夫婦という人生の同僚 前編

夫婦という人生の同僚 前編

みなさま、はじめまして。イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。


みなさま、はじめまして。
イラストレーター・アートディレクターの兎村彩野(ウサムラアヤノ)と申します。
今回よりDRESSで「夫婦で一緒に働くこと」というお話を書いていこうと思います。「え? 夫婦で一緒に働く? お店屋さん? レストラン?」と想像される方が多いかも知れませんが、私たちは少し違います。



 

私たち夫婦は、夫がグラフィックデザイナーで、私がイラストレーター。そして少し面白いのが夫婦共にアートディレクターです。2人で一緒に仕事をしているので「クリエイティブユニット」と名乗っています。



 

「クリエイティブユニット」が分かりにくいかな、と思うのでご説明いたします。

私たちの「クリエイティブ」とは、デザインに関わるモノやコトを創る仕事です。
<商品パッケージ>から<企業のロゴマーク><雑誌やカタログの挿絵>や<布のテキスタイル><プロダクトのデザイン>まで、ご相談いただいて私たちで創れそうなモノであれば、創ります。もう少し大きな範囲だと<ブランディング>と言って、企業やブランドの持つ情報を「デザイン」というツールで整理整頓をしたりもします。

夫がデザインしたモノに私が挿絵を付けたり、私の作るホームページのロゴを夫に作ってもらったり。夫が印刷の入稿準備をしている間に2人のポーフォリオ(作品集のこと)を更新したり、経理をしたりすることもあります。同業異種なので、1つの仕事を仕上げるのにパート分けして作業をしていきます。

このような感じで、夫婦でクリエイティブ業を生業としているので「ユニット」になります。
2人で働くというのは、感覚的にお笑いコンビやボーカルデュオに近いかも知れません。創るモノが「笑い」か「唄」か「デザイン」かの違いでしょうか。



 

これからの本文がイメージしやすくなるので、私の事を少しお話しさせてください。

私は現在35歳。夫がいるので既婚者です。子供はいません。ちなみに今の結婚は2回目です。なので離婚経験者の既婚者です。小柄で髪型はショートカット、丸い眼鏡をかけています。右利きです。本と漫画を読むのが好きです。モノトーンの服を好みます。

仕事の経歴が少し変わっています。高校在学中の17歳からプロのイラストレーターとしてキャリアがスタートしました。大学などには行っておらず、少し早い社会人デビューをしています。35歳ですが社会人歴は16年あります。就職活動の経験はなく、社会人になってからは形態は色々と変化していますが、のらりくらりフリーランスに近い働き方をしています。

以上、自己紹介でした。みなさまの頭の中や心の中に、私のイメージができあがっていたら幸いです。



 

それでは冒頭の「夫婦で働くこと」の話にもどります。

私たちは夫婦であり、同僚であり、恋人であり、親友です。上司も部下も先輩も後輩もいません。仕事においても、家事においても、何を決めるにも2人で相談して決めます。役割分担もあまりありません。2人の唯一のルールは<しめきり最優先>だけです。

家事は3年一緒に暮らしてきた中で、お互いの得意なモノを自然にするようになりました。夫は<洗濯・ゴミ出し・整理整頓・郵便物の整理>で、私は<料理・お風呂掃除・床掃除・経理>です。ただ、この境界線も曖昧で「今日はしめきりがあるから、これはお願い」とか「今週暇だからたまってる家事があったらするよ」のように、毎朝お互いの仕事の予定や進み具合を確認しあって決めています。



 

2人とも忙しいときは思い切って「今日は2人でサボりましょう。」という選択肢を選ぶこともあります。1〜2日家事をサボっても死ぬわけではないので、その辺もあまりきっちり決めていません。

後編では「一緒に働いて、一緒に生きていく」という生き方のアイディアをいくつか紹介します。

後編はこちらから

夫婦という人生の同僚 後編
https://p-dress.jp/articles/1366

兎村彩野さんの記事一覧

この記事のライター

Illustrator / Art Director

1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウ...

関連するキーワード


夫婦 働き方

関連する投稿


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活