夫婦という人生の同僚 前編

夫婦という人生の同僚 前編

みなさま、はじめまして。イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。


みなさま、はじめまして。
イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。
今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。



 

私たち夫婦は、夫がグラフィックデザイナーで、私がイラストレーター。そして少し面白いのが夫婦共にアートディレクターです。2人で一緒に仕事をしているので「クリエイティブユニット」と名乗っています。



 

「クリエイティブユニット」が分かりにくいかな、と思うのでご説明いたします。

私たちの「クリエイティブ」とは、デザインに関わるモノやコトを創る仕事です。
<商品パッケージ>から<企業のロゴマーク><雑誌やカタログの挿絵>や<布のテキスタイル><プロダクトのデザイン>まで、ご相談いただいて私たちで創れそうなモノであれば、創ります。もう少し大きな範囲だと<ブランディング>と言って、企業やブランドの持つ情報を「デザイン」というツールで整理整頓をしたりもします。

夫がデザインしたモノに私が挿絵を付けたり、私の作るホームページのロゴを夫に作ってもらったり。夫が印刷の入稿準備をしている間に2人のポーフォリオ(作品集のこと)を更新したり、経理をしたりすることもあります。同業異種なので、1つの仕事を仕上げるのにパート分けして作業をしていきます。

このような感じで、夫婦でクリエイティブ業を生業としているので「ユニット」になります。
2人で働くというのは、感覚的にお笑いコンビやボーカルデュオに近いかも知れません。創るモノが「笑い」か「唄」か「デザイン」かの違いでしょうか。



 

これからの本文がイメージしやすくなるので、私の事を少しお話しさせてください。

私は現在35歳。夫がいるので既婚者です。子供はいません。ちなみに今の結婚は2回目です。なので離婚経験者の既婚者です。小柄で髪型はショートカット、丸い眼鏡をかけています。右利きです。本と漫画を読むのが好きです。モノトーンの服を好みます。

仕事の経歴が少し変わっています。高校在学中の17歳からプロのイラストレーターとしてキャリアがスタートしました。大学などには行っておらず、少し早い社会人デビューをしています。35歳ですが社会人歴は16年あります。就職活動の経験はなく、社会人になってからは形態は色々と変化していますが、のらりくらりフリーランスに近い働き方をしています。

以上、自己紹介でした。みなさまの頭の中や心の中に、私のイメージができあがっていたら幸いです。



 

それでは冒頭の「夫婦で働くこと」の話にもどります。

私たちは夫婦であり、同僚であり、恋人であり、親友です。上司も部下も先輩も後輩もいません。仕事においても、家事においても、何を決めるにも2人で相談して決めます。役割分担もあまりありません。2人の唯一のルールは<しめきり最優先>だけです。

家事は3年一緒に暮らしてきた中で、お互いの得意なモノを自然にするようになりました。夫は<洗濯・ゴミ出し・整理整頓・郵便物の整理>で、私は<料理・お風呂掃除・床掃除・経理>です。ただ、この境界線も曖昧で「今日はしめきりがあるから、これはお願い」とか「今週暇だからたまってる家事があったらするよ」のように、毎朝お互いの仕事の予定や進み具合を確認しあって決めています。



 

2人とも忙しいときは思い切って「今日は2人でサボりましょう。」という選択肢を選ぶこともあります。1〜2日家事をサボっても死ぬわけではないので、その辺もあまりきっちり決めていません。

後編では「一緒に働いて、一緒に生きていく」という生き方のアイディアをいくつか紹介します。

後編はこちらから

夫婦という人生の同僚 後編
https://p-dress.jp/articles/1366

兎村彩野さんの記事一覧

この記事のライター

Illustrator / Art Director

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウ...

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第5回では、ヨガライフアドバイザーの渋木さやかさんをお招きしました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

【誰でもできる、本業で社会貢献】#4 実践編~LIXIL

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第4回目からは、実際に本業で社会貢献に取り組んでいる日本企業を見ていきます。今回登場するのは開発途上国にトイレを贈るプロジェクトを行っているLIXILです。


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「愛は技術」が教えてくれた、孤独から脱する方法【結婚は、本から学ぶ #6】

「愛は技術」が教えてくれた、孤独から脱する方法【結婚は、本から学ぶ #6】

本を通して恋愛や結婚について学ぶ本連載の第6回では、川崎貴子さんの『愛は技術』について書きました。様々なメディアで婚活女性を応援する記事を書いている川崎さんが、自分の人生を通して学んできた愛する技術について惜しみなく語っている一冊です。


最新の投稿


たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、いつも素敵なイラストやコラムを執筆してくださっている兎村彩野さんが、自身の大切にしている肌ケア習慣をご紹介します。


肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は肌をつくる食生活を見直します。美肌をつくる食事法を皮膚科医の赤池智子先生に伺いました。


宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

ノバレーゼは、一口サイズで色とりどりのロール寿司12種を36貫詰め合わせたお花見弁当を、東京・銀座の創作和食店「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」で、2月19日~4月28日まで販売します。大人数向けから1〜2人向けのものまでご用意。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

手相で「開運」を表す線の代表といえば「向上線」と「希望線」です。どちらの線も、開運して成功をつかむことができる運をもっています。向上線では開運の時期がわかりますので、その時期を目標にして頑張りましょう。希望線は夢をもつことで開運力が高まります。まずは夢や目標を見つけましょう。