1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 婚活して知った現実あるある8選

婚活して知った現実あるある8選

Share

イメージがひとり歩きしているばかりに、実態がわからず毛嫌いされてしまう。そんなもののひとつに、「婚活」があげられます。蓋を開けてみると、想像とは全然違ったという意見が多いのが特徴。今回は、やってみて初めてわかる「婚活して知ったこと」をまとめました。

婚活して知った現実あるある8選

■結婚したいと思っている年配の男性が多い

25歳のときに結婚相談所に登録して、だいたい30代前半くらいまでを想定しながら「年上OK」にしたら、最高齢で50代の人まで紹介された。

お父さんより年上だよと思って引いてるところに、「さらに年齢が高い方でも大丈夫ですか?」と打診され、年配男性の間にある過剰なまでの「若い女性ニーズ」に驚いた。

■女性は怖い、と思っている男性が多い

婚活パーティーで仲良くなった男性(カップル成立した相手ではない)によると、男性向けのコミュニケーション講座が会場で事前に開催されていて、そのなかに「女性は怖くない」というのがあったらしい。

実際、初対面の女性と普通に話すことさえできない男性が多いことに驚いた。


2カ月(短期)で婚活が終わる女性に共通する「身だしなみ」

■婚活パーティーのハシゴ率が高い

婚活パーティーでマッチングした人とお茶だけして帰った翌日、別のパーティーに参加したら、その人とバッタリ。

あまりに気まずくて義理で名前を書いたら、相手も気を使ってくれたらしく、再びマッチングした。

もはやご近所付き合い(笑)。


41歳女性がたった2カ月で結婚を叶えた理由

■イヤなものはイヤと言うべき

大手の結婚相談所からの紹介でも、ひとまず体の関係から入ろうとする男が少なくない。

はっきり「NO」と意思表示することの大切さを思い知る。

■そりゃ結婚なんてできないわ

婚活パーティーに行くといろいろな人がいる。

女は外で働くべきではない、家庭に入って男に尽くすものみたいな、古い価値観を大切にする絶滅危惧種と思われがちな男が、世の中にはまだまだいるとよくわかった。

■数字の詐欺がひどい

25歳から35歳限定の婚活パーティーなのに、どうみても40歳以上にしか見えない人がいた。

プロフに身長170センチって書いてるのに、実際に会うと158センチの私とさほど変わらない人がいた。

さすがにひどいと思った。

■普通って最高

婚活を通じて、信じられないような態度や言動をする男性をしこたま見てきて、職場や近所など、普段の生活圏にいる男性がいかに素晴らしい人たちなのかがよくわかった。

■婚活のおかげ

結婚相談所に登録して、いろいろな男性と会い、婚活パーティーも参加しまくった結果、結婚を諦めてひとりで生きていく決意が固まった。

本命と最速で出会う婚活の極意

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article