1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. マッチングアプリは母数が命。デートに繋がるメッセージ術とは

マッチングアプリは母数が命。デートに繋がるメッセージ術とは

Share

マッチングアプリ上でのメッセージにはコツがあります。今回は「メッセージが続かない」「返信がこない」などのお悩みをお持ちの方に、婚活コンサルタントの澤口珠子氏からのアドバイスを伝授。マッチングアプリだからこそのテクニックをご紹介していきます。

マッチングアプリは母数が命。デートに繋がるメッセージ術とは

「出会いがないから始めてみました」

マッチングアプリを始めた人の多くがプロフィール文章にこういった紹介文をのせています。

普段、自分が所属しているコミュニティから離れ、別の場所で恋愛をスタートさせることのできるマッチングアプリですが、「なかなかデートまで繋がらない……」という経験はありませんか?

その中でも「マッチングしたものの、メッセージが途中で返ってこなくなる」というケースは、筆者自身も何度か体験したことがあります。

今回は、マッチングアプリにおけるメッセージに焦点を当てて、

・どういうメッセージのやり取りが良いのか

・やり取りする上で何が重要なのか


をテーマに澤口珠子氏にお話しを聞いてきました。

澤口さんは、過去に3カ月で104人の男性とマッチングアプリを通じてデートを行い、結婚まで結び付けた経験を持つ婚活コンサルタント。アプリ上でのコミュニケーションについてズバッとアドバイスをいただきたいと思います。

■やりとりの基本は、効率的かつ合理的

「メッセージのやりとりで一番意識することは、なるべく早く直接会うこと。ネット婚活で成功するには、効率・合理性を重視しなければいけません。よく、『実際に会うのはメールのやりとりで相手を十分知ってからにしたい』という方がいますが、相手を知るのはちゃんと現実でお話をしてからにしましょう」

マッチングアプリを開いて、メッセージする……ということが面倒だと感じる人は少なくありません。通信が重いときもありますし、時間もかかるので、途中で熱が冷めてしまうこともしばしば。

「まずは、目標を決めることが大事です。毎日並行して10人くらいの人とメッセージをして、そのなかの半分くらいは会うことを目標にしましょう」

「『マッチングアプリで出会えない』と言っている人ほど、誘いを待っているだけの人が多いので、期限を決めてメッセージを始めてから1カ月以内には会うというルールを設けると良いでしょう。ときには自分から誘ってみるのも大事ですよ」

デートに繋がるようにするためには、ある程度の人数と同時にメッセージをする必要があるそうです。

それでは、毎日並行して10人とメッセージをするためには、どれだけの人とマッチングすれば良いのでしょうか?

「メッセージを開始するには、マッチングの母数を増やすことも必要です。マッチングとはお互いが“いいね!”をしていないといけません。相手からの“いいね!”を増やすのも大事ですが、自分から“いいね!”を送りましょう。いい人はなかなか自分から“いいね!”しないので、自分から1カ月に100人ほどを意識して送ってみるのが良いかと思います」

マッチングアプリを使った出会いならではの戦略、それは、相手への「いいね!」を増やして、マッチングの母数を増やし、メッセージからの直接な出会いへ繋げること。

■相手と会うためのメッセージ術

実際に、メッセージができるようになったときには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

「やりとりを始める前に、念頭に置いていただきたいのは、メッセージの目的は、”デートの日時調整をするため”ということ」

「ですので、長いやりとりは避けましょう。返信率が下がる一番の原因は、長いやりとりで相手が飽きてしまうことです。10往復以内のメッセージやりとりだけでデートをセッティングできるように心がけてください。それ以上は効率が悪くなってしまいます」

返信率をあげるには、長文は避けて、短いやりとりを短期間で行うのがいいとのことでしたが、メッセージの構成はどんなものがいいのでしょうか?

「メッセージ返信率をあげるには、相手がいかに楽に返信できるかが全てです。ファーストメッセージでは軽く3行から5行程度で、連絡への感謝と相手プロフィールの情報(好きな食べ物・お酒などデートに繋げやすそうなもの)からひとつ質問の形式で送りましょう」

ただし、メッセージが盛り上げればいい……というシンプルな話でもありません。

あくまでも目的はふたりで実際に会ってみて、人となりや考え方に触れてみること。

メッセージが目的化してしまうことで、落とし穴にはまってしまう可能性もあると澤口さんは指摘します。

「その後は、質問への返答+プラスの感想(嬉しい・楽しそうなど)+相手への質問の構成を意識して短い往復でデートの約束をとりつけてください。よくある間違いですが、メールで盛り上がれば、デートもうまくいく、ということはありません。私の経験上、メッセージが盛り上がった後のデートは話すネタがなく気まずいデートになります。もちろん2回目のデートにつながることもありません」

今回は、メッセージをする上で目標設定がいかに大事かということを教えていただきました。

ついつい、メッセージが盛り上がってやりとりが長くなってしまったという経験がある方もいるでしょう。

それが、デートの障害になってしまうとは目からウロコでした。

澤口珠子氏プロフィール

スフィアロココス株式会社 代表取締役社長
女子力アップ・婚活コンサルタント
ネット婚活評論家

「婚活」に特化したイメージコンサルタントとして、「マインド」「外見磨き」「コミュニケーション」の3軸で、理想のパートナーを引き寄せるノウハウを伝えている。2015年12月の結婚を機に、夫と講師を共に務める「ネット婚活スクール」も開講。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に、「マッチングアプリを使った、効率よくいい男性と出会うためのノウハウ」を提供している。(2017年、39歳で第一子を自然妊娠・出産。一児の母としても奮闘中)

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article