1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 顔とか体、性格は関係ない。とにかく自信のある女がモテる理由

顔とか体、性格は関係ない。とにかく自信のある女がモテる理由

Share

モテる・モテないに外見や性格は関係ない。たまるさんはそう話します。ただ、これだけは言えるのが「自分に自信のある人はモテる」こと。もしも“本命”にモテたいなら、自信を持つことが先決です。モテと自信の関係をコラムとしてお届けします。

顔とか体、性格は関係ない。とにかく自信のある女がモテる理由

皆さんこんにちは。1週間前に転んで左膝を擦りむきました。年のせいか昔よりも治りが遅くて、それどころか尋常じゃない色になってきたけど頑なに病院には行きたくないたまるです。

さて、突然ですがあなたはモテますか? モテないならその原因は何だと思いますか?

今回はかなり真面目に「モテ」について書きました。セックスについてのお話は出てきませんのであしからず! たぶん!

■キレイなのにモテない理由は自信のなさ

最近、私は職場の同僚たちと頻繁に女子会を開いている。

今の職場は、人付き合いの苦手な私にとっては天国みたいな場所で、今までひとりで引きこもっていた時間を取り戻すかのように、みんなで頻繁に集まってはああでもないこうでもないとグダグダするのが、最近の楽しみになりつつある。

いつものように、上司の愚痴を散々話し尽くしたところで、同期のH(20代後半)が話し始めた。

「私ってどうしてモテないんですかねぇ。どうやったら彼氏できますか?」

Hの見た目はかわいいというよりはキレイなタイプで、すらっとしていてまさに今旬と言っていいほどの、ちょいと女ざかりをどうしよう女性だ。

今までに付き合った人数はふたりで、最後の彼氏と別れてからすでに4年以上が経つという。

それだけ聞くと清純な感じがするが、経験人数はその10倍近い数字で、毎回セックスだけして付き合うまでに至らない典型的な二番手タイプらしい。

私はHと同期で入社時からずっと彼女を見ているが、一見気さくなモテ女子に見える。しかし、Hは聞いている限り、本当に「穴モテ」しかしていなかった。

彼女がなぜモテないのか、詳しく探っていくことにした。

■自信がない原因はネガティブマインド

私がHについて一番びっくりしたのは、人前で裸になることができないことだった。それも男女問わずだ。

「女同士でもダメなの? 男の人の前でも? 家族は?」

「どんなに仲のいい友達同士でも、温泉旅行なんて行ったことないです。家族なんてもっと無理です。男の人の前では大丈夫です。暗ければ見えないので。お風呂はNGです」

セックスをする条件に初回からNGがあるなんて、売り出し中のセクシー女優かよと思った。

どうして他人に裸を見せられないのか、私にはとても不思議だった。

なんでそんなに拒否するのかを聞いてみた。

「私ほんとにブヨブヨなんですよ。もうお腹とかもすっごい出てるし」

なんだ、そんなことかよと内心思った。背中に人面瘡があるとか、裸を見られたら鶴になって飛んでいっちゃうとか、人には見せられない理由があるんだろうな……と思っていたのだけど違うのよ。

ただただ圧倒的に自信がないだけだった。

「私なんて」を会話の枕詞に使ってしまうのが彼女のクセだということに気づいた。なるほどな、モテない理由はこれなんじゃないかなと思った。

■言い訳を作って行動しないのはもったいない!

自分に自信がない人は、まず「容姿」に自信がないケースがほとんどだと思う。それにそういった人は、恋愛において積極的になりにくい。

自信がないから「どうせ自分と付き合ってくれる人なんていない」と思い込んで、常に受け身だ。

本当は素敵な人間なのに、売り込まなければそこに自分がいることを誰も知ってくれない。出会いがないのではなく、出会っているけど自分を知ろうとしてくれる人がいないだけ。

それから、常に誰かと比べて「自分は人より劣っている」と思っている。

自分と誰かと比べる必要なんてまったくないのに、他人と比べて自分はかわいくない、自分は太っている、そんな言い訳ばかりをせっせと用意して、積極的にならない理由を自分で作り出してしまう。

生産性があるんだか、ないんだか。恐ろしいわね……。

私は、どちらかといえば容姿は中の下で、決して見た目に恵まれているわけではない。だけど、美人な人や痩せている人と比べても無意味だと思っているし、こんな私でも需要はあるだろうという自信を持つことができている。

それは、以前に関係を持った男性たちが皆ぽっちゃり好きで、私の体型を好きだと言ってくれたおかげだ。彼らのおかげで、顔ではなかったけれど体型に自信を持つことができた。

もちろん自慢できるような体ではないのはわかっているので、SNSで昼下がりに下着の写真をアップしたりするようなことは絶対にできない。自信は持てたが一応わきまえているつもりだ。

自信を持つところなんて何でもいい。人に褒められたことや、自分で「ここは気に入っている」と思えること。それこそ仕事や、趣味なんかでもいい。

「自分に自信がない」という、朗らかに生きていくのに邪魔でしかない考えをなくせるなら、何でもいいのだ。

Share

たまる

ヤバイ性欲屋さん。 インドア根暗のアラサー女、日々苦戦しながら生きてる様子をTwitterに綴っています。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article