1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 愛を深めるディープキスのやり方とは? 興奮を高めるためのキスの仕方

愛を深めるディープキスのやり方とは? 興奮を高めるためのキスの仕方

Share

お互いの興奮を高める上手なディープキスのやり方を紹介します。せっかくディープキスをするのなら、より興奮した素敵なキスにしたいもの。どのようなキスの仕方・シチュエーションにすれば興奮度を高めることができるのでしょうか。体験談やディープキスの種類も交えて、そのテクニックをお伝えしていきます。

愛を深めるディープキスのやり方とは? 興奮を高めるためのキスの仕方

ディープキスをするとき、ちょっとしたことに気をつけるだけでより興奮するキスができるものです。

思い出に残るようなキスができれば、ふたりの関係はより濃密なものになるといえるでしょう。

どのようなキスなら興奮できるのか、そしてそのシチュエーションをつくるにはどうすればいいのか。経験談を交えて、そのテクニックなどを聞いてみました。

まずは、興奮したキスの体験談をお伝えします。

ディープキスの体験談とやり方5選

ディープキスの上手な仕方

【興奮したディープキスのやり方①】ボディタッチで次の展開に期待

「ディープキスをするときって、キスのみに集中しそうになってしまいます。それだけでももちろん良いんですけれど、そこにボディタッチも加わるとあちこち愛されている気がしてどんどん興奮してしまうんです。

首筋をやさしくなぞられたり、胸を揉まれたり、腰やお尻あたりをつかまれたりってされると、次の展開を想像してしまい、手の感触と自身の妄想でかなりテンションが上がりました。キスの合間に首筋をなめられるのもたまりません」

ディープキスはセックスの前戯としてもおすすめの行為です。ボティタッチも合わせて行えば思わずセックスが頭をよぎるのも当然と言えるでしょう。恋人が感じてしまうようなポイントに触れられれば、興奮度はよりいっそう高まるかと思います。

注意点として、ボディタッチをするときは、相手の嫌がる場所に触れないようにしましょう。また、ボディタッチに集中しすぎるとキスが疎かになってしまうので、あくまでキスのスパイス的なものだと思ってくださいね。

【興奮したディープキスのやり方②】なかなか舌を入れない焦らしプレイ

「ディープキスが好きなので早く舌を絡ませて激しくキスをしたいのに、恋人がなかなか舌を入れてくれなかったときは『早く入れて!』という気持ちでいっぱいでした。逆にこちらが舌を入れようとしてもはぐらかされて……。

焦らされれば焦らされるほど気持ちが高ぶり、やっと舌を絡ませてもらえたときは大興奮状態! 必死に舌に食いつき、もう待てないという気持ちでいっぱいでした。欲しくてたまらない状態ですね」

焦らしプレイは興奮を高めるのにいい行為です。焦らされた分、キスへの欲求はどんどん強くなり、かなり興奮するでしょう。ディープキスをする前に、触れるか触れないかのキスや、唇をなぞるだけの控えめなキスを繰り返して焦らすのもおすすめです。

ただ、あまりに焦らすと興ざめするかもしれませんので、タイミングを見て(相手の反応や表情に注目して自己満足にならないよう)きちんと濃厚なキスしてあげるといいですね。

焦らすだけの忍耐力がないとこのテクニックは使いにくいので、自身も我慢する力を身に着けたいところです。

ディープキスの体験談。舌を絡ませるキスの魅力って?

【興奮したディープキスのやり方③】セクシーな香りに包まれてうっとり

「なんの香水かはわかりませんが、恋人のつけていた香水がとても色気のある香りだったんです。キスをしたとき、その香りに包まれてだんだん興奮してきました。いい香りはそれだけで気分をよくしてくれるものだと思います。

また、抱きしめ合いながらキスをしているうちに、自分にもその香りが移ってきているような感覚を覚えたときも興奮しました。まるでずっと彼に抱かれているような気持ちです」

香りはさわやかな気持ちにしたりリラックスさせたりと、気持ちに大きな変化をもたらすものです。色気のある香りとなれば、セクシーさを感じられ興奮すること間違いなし。

ただし、香水のつけすぎは逆に臭くなるので要注意。自分では香りの強さがわかりにくいので、恋人に会う前に誰かに香りの強さを確認してもらうと安心です。香水の付け方を事前に勉強しておきましょう(豆知識ではありますが、伊勢丹や三越の香水販売店の方は、資格などを持っていたりするので、そういった香りに関するアドバイスをもらうにはぴったりです)。

香水が苦手なら、口臭エチケットとして販売されているお口がいい香りになるアイテムを使うのもありですね。恋人の好きな香りを選べばさらにテンションが上がりそうです。

【興奮したディープキスのやり方④】キスしながら言葉責めをされる

「ディープキスをしている最中に『好きだよ』『そんなに求めてくるなんて、エッチだね』『どんどん大胆になっているよ』『もう感じてるの?』などの言葉責めを浴びて、思わず興奮してしまいました。

これらの言葉を耳元で言われると最高です。キスはもちろん気持ちいいんですが、言葉責めをされると耳からも犯されている気分になります。私の場合は、『エロい女』扱いされるのが特にツボでしたね」

言葉責めはM体質の人によさそう。的確な言葉を言われると、恥ずかしい気持ちと興奮がどんどん高まっていくと思います。愛の言葉をささやきつつ、恋人がどんな状態になっているのか、実況中継のような言葉責めもありですね。

とはいえ、なかには相手を不快にする言葉もあるでしょう。一つひとつの言葉の反応を見ていきながら、恋人が本当に気持ちいいと思える言葉を探ってみてください。日頃から求められている言葉があるのなら、ここぞとばかりに言うのもいいですね。

【興奮したディープキスのやり方⑤】いろいろなキスを試してくれた

「一口にディープキスと言っても、いろいろなやり方があると思います。相手の口の中に舌を入れたり、お互い舌を入れず口外で舌だけを絡ませたり、歯列をなぞったり、唇をかんだり、舌を吸ったり……バリエーションは豊富ですよね。

たくさんの種類のキスを試されると飽きがこないし、『次はどんなキスをされるの?』と期待に胸が膨らみ、興奮が高まっていきます。もちろんこちらもそれに応えるようにキスを繰り返していくと、刺激的な体験になりました」

ディープキスを「ただ舌を絡ませるだけのキス」と思っている人はもったいないですね。キス自体にたくさんの種類があるように、ディープキスだけでも数種類の楽しみ方が存在するのです。

・相手の下唇を挟むようなキス

・相手の口の中(唇の内側や歯茎)を舐めるキス

・相手の舌を吸い上げるようなキス

・相手の唇をなぞるように舐めるキス

・お互い舌を突き出し、舌先のみが触れ合うキス

など、ディープキスにもさまざまな種類が。

定番の舌を絡ませるやり方を試すことができたときは、他のやり方もぜひ挑戦してみてください。いつもと違うキスに相手は興奮するでしょうし、必死になっているあなたを見て「素敵!」と思ってもらえることもあるでしょう。

いつものキスに飽きてきている人は、マンネリを防ぐためにもいろいろなキスを研究してみると良いと思います。自身のテクニック向上にも繋がり、いいこと尽くめなはず。

ディープキスの興奮度を高めるシチュエーション

ディープキスの興奮度を高めるシチュエーションの作り方

ディープキスで興奮するためには、シチュエーション作りもかなり重要といえます。シチュエーションが悪ければキスに集中できず、おそまつなキスになってしまうこともあるでしょう。

興奮するシチュエーションのつくり方を聞いてみました。

1.昼間から車の中でキス

「ディープキスは人目を忍んでこっそりするものだと私は思います。だからこそ、真っ昼間からのキスは興奮します。以前、まだ日が高いうちから車の中でキスをしたときは興奮しました! 外は明るくて、窓から覗かれたら一発でキスしているってわかるんです。もちろん屋内駐車場とか人気の少ないところとかわかりにくいところに駐車してキスをしていますが、それでもどきどき。

車の中でのキスは『誰かに見つかるかもしれない!』という緊張感が気持ちを高揚させてくれます。『こんなところでキスしちゃうなんて……やめなきゃいけないのに、でもキスしたい!』という気持ちがあふれるのも興奮しますね」

昼間に外でキスをするのはなんとも大胆な行為です。でも、車の中なら見つかりにくいというのはありますね。人気が少ない場所なら覗かれることも少ないですし、こっそりキスをするにはいいシチュエーションだと思います。

運転中はもちろんNGですが、駐車しているときなら勇気を出してキスしてみるのもいいですね。ドライブデートでお別れするときにキスをすれば、寂しい気持ちも相まってより興奮できるかもしれません。

2.夜の公園などの野外

「やっぱり興奮するのは野外です。夜の公園でディープキスをしたときは本当に興奮しました! 人目につきやすいところでキスをするのはさすがにマナー違反かなと思うので、するときは夜の公園や薄暗い通り道などです。夕方の観覧車の中もおすすめです。

『こんなところでキスしちゃってる』という気持ちは気分を高めるのにとてもよかったです。あと、花火大会のときにこっそりキスしたのも興奮ものでした。薄暗い中でのキスは特別感がありますね」

野外でキスというだけで興奮してしまいそう。暗いシーンなら人目にもつきにくく、サッとキスをするだけなら十分な状況ですね。夜デートのときは夜景を見ながらキスというのも雰囲気がよくていいと思います。野外でキスとなると緊張しますが、夜となればハードルも下がるはずです。普段は恥ずかしがり屋の恋人も、夜なら受け入れてくれるかも。

ただし、相手が本当に嫌がるようなら無理してキスをしないでください。野外を避けたいと思っている人も多いはずなので、無理強いはせずお互いにキスしたいと思ったときにしましょう。

3.愛の言葉をささやく

「せっかくディープキスをするなら、言葉での愛情も感じたいです。愛の言葉をささやかれながらキスをされたら、それだけでうっとりするし興奮できます。恋人のキャラによっては『愛してる』だと浮つきすぎて違和感があるので、普通に『大好き』『ずっと一緒にいたい』あたりの言葉で十分。

できればキスをする前から愛の言葉を言ってくれれば、気持ちも盛り上がります。盛り上がったところで濃厚なディープキスをしつつ、さらに愛の言葉が続く。耳も唇も満足でき、大興奮です」

さきほどもご紹介した通り、言葉責めに興奮する人がいる一方で、「責め」とまではいかなくても、ささやくような愛を伝える言葉でも満足感を抱く人はいます。

キスという行為で愛を伝えるなら、言葉でも伝えたいところ。素敵な言葉を言われると気持ちは高揚し、キスに対しても普段より好意的になるでしょう。ディープキスが苦手な人でも、言葉ひとつで前向きになってしまうかも?

愛の言葉が照れくさい人も、こういうときくらいは愛をささやいてほしいもの。むしろ普段言わない分、愛の言葉を口にすれば言った側も言われた側もより気持ちが高まるかと思います。苦手な人はいざというときに言えるよう、普段から言葉のバリエーションを用意して練習しておくといいですよ。

4.ソフトなキスを繰り返しつつ濃厚にしていく

「何事も手順が必要です。濃厚なディープキスはそれだけでも興奮するけれど、いきなりだといまいち興奮できません。ディープキスで興奮するためには、最初に触れるだけのソフトなキスを繰り返し、それから少しずつ深いキスにしてほしいです。

だんだん深くなるにつれて、気持ちも上がり興奮度が増します。多少焦らすくらいのほうが興奮するので、ゆっくりとキスを深めてほしいですね。心の底からじわじわと感度を高めてくれるようなキスがいいです」

最初からお互いに大興奮しているのなら、いきなりの深いキスでもいいかもしれません。しかし、そんな状況はなかなかないと思います。あっても片方だけが興奮しているくらいでしょう。

お互いに興奮していくためにもステップは重要。早く深いキスをしたかったとしても、まずはソフトにゆっくりとキスをしていくといいですね。相手の気持ちよさを引き出していくつもりでキスをしていけば、興奮度がどんどん深まっていくかと思います。

5.緊張をほぐしリラックスしておく

「どれだけ興奮したくても、緊張しているとぜんぜん興奮できません。ディープキスをやり過ごすだけで手いっぱいの気持ちです。だから、まずは気持ちをリラックスできるようにしてほしい。

緊張がほぐれていれば、感情も豊かになって余裕がでてきます。キスを上手に受け入れて、キスに集中し興奮していくこともできるかなって。誰も入ってこない部屋や静かな環境でキスをされ始めたら、だんだん興奮できます」

緊張をしているときって、余裕がまったくありませんよね。せっかくのキスも楽しめず、気づけば終わっていたということにもなりそう。慣れないキスだとどうしても緊張してしまいますが、少しでも緊張を緩めてあげる努力はお互いにしてあげたいですね。

恋人が緊張しすぎているときは、落ち着いた環境を用意し、優しく抱きしめて「あなたに合わせてゆっくりするからね」という意思を表してみてはいかがでしょうか。自分のペースに合わせてくれるとわかれば、緊張もほぐれると思います。

キスに集中できなければ興奮も何もありません。まずは、相手の意識がキスに向くようにリラックスできる状態にしてくださいね。

興奮したときのキスは一味違う

ディープキスのやり方

じゃれ合うように落ち着いてするディープキスももちろん素敵なのですが、気持ちが高ぶって興奮しているキスもいいものです。相手を欲してたまらないようなキスは、恋人同士だからこそできる特別な行為。そんなキスをときどきできれば、マンネリ知らずになりそうですね。

興奮するシチュエーションを作って、思い出に残りそうな素敵なディープキスをしてみてください。きっと、病みつきになると思いますよ

Share

神之 れい

関西在住のフリーライター。1984年11月5日生まれ。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業で5年ほど勤めた後にライターへ転身。女性向けウェブメディアを中心に執筆。もやもやを抱える女性のヒントになるような記事執筆を目標に活...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article