「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

仕事が楽しすぎて、アラフォーにさしかかるまで、全力疾走——。でも、ふとした瞬間、「何かが足りない気がする」「このままでいいのかな」と迷い、立ち止まる女性もいるのでは。


仕事が楽しすぎて、アラフォーにさしかかるまで、全力疾走——。でも、ふとした瞬間、「何かが足りない気がする」「このままでいいのかな」と迷い、立ち止まる女性もいるのでは。

ユナイテッドアローズで女性初かつ最年少で執行役員となり、41歳で出産を経験した山崎万里子さんもその一人でした。リプロエージェントが1月30日に開催したイベント「高齢出産のリアル・育児に活かせた仕事のノウハウ」に登壇した山崎さんの実体験をレポートします。

■40歳で人生の棚卸しをして「子どもが欲しい」と思った

山崎さんが結婚したのは、36歳のとき。結婚当初は子どもを持とうとは思っていなかった山崎さんに心境の変化が起きたのは、自分の人生を棚卸ししたときだったといいます。

「こなしてきた莫大な量の仕事の達成感しかないことに気づき、生き方や働き方を変えるべきなのではないかと思ったんです。そのときに頭に浮かんできたのは子どもを持つ暮らしでした」

このとき山崎さんは40歳。夫に「子どもが欲しい」と結婚以来初めて伝え、妊活をスタートしました。妊活半年で自然妊娠したものの、山崎さんは染色体異常などの遺伝子リスクに直面します。

「妊娠中の体調は絶好調。でも41歳での妊娠ですから、遺伝子リスクはありました」。ダウン症などの染色体異常が起こるリスクは、20歳では1/1600であるのに対し、40歳では1/100と、年齢が上がるにつれて確実に上がっていくというデータがあります。

「妊娠中にNIPT(出生前遺伝学的検査)という最新の出生前診断を行い、結果は異常なしで安心しました。でも、万が一異常が出たときは出産しないと決めていたんです。これから出生前診断を受ける女性は、検査結果を見てどうするかを、あらかじめ決めておくことが大切だと思います」

その後、和痛分娩で元気な男の子を出産。出産時の痛みはお腹がチクチクする程度だったそう。

■すべては子どもの笑顔が基準! 巷の情報に惑わされない

出産を経て、いよいよ自宅での子育てがスタート。山崎さんは、仕事が好きな女性ほど気をつけるべきことがあると話します。

「完璧主義やこだわりの強さは、産後うつの原因になるので要注意です。赤ちゃんはミルクを飲まなかったり、気まぐれに泣いたりします。私はそういった『自分でコントロールできない状況』に陥って、うつになりかけました。だから、全部自分でやるのをやめたんです。育児だけで大変なのに、そこに仕事が加わればパンクしますから。両親と夫、私の4人体制で育児に臨みました。

こういうときは自己肯定が大切なんです。私は平日に子どもと過ごす時間は2時間ほどしかありません。母が食事の用意をしてくれるし、『母親としてこれでいいのかな?』と感じることがあります。でも、判断基準は子どもの笑顔です。子どもが笑顔でいるならば、これでいいのだと思うことにしています」

リラックスして、ストレスをためずに子育てをするには「ほど良く手抜きをする」「頑張らないことを頑張る」「行動の基準は、ネット上にあふれる情報ではなく、子どもの笑顔をベースにする」が重要だと山崎さんは言います。

■産む前にやっておきたい2つの意識改革

続いて話は、高齢出産に備えてどんな準備をしておくといいか、といったテーマに。

「1つめは、量ではなく質で仕事をするよう、切り替えておくこと。量だけで仕事をしていると、復職したときに絶対にこなせません。2つめは、自分にしかできない仕事を作っておくこと。復職したときに自分が楽ですし、新しい仕事にチャレンジする機会を得られやすいですから」

高齢出産をする女性の場合、会社でのキャリアがあるため仕事に裁量を持っていることもあります。仕事のペースなどの要望を出しやすいというメリットを享受しつつも、よりチャレンジできる環境に向けて、出産前から備えておくことは必須だと山崎さんは強調しました。

「分娩の仕方、仕事の仕方……どれも正解はありません。フルタイムを希望する人、時短勤務を希望する人など、個人の考え方や状況によって様々でしょう。どんなケースであれ大切なのは、自分のビジョンを持ちながらも、完璧を求めないこと。妊活や子育ては予想外のことばかりですから、理想が高すぎると参ってしまいます。しなやかな軌道修正力と自分で自分を幸せにすることが大切です」

女性の活躍がめざましい現代だからこそ、仕事と子育てをどう両立させるかが課題になっています。「子育ては母親がやるもの」といった、既存の価値観にとらわれるのはやめて、ひとりで抱え込まず、周囲の力も上手く借りながら、柔軟な発想で仕事と子育てに取り組みたいものです。

Text/Photo=薗部雄一

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


結婚 高齢出産 働き方

関連する投稿


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

選択の思考停止が、結婚を”人生の墓場”にする

なんとなく、結婚は恋愛のゴールと思ってしまうところがあるけれど、結婚のゴールはどこだろうか? 死だろうか。そう考えてしまうと元も子もないが、ゴールに向かうまでに私たちはいくつかの選択肢が用意されている。


女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性の結婚のタイミングを考える。男女で異なる婚期を逃す理由

女性が活躍できる機会も増え始め、結婚のタイミングが掴めないという方もたくさんいるのではないでしょうか? この記事では、世の働いている女性はどのように結婚のタイミングを見計らっているのかについてご紹介していきます。


最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい