1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 昭和生まれが「懐かしい」と感じるアニソン7選

昭和生まれが「懐かしい」と感じるアニソン7選

Share

昭和生まれの人たちに大きな影響を及ぼしたアニメ作品。主題歌や挿入歌として使われていたアニメソングこと「アニソン」を口ずさめば、大人になった今でもすぐに当時の気持ちを思い起こせるものです。

昭和生まれが「懐かしい」と感じるアニソン7選

■ラムのラブソング

アニソン あるある

『うる星やつら』のオープニング・テーマ曲。

「あんまりソワソワしないで〜……」と、今でもたまに口ずさんでしまう。

■ロマンティックあげるよ

『ドラゴンボール』エンディング曲。

オープニングはわりと元気&男性的な感じで苦手だったけれど、歌詞もメロディも背景の挿絵も可愛い感じで、断然こちらが好みでした。

■タッチ

アニソン あるある タッチ 野球

『タッチ』のオープニングテーマ。

透きとおるような岩崎良美さんの声が可愛かった。

■ドラえもんのうた

「こんなこといいな、できたらいいな」で始まる『ドラえもん』のオープニング曲。

途中で入る「はい! タケコプター!!」という大山のぶ代さんのセリフが印象的。

日本を代表するアニメソングのひとつだね。

■CAT'S EYE

アニソン あるある キャッツアイ

『キャッツ・アイ』のオープニングテーマ。

おしゃれで都会的な感じのサウンドにドキドキしたものでした。

売れに売れまくって、歌い手の杏里さんは紅白出場。

甲子園の入場行進曲にもなりました。

アニメも大好き。

■風の谷のナウシカ

映画『風の谷のナウシカ』のイメージソング。

誰がなんと言おうと、この曲は、安田成美さんの優しい声でなくてはだめ。

きっと令和生まれの心にも届くはず。

■銀河鉄道999

ゴダイゴによる映画版『銀河鉄道999』の主題歌。

ホーンセクションのアンサンブルが賑やかで疾走感のあるポップチューンは、今聴いても素晴らしい。

希望に満ちたメロディと歌詞は、永遠だね。

昭和生まれが「懐かしい」と感じるJポップ9選

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article