべきであり、外に出ていくべきであり、言葉を発するべきです。学ぶことに対して消極的ではもったいない! そこに費用が発生しようと、投資を惜しむべきではありません。
私も1〜2ヶ月に1度は、カンボジア以外の国を訪問して、東南アジアの他国の友人やビジネスパートナーと現地で会うようにしています。様々な文化や風習も知ることができ、相手の考え方をより一層、理解できるようになります。

ここまで読んでいただき、どう感じられたでしょうか。
人は何か行動に移す前、多くの人はそれに対する「リスク」を考えます。日本で起業するよりも、慣れない海外の方がより大きなリスクを感じるのも確かです。私も「リスク」は考えました。
でも後で考えると、それは単なる「怖い」という感情であることも……。自分が抱えているリスク、そしてそれを回避してでも守らないといけないことというのは、実はそんなに多くはありません。「なぜ海外で起業したいのか」「何のために働くか」が明確であるなら、あまり考えすぎず、「えいっ!」と決断して行動するのみです。

海外には新しい刺激がたくさんありますよ。

Share

荒木 杏奈

宅地建物取引士。1984年生まれ、東京都出身。大手ネット広告代理店(株)セプテーニ入社。その後SBIマーケティング(株)を経て、2012年10月よりカンボジア金融機関に勤務。2013年12月から、アンナアドバイザーズ株式会社...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article