1. DRESS [ドレス]トップ
  2. DRESS部活
  3. 万年筆でもっとおしゃれに! ラッピング用のタグとミニカード作りに挑戦

万年筆でもっとおしゃれに! ラッピング用のタグとミニカード作りに挑戦

Share

皆さんは万年筆を使ったことはありますか? 他の筆記用具と比べて、高級なイメージがあり、なかなか手に取る機会は多くないのではないでしょうか。実は、万年筆は見た目の華やかさと実用性も兼ね備えた優秀な筆記用具です。DRESSではそんな万年筆の世界を体験できるイベントを開催しました。

万年筆でもっとおしゃれに! ラッピング用のタグとミニカード作りに挑戦

先生を務めてくれたのは、兎村彩野(うさむらあやの)さん。

兎村さんは、『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)でおなじみの『ながぐっちゃん』や『黒ネコダンス』のイラストを担当したり、ドイツの万年筆LAMY1本で描く「LAMY Sketch」でも知られる人気イラストレーターです。

万年筆を使った「シンプルスケッチ」ワークショップを行いました。

■シンプルスケッチって何だろう?

今回のイベントのテーマは、「シンプルスケッチ」です。
シンプルスケッチとは、日常にあるものを観察して、万年筆を使ってのんびり描いていく遊びのこと。

気を張らず、のんびり好きなものを描くことで、良いリラックス法にもなります。
お気に入りの絵は、カードやラッピングのタグ、お手紙に使うこともできますよ。

今回は、初心者の方でも安心して参加することができるように、兎村さんが描いたお手本をなぞり書きで万年筆の書き味を体験。

バレンタイン前に実施したため、ラッピング用のタグとミニカードに挑戦します。

今回のワークショップで使うメッセージタグ

■良いこといっぱいの万年筆

万年筆はボールペンとは違い、手にあまり力を入れずに書くことができるんです。

また、筆圧でインクの太さが変わるぶん、トメ・ハネなどが綺麗に表現できます。そのため、字が上手に見えることも嬉しい!

万年筆の使い方をレクチャーする兎村さん

早速、兎村さんが万年筆の使い方をレクチャーしていきます。

インクの入れ方や持ち方、書き方、メンテナンスの方法など、万年筆を使う上での基礎を丁寧に教えていただきました。

万年筆の大きな特徴としては、普通のペンとは違い、一方向のみで書いていくこと。正しい使い方を知ることで、より上手にイラストを描くことができます。

■万年筆を実際に使ってみる!

実際に万年筆を持ち、線を書く練習から開始!

そして、兎村さんの作ったお手本のタグ・ミニカードのメッセージをなぞっていきます。

塗りつぶすときは、フェルトペンを使います。

最後に、ハトメを付けたら完成です。

ハトメパンチでタグをもっとおしゃれに

参加者の皆さんには、ラッピングボックスとアソートカラーのリボンのプレゼント!

自分で書いたメッセージタグをボックスの真ん中に付けたら、とても素敵なプレゼントになります。

皆さんも万年筆を1本手に入れて、いろいろなイラストに挑戦してみてはいかがでしょうか。

DRESS部活・イベントの情報はLINE@がオススメです


■スマートフォンの方
「友だち追加」ボタンをタップしてください。※LINEアプリが起動します。

友だち追加


■PCの方
LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある友だち追加ボタン>[QRコード]を
タップして、コードリーダーでスキャンしてください。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article