美人じゃなくて良かった

美人じゃなくて良かった

どんな人でも歳を重ねれば、若かった過去の顔には戻りません。今回は「外見」ではなく「内面」をアイデンティティーにしていく大切さについて、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。アラフォーになって「美人じゃなくてよかった」と語る彼女の考えとは。


■美人じゃなくて良かった

こんにちは。

アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。

色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。単純に「女」という意味で「美人なんたら(女医とか)」と付けられるとものすごーく居心地が悪い。

ほんまに放っといてほしいです。

そんな私ですが、アラフォーになって、美人じゃなくて良かったと心底思うようになりました。

正確に言うと、外見の美しさが自分のアイデンティティーでなくて良かったということです。女性の美しさとは、こと東アジアにおいては若さと同義語です。男性の若さにも多少価値を見出されることはあるでしょうが、いい感じにシルバーグレーのおじさまになるという道もあることに比べると、女性の場合はやはり何歳になっても若く見えることが美の必須条件ですよね。

テレビに出ているアナウンサーも、男性はおじさんになっても出続けている人が多くいますが、女性のアナウンサーは新陳代謝が早い。

「女性の価値は若さじゃないんだ!」って思いますけれど、女性の方も「美魔女」とか「マイナス5歳肌」に憧れる人が多いわけで、女優さんや女性芸能人も妙齢になればアンチエイジングや女性ホルモン補充療法をしている人も「ちらほら」よりは多いのではないかと。

年齢を重ねて外見が老けてきても美容医療に頼ればいいじゃない、と思われる方もいらっしゃると思いますが。うーん、どうかなあ。

私は美容医療やアンチエイジングが専門の医者ではありませんが、友人知人で美容医療を専門にしている幅広い年齢の女医さんがたくさんいます。

彼女たちの中には自分にそういった施術をしている人もいます。美人もたくさん。医師が自分に行う医療ですから、最先端で信頼できるものを選んで行っていることでしょう。さりげなくされている分にはいいのですけど、やり過ぎというか不自然な人も……。

たるみやシワを伸ばすために皮膚の下に注入したもののせいで顔が一回り大きくなっている人とか……ごにょごにょ。女医さんでもですよ。

■若い頃の自分と比較しない

そんな訳で、医療は魔法ではないので、シワを伸ばしたりシミを消したりしても、若かった過去の顔には戻りません。アラフォーくらいになると、さすがに20代に見える人はいませんし、外見の美しさが長年アイデンティティーだったという人は多かれ少なかれアイデンティティクライシスを起こしがちです。

そこで、充実したそれまでの人生の時間とともに老いを受け入れられるとか、多少老いても同年代の他の人より若く見えたり美しかったりすることでアイデンティティを保てるといいのですが、ちらほらいる「迷走」する人を見ていると、美人じゃなくて良かったと心底思います。

そんな十人並みの容姿の私も老けはしますが、2回目の高齢出産と育児の同時進行のせいで美容院やネイルサロンはおろか、毎日の化粧、いやお風呂上がりのスキンケアすら満足にできない日々です。経年変化にショックを感じたり抵抗したりする余裕もなく、一気にいろんなものを諦め、今の自分を受け入れています。

女性の平均寿命を考えると、アラフォーはまだ折り返し点にもきていません。
若い頃の自分の写真と比べるのではなく、年齢相応の美しさと内面をアイデンティティーにしていきたいものですね。

宋 美玄のページ

https://p-dress.jp/users/205

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

産婦人科女医に「月経がない」理由

https://p-dress.jp/articles/2100

月経=1週間ナプキンをあて続ける生活、はあたりまえではありません。月経のない暮らしや月経があっても出血量が少ない産婦人科女医たち。彼女たちは一体どうしているの? 宋美玄先生が解説します。

この記事のライター

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連する投稿


医師が実践する、アンチエイジングな食事術

医師が実践する、アンチエイジングな食事術

アンチエイジング生活、アンチエイジングを意識した食事を始めて7〜8年になる医師の今野裕之先生。自ら実践するなかで、老化はコントロールできる、と実感。アンチエイジング生活を始める上で押さえたい、「酸化」「炎症」「糖化」を詳しく解説します。


プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

プロの美容師が推薦。選ぶならこのドライヤーがおすすめ

エイジングに伴うお肌や髪の悩みはドライヤーで解決できるかもしれません。パサつきやたるみ、根元のボリュームダウンetc.。最近のドライヤーは美容機器としての機能に優れているんです。2種類の高機能ドライヤーを比較しつつ、おすすめの理由をご紹介します。


美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

40代からの美しい腹筋はジムではなく食事から作られる! 欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした、最短で痩せる究極の食事法を公開した『最少の努力でやせる 食事の科学』が発売となりました。


ニールズヤード史上、最高峰の集中美容液ができました

ニールズヤード史上、最高峰の集中美容液ができました

ハーバルサイエンスを駆使したオーガニックのプレミアムエイジングケア「フランキンセンスインテンスシリーズ」から、ハリのもとからグッと底上げし、しなやかな肌へ導く集中トリートメントセラムが新登場。


アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。コンサルタントとして毎日慌ただしく働くユキ・クリヤマさんは、情報収集する時間はあまりないけど、周りの空気を読んで投票することはしたくない、と話してくれました。そんなクリヤマさんが考える【わたしの選挙】とは――?


おっぱい

MENU

DRESS部活