美人じゃなくて良かった

美人じゃなくて良かった

どんな人でも歳を重ねれば、若かった過去の顔には戻りません。今回は「外見」ではなく「内面」をアイデンティティーにしていく大切さについて、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。アラフォーになって「美人じゃなくてよかった」と語る彼女の考えとは。


■美人じゃなくて良かった

こんにちは。

アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。

色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。単純に「女」という意味で「美人なんたら(女医とか)」と付けられるとものすごーく居心地が悪い。

ほんまに放っといてほしいです。

そんな私ですが、アラフォーになって、美人じゃなくて良かったと心底思うようになりました。

正確に言うと、外見の美しさが自分のアイデンティティーでなくて良かったということです。女性の美しさとは、こと東アジアにおいては若さと同義語です。男性の若さにも多少価値を見出されることはあるでしょうが、いい感じにシルバーグレーのおじさまになるという道もあることに比べると、女性の場合はやはり何歳になっても若く見えることが美の必須条件ですよね。

テレビに出ているアナウンサーも、男性はおじさんになっても出続けている人が多くいますが、女性のアナウンサーは新陳代謝が早い。

「女性の価値は若さじゃないんだ!」って思いますけれど、女性の方も「美魔女」とか「マイナス5歳肌」に憧れる人が多いわけで、女優さんや女性芸能人も妙齢になればアンチエイジングや女性ホルモン補充療法をしている人も「ちらほら」よりは多いのではないかと。

年齢を重ねて外見が老けてきても美容医療に頼ればいいじゃない、と思われる方もいらっしゃると思いますが。うーん、どうかなあ。

私は美容医療やアンチエイジングが専門の医者ではありませんが、友人知人で美容医療を専門にしている幅広い年齢の女医さんがたくさんいます。

彼女たちの中には自分にそういった施術をしている人もいます。美人もたくさん。医師が自分に行う医療ですから、最先端で信頼できるものを選んで行っていることでしょう。さりげなくされている分にはいいのですけど、やり過ぎというか不自然な人も……。

たるみやシワを伸ばすために皮膚の下に注入したもののせいで顔が一回り大きくなっている人とか……ごにょごにょ。女医さんでもですよ。

■若い頃の自分と比較しない

そんな訳で、医療は魔法ではないので、シワを伸ばしたりシミを消したりしても、若かった過去の顔には戻りません。アラフォーくらいになると、さすがに20代に見える人はいませんし、外見の美しさが長年アイデンティティーだったという人は多かれ少なかれアイデンティティクライシスを起こしがちです。

そこで、充実したそれまでの人生の時間とともに老いを受け入れられるとか、多少老いても同年代の他の人より若く見えたり美しかったりすることでアイデンティティを保てるといいのですが、ちらほらいる「迷走」する人を見ていると、美人じゃなくて良かったと心底思います。

そんな十人並みの容姿の私も老けはしますが、2回目の高齢出産と育児の同時進行のせいで美容院やネイルサロンはおろか、毎日の化粧、いやお風呂上がりのスキンケアすら満足にできない日々です。経年変化にショックを感じたり抵抗したりする余裕もなく、一気にいろんなものを諦め、今の自分を受け入れています。

女性の平均寿命を考えると、アラフォーはまだ折り返し点にもきていません。
若い頃の自分の写真と比べるのではなく、年齢相応の美しさと内面をアイデンティティーにしていきたいものですね。

宋 美玄のページ

https://p-dress.jp/users/205

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

この記事のライター

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連する投稿


恋愛、出産……女性器の悩みやコンプレックスを克服すれば、女の人生は輝き始める

恋愛、出産……女性器の悩みやコンプレックスを克服すれば、女の人生は輝き始める

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。


「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。


月経前症候群(PMS)がSNSでのネガティブ投稿や既読スルーの一因に?!(PMSに関するアンケート結果)

月経前症候群(PMS)がSNSでのネガティブ投稿や既読スルーの一因に?!(PMSに関するアンケート結果)

97%が生理前に不調を感じていると回答。宋美玄先生に伺ったところ、PMS対策には、婦人科の受診がおススメだそうです。


女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

ある調査によると20〜40代女性の約6割が女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている、と答えています。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


最新の投稿


エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏に人気のエスニックネイル。実は簡単にできます。マニキュアとプチプラ商品だけで素敵なエスニックネイルに仕上げる簡単なやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。今季エスニックネイルは特に人気で、100均でもたくさんのエスニックネイル風パーツが売られているので、チェックしてみてください。


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


DRESS部活