兎村 彩野 さんが 2016/01/07 に更新
夫婦という人生の同僚 前編

夫婦という人生の同僚 前編

みなさま、はじめまして。イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。

夫婦 ルール 共同作業 仕事 兎村彩野のコラム一覧

みなさま、はじめまして。
イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。
今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。


 

私たち夫婦は、夫がグラフィックデザイナーで、私がイラストレーター。そして少し面白いのが夫婦共にアートディレクターです。2人で一緒に仕事をしているので「クリエイティブユニット」と名乗っています。


 

「クリエイティブユニット」が分かりにくいかな、と思うのでご説明いたします。

私たちの「クリエイティブ」とは、デザインに関わるモノやコトを創る仕事です。
<商品パッケージ>から<企業のロゴマーク><雑誌やカタログの挿絵>や<布のテキスタイル><プロダクトのデザイン>まで、ご相談いただいて私たちで創れそうなモノであれば、創ります。もう少し大きな範囲だと<ブランディング>と言って、企業やブランドの持つ情報を「デザイン」というツールで整理整頓をしたりもします。

夫がデザインしたモノに私が挿絵を付けたり、私の作るホームページのロゴを夫に作ってもらったり。夫が印刷の入稿準備をしている間に2人のポーフォリオ(作品集のこと)を更新したり、経理をしたりすることもあります。同業異種なので、1つの仕事を仕上げるのにパート分けして作業をしていきます。

このような感じで、夫婦でクリエイティブ業を生業としているので「ユニット」になります。
2人で働くというのは、感覚的にお笑いコンビやボーカルデュオに近いかも知れません。創るモノが「笑い」か「唄」か「デザイン」かの違いでしょうか。


 

これからの本文がイメージしやすくなるので、私の事を少しお話しさせてください。

私は現在35歳。夫がいるので既婚者です。子供はいません。ちなみに今の結婚は2回目です。なので離婚経験者の既婚者です。小柄で髪型はショートカット、丸い眼鏡をかけています。右利きです。本と漫画を読むのが好きです。モノトーンの服を好みます。

仕事の経歴が少し変わっています。高校在学中の17歳からプロのイラストレーターとしてキャリアがスタートしました。大学などには行っておらず、少し早い社会人デビューをしています。35歳ですが社会人歴は16年あります。就職活動の経験はなく、社会人になってからは形態は色々と変化していますが、のらりくらりフリーランスに近い働き方をしています。

以上、自己紹介でした。みなさまの頭の中や心の中に、私のイメージができあがっていたら幸いです。


 

それでは冒頭の「夫婦で働くこと」の話にもどります。

私たちは夫婦であり、同僚であり、恋人であり、親友です。上司も部下も先輩も後輩もいません。仕事においても、家事においても、何を決めるにも2人で相談して決めます。役割分担もあまりありません。2人の唯一のルールは<しめきり最優先>だけです。

家事は3年一緒に暮らしてきた中で、お互いの得意なモノを自然にするようになりました。夫は<洗濯・ゴミ出し・整理整頓・郵便物の整理>で、私は<料理・お風呂掃除・床掃除・経理>です。ただ、この境界線も曖昧で「今日はしめきりがあるから、これはお願い」とか「今週暇だからたまってる家事があったらするよ」のように、毎朝お互いの仕事の予定や進み具合を確認しあって決めています。


 

2人とも忙しいときは思い切って「今日は2人でサボりましょう。」という選択肢を選ぶこともあります。1〜2日家事をサボっても死ぬわけではないので、その辺もあまりきっちり決めていません。

後編では「一緒に働いて、一緒に生きていく」という生き方のアイディアをいくつか紹介します。

後編はこちらから

夫婦という人生の同僚 後編
https://p-dress.jp/articles/1366

兎村彩野さんの記事一覧
https://p-dress.jp/keyword/key_1439

関連する投稿


「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

夫婦のように超近距離な人間関係も、信じるのは半分くらいでいいし、疑うのも半分くらいでいい――。「半信半疑」でいようとすることは、リスクを考える余裕を生み出し、幸せを運んでくるコツなのかもしれません。


オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンとオフを分けたい人もいれば、兎村彩野さんのようにオンとオフをゆるやかにつなげた「半オン半オフ」状態で過ごしたい人もいます。オンオフが溶け合った曖昧な暮らしから見えてきたこと、気づいたことを綴ります。


【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

新刊『自分と毎日が輝き出す50の習慣』出版記念トークライブで長谷川朋美さんが語った、本には書かれていない習慣を6つご紹介します。


他力本願な「結婚したら幸せになれる」を卒業するコミュニケーション術

他力本願な「結婚したら幸せになれる」を卒業するコミュニケーション術

友人から紹介され、話題の新書『夫に死んでほしい妻たち』を読んだ兎村彩野さん。その内容に衝撃を受けた兎村さんが、幸せな夫婦であり続けるためのコミュニケーションのとりかたを考えます。


海老蔵・麻央夫妻の生き様に見る「夫婦の恋、家族の愛」

海老蔵・麻央夫妻の生き様に見る「夫婦の恋、家族の愛」

乳ガン闘病という過酷な状況に耐える麻央さん、深い愛情を持って妻を支える海老蔵さん。幸福な結婚とはどのようなものかという問いへの解を、ふたりの姿に見ることができる。


最新の投稿


本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

夫や家族、地域のコミュニティや職場。様々なシチュエーションで人を悩ませるのが、人間関係です。誰かとの間に不協和音を感じていると、知らぬ間に大きなストレスを抱え込み、心身の不調をきたすことも。そんなとき、重く息苦しい状況を打破するための効果的な方法。それは、あなたの「思い」を相手の傍らへ「遣る」こと……。


アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

子ども向けのアニメで指摘されるジェンダーバイアスの問題。女の子や女性の描かれ方に違和感を覚えたことがある方もいるのでは? 子どもと一緒に人気番組を見て考えたことを中野円佳さんが3回に渡って綴ります。


美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

国立社会保障・人口問題研究所が昨年6月、18歳から34歳の未婚男女およそ5000人らを対象に実施した結婚、交際に関する調査結果が発表されました。男女共、意外に高かったのが結婚願望。一方、異性の交際相手がいない人の数は、前回5年前の調査から1割も増加。このデータ、あなたはどう見る?


「お洒落をしたい、を平等に」Fit Me Order Madeが叶える“既製服ではできないこと”

「お洒落をしたい、を平等に」Fit Me Order Madeが叶える“既製服ではできないこと”

「年齢や体型を超えて、女性がキラキラ輝くお手伝いをしたい」と会社員時代に、ライフワークとして「Fit Me Order made」を起ち上げた星田奈々子さん。フルオーダーメイドの洋服に込めた思いを伺いました。