女性ホルモンに関する記事

女性が妊娠・出産の出来る身体にをつくるために、脳が指令を出し、卵巣でつくられる「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモンの総称である。


うつ病かと思ったら、副腎疲労症候群だった。

うつ病かと思ったら、副腎疲労症候群だった。

副腎疲労症候群(ふくじんひろうしょうこうぐん)をご存知ですか? 朝起きると人生が灰色に感じられた……。ホルモン治療の夢のような効果が消えた後は、崖から転げ落ちるような感覚があった。これはうつ病? ようやくたどりついたのは副腎疲労症候群という聞きなれない病。DRESS世代の女性にとって、他人ごとではないかもしれません。


【赤池智子 連載 #1】「ここから、これから……」DRESS世代女性へ送る医療コラム

【赤池智子 連載 #1】「ここから、これから……」DRESS世代女性へ送る医療コラム

医療にまつわる様々な情報があふれる昨今。どれを信用していいのかわからない、とお悩みの方も多いのでは。膨大な情報から取捨選択して確かな知識を得ること、周囲に流されず自分の考えを持つこと――今を生きる私たちに必要なスタンスを、医師・赤池智子さんの連載を通じて身につけていきましょう。


産婦人科女医に「月経がない」理由

産婦人科女医に「月経がない」理由

月経=1週間ナプキンをあて続ける生活、はあたりまえではありません。月経のない暮らしや月経があっても出血量が少ない産婦人科女医たち。彼女たちは一体どうしているの? 宋美玄先生が解説します。


女のカラダ都市伝説はどうして生まれるの?

女のカラダ都市伝説はどうして生まれるの?

皆さん都市伝説って信じてますか?女性の体に関する都市伝説は数多くありますが、都市伝説を信じているつもりでなくても当たり前に思っていたことが、実は何の根拠もない都市伝説だったりします。今回は女のカラダ都市伝説について宋先生にお話しを伺いました。


衝撃のグラフ

衝撃のグラフ

「まだ38歳」ではなく「もう38歳」。女性ホルモン分泌量が下がり、妊娠力がガクッと衰えるのは37歳と38歳の間です。今回は具体的なデータを元に、高齢出産について見ていきます。ある年齢を境に、急激にグラフに変化が表れています。


「オス化」って何?ーメディアが誘導したい女性像とは

「オス化」って何?ーメディアが誘導したい女性像とは

最近女性誌で目にする「女性のオス化」という言葉。男並みに仕事をすることで男性ホルモンが出て、ヒゲが生えたり体毛が濃くなるというようなストーリーのようですが、実際そのようなことは起きません。メディアが煽り立てる女性像とはどのようなものなのでしょうか。


恋愛をしていないとヒゲが生える?ーホルモンの名を借りたセクハラー

恋愛をしていないとヒゲが生える?ーホルモンの名を借りたセクハラー

女性ホルモンが減るとヒゲが生えるんですか?生えません!ちょっと前に「恋愛から遠ざかっていたらヒゲが生えてきた39歳女性」が主人公の連続ドラマがありました。このドラマはジョークですが、恋愛やセックスと女性ホルモンの分泌を結び付ける発想はセクハラにもつながりかねないので気を付けて下さいね。


女性ホルモンをアップさせるという神話にご注意!

女性ホルモンをアップさせるという神話にご注意!

テレビや雑誌でも「女性ホルモンを増やす」「女性ホルモンでキレイになる」というキーワードを見かけることが多くなりました。実際に、女性ホルモンをアップさせるやり方はあるのか、増えると身体にどういった影響があるのか……産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に「ホルモン」についてのお話をお伺いしました。