兎村 彩野 さんが 2016/01/07 に更新
夫婦という人生の同僚 前編

夫婦という人生の同僚 前編

みなさま、はじめまして。イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。

夫婦 ルール 共同作業 仕事 兎村彩野のコラム一覧

みなさま、はじめまして。
イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。
今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。


 

私たち夫婦は、夫がグラフィックデザイナーで、私がイラストレーター。そして少し面白いのが夫婦共にアートディレクターです。2人で一緒に仕事をしているので「クリエイティブユニット」と名乗っています。


 

「クリエイティブユニット」が分かりにくいかな、と思うのでご説明いたします。

私たちの「クリエイティブ」とは、デザインに関わるモノやコトを創る仕事です。
<商品パッケージ>から<企業のロゴマーク><雑誌やカタログの挿絵>や<布のテキスタイル><プロダクトのデザイン>まで、ご相談いただいて私たちで創れそうなモノであれば、創ります。もう少し大きな範囲だと<ブランディング>と言って、企業やブランドの持つ情報を「デザイン」というツールで整理整頓をしたりもします。

夫がデザインしたモノに私が挿絵を付けたり、私の作るホームページのロゴを夫に作ってもらったり。夫が印刷の入稿準備をしている間に2人のポーフォリオ(作品集のこと)を更新したり、経理をしたりすることもあります。同業異種なので、1つの仕事を仕上げるのにパート分けして作業をしていきます。

このような感じで、夫婦でクリエイティブ業を生業としているので「ユニット」になります。
2人で働くというのは、感覚的にお笑いコンビやボーカルデュオに近いかも知れません。創るモノが「笑い」か「唄」か「デザイン」かの違いでしょうか。


 

これからの本文がイメージしやすくなるので、私の事を少しお話しさせてください。

私は現在35歳。夫がいるので既婚者です。子供はいません。ちなみに今の結婚は2回目です。なので離婚経験者の既婚者です。小柄で髪型はショートカット、丸い眼鏡をかけています。右利きです。本と漫画を読むのが好きです。モノトーンの服を好みます。

仕事の経歴が少し変わっています。高校在学中の17歳からプロのイラストレーターとしてキャリアがスタートしました。大学などには行っておらず、少し早い社会人デビューをしています。35歳ですが社会人歴は16年あります。就職活動の経験はなく、社会人になってからは形態は色々と変化していますが、のらりくらりフリーランスに近い働き方をしています。

以上、自己紹介でした。みなさまの頭の中や心の中に、私のイメージができあがっていたら幸いです。


 

それでは冒頭の「夫婦で働くこと」の話にもどります。

私たちは夫婦であり、同僚であり、恋人であり、親友です。上司も部下も先輩も後輩もいません。仕事においても、家事においても、何を決めるにも2人で相談して決めます。役割分担もあまりありません。2人の唯一のルールは<しめきり最優先>だけです。

家事は3年一緒に暮らしてきた中で、お互いの得意なモノを自然にするようになりました。夫は<洗濯・ゴミ出し・整理整頓・郵便物の整理>で、私は<料理・お風呂掃除・床掃除・経理>です。ただ、この境界線も曖昧で「今日はしめきりがあるから、これはお願い」とか「今週暇だからたまってる家事があったらするよ」のように、毎朝お互いの仕事の予定や進み具合を確認しあって決めています。


 

2人とも忙しいときは思い切って「今日は2人でサボりましょう。」という選択肢を選ぶこともあります。1〜2日家事をサボっても死ぬわけではないので、その辺もあまりきっちり決めていません。

後編では「一緒に働いて、一緒に生きていく」という生き方のアイディアをいくつか紹介します。

後編はこちらから

夫婦という人生の同僚 後編
https://p-dress.jp/articles/1366

兎村彩野さんの記事一覧
https://p-dress.jp/keyword/key_1439

関連する投稿


【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

新刊『自分と毎日が輝き出す50の習慣』出版記念トークライブで長谷川朋美さんが語った、本には書かれていない習慣を6つご紹介します。


他力本願な「結婚したら幸せになれる」を卒業するコミュニケーション術

他力本願な「結婚したら幸せになれる」を卒業するコミュニケーション術

友人から紹介され、話題の新書『夫に死んでほしい妻たち』を読んだ兎村彩野さん。その内容に衝撃を受けた兎村さんが、幸せな夫婦であり続けるためのコミュニケーションのとりかたを考えます。


海老蔵・麻央夫妻の生き様に見る「夫婦の恋、家族の愛」

海老蔵・麻央夫妻の生き様に見る「夫婦の恋、家族の愛」

乳ガン闘病という過酷な状況に耐える麻央さん、深い愛情を持って妻を支える海老蔵さん。幸福な結婚とはどのようなものかという問いへの解を、ふたりの姿に見ることができる。


高島礼子、涙の謝罪会見に思う「夫婦でい続ける意味」

高島礼子、涙の謝罪会見に思う「夫婦でい続ける意味」

覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕された元俳優・高知東生容疑者の妻、女優の高島礼子が会見を行なった。謝罪会見で高島が語ったこととは。浮かび上がってきた二人の夫婦生活に思うこと。夫婦って一体何なんだろう。


理想の日々は、理想のパートナーと共にある。

理想の日々は、理想のパートナーと共にある。

夫婦に限らず、共に生きるパートナーはかけがえのない存在。 日々の生活で忘れてしまいそうになる夫との原点を振り返ってみました。彼はまさに、理想とする幸せな日々を実現させてくれる運命共同体! みなさんもパートナーとのはじまりを思い起こしてみると、改めて感謝の気持ちが溢れてくるはずです。


最新の投稿


【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

婚活がうまくいかなくて悩んでいるあなた。男性から選んでもらおうとしていませんか? 選んでもらうのではなく、選ばせる女性になる。「惚れさせ体質の女」になることこそ、最強の婚活必勝法。すぐやることで身に着くPractice。さあ、あなたも今すぐ始めましょう。


今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

8月発売のコスメをピックアップ!


「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


【札幌DRESS部】オバさんっぽさとこなれ感の違いって? ヘアアレンジイベントをレポート!

【札幌DRESS部】オバさんっぽさとこなれ感の違いって? ヘアアレンジイベントをレポート!

6月に開催した札幌DRESS部企画「自分に似合うまとめ髪」”ヘアアレンジレッスン”。好評につき、第二回目のイベントが開催されました。札幌DRESS部運営チームの神田さんがレポートします。