経沢 香保子 さんが 2016/01/04 に更新
評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

六本木交差点を歩いていると、携帯電話が鳴った。耳をあてると某銀行から。「審査の結果をお伝えします。当行では、御社の口座開設はできません」。そう一方的に告げられ、頭が混乱した。

女性 自由 仕事 経沢香保子

六本木交差点を歩いていると、携帯電話が鳴った。耳をあてると某銀行から。「審査の結果をお伝えします。当行では、御社の口座開設はできません」。そう一方的に告げられ、頭が混乱した。街の喧噪のせいで聞き間違いかと思って「融資のお願いではなく、口座開設のお願いですが」と聞き返すと「そうです、できません」ときっぱり。2度めの起業は社会のインフラサービスを目指しているから、すべての銀行と取引しようかと進めていた矢先の出来事だった。 

1社めである程度の実績を残したとの自負心もあったから、驚きとやり場のない怒りとわずかな後悔で体中の力が抜けた。ゼロからのスタートを覚悟していたものの、私の信用までがリセットされたのか。滑り出しがこの調子では、前途多難なのではないか、と弱気が首をもたげてきた。 

もちろん、前の会社で付き合いのあった銀行と個人口座がある銀行は喜んで口座を開設してくれたから事業に問題はまったくなかった。でも、一行に断られたショックは思いのほか大きく、その銀行と取引のある知人に話をせずにはいられなかった。せめて理由を知りたかった。 

心情を察してくれた知人はすぐに一本の連絡をいれてくれた。すると、その某銀行の別支店との面会の機会を得、支店によってルールが異なるため運悪く開設できない事情のお詫びとともに、早急に口座開設をしてくれた。その上、御社のようなベンチャーを支援したいと、以前からお会いしたかった人をご紹介頂いた。電話一本をきっかけに、状況は180度変わったのだ。私のことをよく知っていて、信じてくれている知人の打診で、期待以上の展開に。 

そのときに改めて気づいた。他者からの評価は無理に得なくてよいと。相手の事情もあり、同じ状況でも評価されるときもされないときもある。つまり、評価というのは一時的であり、認められようという努力を最優先すべきではない。ましてやそれに一喜一憂し、勝手に絶望したならば、未来の可能性の芽を自分で摘んでしまうことになりかねない。就職活動で一社落ちたって、たった一人の異性に振られたって、人生は終わらない。 

そういえば、こんなこともあった。以前の会社で某VCの出資担当に言われた。「あなたの会社のリスクは、結婚しているあなたの妊娠出産です。だから出資できません」。心底驚いた。私はそれまで、介護の必要な長女を産んでも、翌年次男を産んでも、創業以来売上げを下げた事はなかった。しかも、女性が輝く社会を実現しようとしてる張本人にとって、育児と仕事の両立経験は、社会にとっても会社にとってもプラスのはずだ。 相手は「女性が子供を産めば仕事どころではない」そういう常識だとしたら、それをすぐに変えるのは難しい、説明しても分からない人に理解いただく努力より、私は他の株主と組むことを選んだ。

このようなシーンは他にもあるだろう。

人は誰しも「信じてもらいたい」生き物だ。肯定は生存の証でもある。でも、その思いが大きくなりすぎると、信じてもらえないことにイライラしたり、自分を正当化するばかりで、前に進めなくなる。 そして、同時に、人は、信じたいものを信じ、信じたくないものは信じない生き物だ。だから、信じてくれない相手に、どんなに働きかけても徒労に終わるのかもしれない。

もちろん、だからといって、単に、願っていれば、誰かが信じてくれるわけでもない。だからこそ、口先の戦いより、未来に行動したほうが近道で生産的だ。行動は絶対あなたを裏切らない。動いて、前進していれば、必ず誰かが見ている。評価を得ること、信じてもらうことは人生の目的ではない。自ら状況を切り開き、自分の想いを形にすることこそ人生だ。そうやって、いつかあなたの信じてたものが、誰もが目に見える形となり、結果で証明され、すべてがひっくり返る。そして、そのとき、なによりも、その状況に、あなたが一番癒され、満たされ、真の評価を得るはずだから。

評価より、信念のために行動しよう。
それが女性の自由への近道。


経沢香保子

Text / Kahoko Tsunezawa
DRESS 2015 1月号 P.131 掲載

つねざわ かほこ
桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳の時に自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円~即日手配可能な 安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。オンラインサロン「ちゅうつねカレッジ」も人気。

公式ブログ「人生を味わい尽くすBlog」
Kahoko Tsunezawa Facebook
Kahoko Tsunezawa Twitter

関連する投稿


【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

【長谷川朋美 連載 #5】自分と毎日が輝き出す習慣<後編>

新刊『自分と毎日が輝き出す50の習慣』出版記念トークライブで長谷川朋美さんが語った、本には書かれていない習慣を6つご紹介します。


すべての恋愛は自分をつくる。だから、妥協の恋愛はやめよう。

すべての恋愛は自分をつくる。だから、妥協の恋愛はやめよう。

「仕事と恋愛は両立できる?」そう尋ねる人がときどきいるけれど、実はそのふたつは深いところでつながっている。本当に好きな相手と素晴らしい恋愛をするなかで、人は自らを磨く努力を怠らなくなり、結果、人生も輝き始めるから。


女を磨く離婚道 #6 DV夫と別れて人生が変わった

女を磨く離婚道 #6 DV夫と別れて人生が変わった

もし今、DVに悩んでいる人がいたら2つの未来を想像してみて欲しい。その夫と10年先も同じ生活を送るか、思い描いた幸せを実現する生活を送るか。生活を共にした夫婦の情は、時に決心を鈍らせてしまうけれど、私は「違う人生を生き直したい」と前だけを向いた。その結果、充足感に満ちた暮らしを手にすることができた。


仕事も恋愛も美も全部手に入れる。年収1000万円超の輝く女性に学ぶ8つの哲学

仕事も恋愛も美も全部手に入れる。年収1000万円超の輝く女性に学ぶ8つの哲学

働く女性にとって年収1000万円超は夢、なんかじゃない。しかも、恋愛や結婚、美しさ、趣味も……女性がほしいものをすべて手に入れながら、高収入は実現できる。先輩の哲学から学ぼう。


一人ひとり理想の働き方は違うから。「ママだからバックオフィス」という固定観念を捨てよう【ワーキングマザー会議 後編】

一人ひとり理想の働き方は違うから。「ママだからバックオフィス」という固定観念を捨てよう【ワーキングマザー会議 後編】

子育てをしながら働けるという環境を与えられ、自分はどんな形で会社に貢献することができるか?+αで何ができるのか? 母であり一社会人でもある女性たちが、ワーキングマザーとしての心構えについて意見を交わしたミーティングの模様、後編をお届けします。


最新の投稿


結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

結婚に焦りすぎると重い女に【シモ8タロット占い】

20代のときに片想いをしていた男性と再会した37歳女性。高収入、高学歴の彼をなんとかモノにしたい……。悩める女性に対し、タロットのお告げとは。


島袋寛子が婚約! 12歳差のカップルを「デキ婚?」と想像してしまう女の結婚観

島袋寛子が婚約! 12歳差のカップルを「デキ婚?」と想像してしまう女の結婚観

島袋寛子さんが12歳年下の俳優の早乙女友貴さんとの婚約を発表。「一回りも違うの!?」と驚いた方もいるのでは。でも、その「12歳差の姉さん女房」を、特殊扱いしてしまう価値観が、女を不自由にし、女の幸せを凝り固まらせているのかもしれない。


美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

美しさは口元から♡ 美容イベントをレポート

9月29日、恵比寿で美容セミナー『アンチエイジングは顔下半分から』と題して、講師の野本歯科医師と、 リフトアップ美容液 PIM(ピム)ハイドヴェール施術体験会が開催されました。


借金の悩みとおさらば。債務整理で心と返済金額が軽くなる

借金の悩みとおさらば。債務整理で心と返済金額が軽くなる

「今月の生活費が足りない」「急な病気で」など、私たちが生きていく中で、お金はどうしたって必要です。実は借金がある……なんて女性も少なくありません。少しの金額がいつの間にか多額になっているケースも。そんなときは、「債務整理」をするだけで、「お金を返さなきゃ」という切迫感から解放されます。


この世界に入るきっかけを作ってくれたのは両親【レーシングドライバー・山田遼選手インタビュー #1】

この世界に入るきっかけを作ってくれたのは両親【レーシングドライバー・山田遼選手インタビュー #1】

レーシングドライバー・山田遼選手のインタビューを3回に渡ってお届けします。