美人じゃなくて良かった

美人じゃなくて良かった

どんな人でも歳を重ねれば、若かった過去の顔には戻りません。今回は「外見」ではなく「内面」をアイデンティティーにしていく大切さについて、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。アラフォーになって「美人じゃなくてよかった」と語る彼女の考えとは。


■美人じゃなくて良かった

こんにちは。

アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。

色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。単純に「女」という意味で「美人なんたら(女医とか)」と付けられるとものすごーく居心地が悪い。

ほんまに放っといてほしいです。

そんな私ですが、アラフォーになって、美人じゃなくて良かったと心底思うようになりました。

正確に言うと、外見の美しさが自分のアイデンティティーでなくて良かったということです。女性の美しさとは、こと東アジアにおいては若さと同義語です。男性の若さにも多少価値を見出されることはあるでしょうが、いい感じにシルバーグレーのおじさまになるという道もあることに比べると、女性の場合はやはり何歳になっても若く見えることが美の必須条件ですよね。

テレビに出ているアナウンサーも、男性はおじさんになっても出続けている人が多くいますが、女性のアナウンサーは新陳代謝が早い。

「女性の価値は若さじゃないんだ!」って思いますけれど、女性の方も「美魔女」とか「マイナス5歳肌」に憧れる人が多いわけで、女優さんや女性芸能人も妙齢になればアンチエイジングや女性ホルモン補充療法をしている人も「ちらほら」よりは多いのではないかと。

年齢を重ねて外見が老けてきても美容医療に頼ればいいじゃない、と思われる方もいらっしゃると思いますが。うーん、どうかなあ。

私は美容医療やアンチエイジングが専門の医者ではありませんが、友人知人で美容医療を専門にしている幅広い年齢の女医さんがたくさんいます。

彼女たちの中には自分にそういった施術をしている人もいます。美人もたくさん。医師が自分に行う医療ですから、最先端で信頼できるものを選んで行っていることでしょう。さりげなくされている分にはいいのですけど、やり過ぎというか不自然な人も……。

たるみやシワを伸ばすために皮膚の下に注入したもののせいで顔が一回り大きくなっている人とか……ごにょごにょ。女医さんでもですよ。

■若い頃の自分と比較しない

そんな訳で、医療は魔法ではないので、シワを伸ばしたりシミを消したりしても、若かった過去の顔には戻りません。アラフォーくらいになると、さすがに20代に見える人はいませんし、外見の美しさが長年アイデンティティーだったという人は多かれ少なかれアイデンティティクライシスを起こしがちです。

そこで、充実したそれまでの人生の時間とともに老いを受け入れられるとか、多少老いても同年代の他の人より若く見えたり美しかったりすることでアイデンティティを保てるといいのですが、ちらほらいる「迷走」する人を見ていると、美人じゃなくて良かったと心底思います。

そんな十人並みの容姿の私も老けはしますが、2回目の高齢出産と育児の同時進行のせいで美容院やネイルサロンはおろか、毎日の化粧、いやお風呂上がりのスキンケアすら満足にできない日々です。経年変化にショックを感じたり抵抗したりする余裕もなく、一気にいろんなものを諦め、今の自分を受け入れています。

女性の平均寿命を考えると、アラフォーはまだ折り返し点にもきていません。
若い頃の自分の写真と比べるのではなく、年齢相応の美しさと内面をアイデンティティーにしていきたいものですね。

宋 美玄のページ

https://p-dress.jp/users/205

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

この記事のライター

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連する投稿


婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。


月経前症候群(PMS)がSNSでのネガティブ投稿や既読スルーの一因に?!(PMSに関するアンケート結果)

月経前症候群(PMS)がSNSでのネガティブ投稿や既読スルーの一因に?!(PMSに関するアンケート結果)

97%が生理前に不調を感じていると回答。宋美玄先生に伺ったところ、PMS対策には、婦人科の受診がおススメだそうです。


女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

「女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている」と回答した20〜40代の女性は約6割。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


最新の投稿


「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

「直塗りスティックタイプ」がUVカットコスメのトレンドに!?

日本未上陸の最新韓国コスメが到着。美白大国・韓国でトレンドのUVコスメは「直塗りスティックタイプ」!? ETUDE HOUSE、MISSHAなど、人気韓国ブランドが こぞって発売しているスティックコスメに注目です。


夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

夏の終わりのノスタルジア - 大人の読書感想文

少女時代、『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)を手に取ったことがある方は少なくないのでは。大人になった今、偶然読み返す機会がありました。気づけば8月も残り10日余り。読書感想文に気を重くしていたあの頃に懐かしさを感じます。夏の終わり、若い頃に読んだ本をもう一度読んでみては?


最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

最新作から限定品まで揃う。ジバンシイ リップスティック イベント

ジバンシイファンはもちろん、ジバンシイ製品をまだ利用したことのない方でも、 ジバンシイの魅力と世界観を存分に体感できるイベントをジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。


『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話あらすじ - 男はツラいよ? 女もツラい。皆それぞれ大変なのだ

『ウチの夫は仕事ができない』第7話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第7話では司の父が突然上京してきて、小林家に滞在することになる。


料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

料理が楽しくなる。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料

カルパッチョやサラダ、肉・魚料理にも。レモン果汁とオリーブオイルの万能調味料「塩とレモンとオリーブオイル」が8月21日より全国で新発売。かけるだけで美味しい一品に。