1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 復縁が無理な5つのパターンって?

復縁が無理な5つのパターンって?

Share

別れても忘れられない元カレ。何とかよりを戻したい……。復縁を考えるなら、今の自分と元カレの状況をしっかり把握することが成功への第一歩です。ですが、どうしても無理、というパターンが現実ではあるもの。新しい恋を探すほうがあなたにとって良いときもあります。復縁を諦めたほうが良いのはどんな状況なのか、お話しします。

復縁が無理な5つのパターンって?

■復縁の成功は相手も同じ気持ちでないと難しい

別れた元カレとよりを戻したくて、以前とは違う自分をアピールしたり自分磨きをがんばったり、という女性は多いと思います。

昔と同じままでは復縁が難しくなるのは当然ですが、一方で元カレにも気持ちの変化が起こらないと、「また付き合おう」という流れにはなりません。

復縁をがんばっている女性たちの話を聞いていて、「良くないパターン」と思うのは

・元カレに嫌われるのが怖くて言いなりになっている
・体を許せば復縁できると思ってセフレになっている
・復縁したいのに意地を張って友達状態を続けている


ことです。

特に、未練のあることが元カレに知れてしまっている場合、強気に出ると嫌われそうだからと元カレに合わせる一方になることが多々あります。

中には、そんな元カノの気持ちを利用して、都合のよいセフレにするずるい男性もいるでしょう。

また、女性ほど確固に復縁する気持ちが固まらないまま、ずるずると中途半端なつながりを続けてしまう、という男性の話も耳にします。

いずれにせよ、関係がおかしくなってしまうのは、ふたりの気持ちが揃っていないことが原因。

どちらか一方だけがよりを戻したいと願っていても、復縁はかないません。

本当に復縁に成功した、といえるのは、ふたたびお付き合いすることになり、以前より良い状態で交際ができてこそです。

そのためには、元カレも同じように「また付き合いたい」と思ってくれることが肝心ですが、ここを確認しないまままるでこちらから頼み込むようによりを戻してもらう、というパターンをよく見ます。

「復縁してもらった」状態では、交際が再開したときから関係に上下がつきますよね。

してもらった側である女性は、男性の機嫌をとるのに精一杯。男性のほうは「復縁してやったんだから」、と無意識のうちに女性の愛情を軽んじるようになります。

こんなバランスの悪さは、別れる前の付き合いのほうがマシだった、なんてことになりかねません。

復縁は、相手もそう願ってくれないとかなわない。

この覚悟を持ち、未練がある立場だとしても元カレとは対等なつながりでいることを心がけましょう。

一方で、そもそも「復縁は無理」、というパターンも現実ではあります。

元カレの状況を見てみると、よりを戻すなんて不可能。新しい恋を探すほうがずっと前向き、というパターンについて、お話しします。

■これじゃ無理! 復縁が難しい5つのパターン

本当に復縁が無理、というのは相手が亡くなっているなど極端な場合であって、本来はどんな状態であっても元カレとよりを戻すことは可能、といえます。

考えたいのは、

・今の相手の状態
・別れた原因
・復縁できたときにどんな付き合いができるか


です。

冷静に見てみれば、元カレはもう自分のいない世界でしっかりと新しい人生を歩んでいるようなときもあります。

そうなると、こちらがどんなに努力しても、相手としては受け入れがたくなるでしょう。

また、相手の状態が以前と変わっていないときも、よりを戻したところで苦しみは変わらない、ということもあります。

復縁は無理! となるのはそういったパターンです。

以下で詳しくご説明します。

【復縁が無理なパターン 1】相手に新しい彼女がいる

まず、元カレにすでに新しい彼女がいる場合。

女性の中には、

「まだ付き合って間もないなら、振り向かせてみせる」

と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待って。

元カレは、すでに新しい女性を受け入れています。それは、あなたのことは完全に忘れてはいないにしろ、「過去の女性」になったということです。

付き合い始めの頃は、お互いに緊張も残るし何もかもが新鮮なとき。

そんな状態で元カノに復縁を迫られても、考えられないどころか迷惑、と思われる可能性も決して低くはないでしょう。

元カノに新しい彼女がいるときは、いったんアプローチは諦めるのが賢明です。

【復縁が無理なパターン 2】別れ際に元カレのプライドをひどく傷つけた

ケンカ別れを繰り返すカップルにありがちなのが、このパターン。

復縁が無理になるのは、元カレの人格を否定したり外見を馬鹿にしたりするなど、「言ってはいけないこと」を口にしてしまったときです。

好きな女性に深くプライドを傷つけられれば、男性は愛情を失ってしまうだけでなく、恨みを抱えることもあるでしょう。

一度生まれた嫌悪感は、時間をかけないとなかなか消えません。

別れてすぐに後悔して謝ったとしても、痛みを受けた側は何も受け付けられないし、元カノを信じることもできないのがほとんどです。

こんなときも、数カ月や半年など、アプローチまで時間を空けることが大切。

まずは元カレに冷静になってもらうことを考えましょう。

【復縁が無理なパターン 3】元カレの浮気で別れた

交際相手がいるとしても、ほかの異性を好きになるのは悲しいですがありえること。

問題は、それが浮気に発展する前に「ごめん、ほかに好きな人ができたから」と潔く別れを提案するのではなく、彼女に隠れて二股を続けてしまう男性です。

また、浮気がバレたときも誠心誠意謝って、浮気相手とはきちんと切れるのか、やっぱり隠れて付き合い続けるのか。

本当に誠実な男性なら、一度彼女を傷つけてしまったら二度と繰り返さないと心に決めるでしょう。

浮気を繰り返されて別れた場合は、「元カレはこれからも変わらない」と思うべし。

いくらよりを戻しても、自分だけを愛してくれる人にはならないことを、忘れてはいけません。

【復縁が無理なパターン 4】ストーカーのようにつきまとって嫌われている

復縁を願うあまり思い詰めてしまい、元カレを会社や家の前で待ち伏せしたり、返事がもらえるまでしつこく連絡してしまったりと、ストーカーまがいの行動をとった。

元カレから「二度と近づかないで」とキツく言われてしまった場合なども、復縁は難しいと思いましょう。

「話せばわかってくれる」と挽回することばかり考えても、そんな元カノに男性はいっそう恐怖を感じるだけです。

自分がとった言動で元カレに迷惑をかけてしまったときは、潔く謝罪して離れるのが男性の気持ちを鎮めるために必要なこと。 

大きな問題に発展する前に、しっかり身を引く覚悟を持ちたいですね。

【復縁が無理なパターン 5】元カレの借金など、金銭問題で別れた

そして、復縁を考えるのをやめたほうが良いのは、金銭問題がこじれて別れてしまった場合です。

元カレが隠れて借金していた、逆にクレジットカードの支払いができずに貯金を崩していることがバレたなど、おカネにまつわる問題は不信感を生みます。

金銭感覚のおかしさは他人ではなかなか矯正することが難しく、借金を繰り返す人はいつまでも変わらないことが多い、と思いましょう。

また、自分の問題でフラれてしまったときも、まず自分がお金の管理をしっかりできるようになることが先です。

やみくもに復縁を願っても、問題が解決しない限り、不信感は消えないことを忘れてはいけません。

■状況を見極めることが復縁には必要

復縁は無理、となるのは、相手を信頼できないとき。

どんなに別れた原因を克服していても、元カレから嫌われていたり変わった自分を信じてもらえなかったりするときは、下手に動けば動くほど男性の心は離れていきます。

「いま動かないと忘れられてしまう」という焦りは、復縁を願う女性がよく抱えるものですが、それが逆効果になることも十分にありえます。

行動に移す前に、相手や自分の状況をしっかり見極める冷静さを持ちましょう。

復縁の成功とは、以前より幸せなお付き合いができてこそ。

それが無理だとわかったときは、新しい道に目を向けてみるのも、自分を大切にするためには必要な選択になります。

復縁を諦める勇気はどうすれば持てるのか

https://p-dress.jp/articles/7716

別れた元カレとよりを戻したいけど、叶わない可能性が高い。もしくは、また付き合うことになったけど、やっぱりうまくいきそうにない。復縁を諦めたい、「もう忘れてしまいたい」と思っても、好きな気持ちばかり募ってつらい。それは、自分より相手のことを愛している証拠です。復縁を諦める勇気はどうすれば持てるのか、お話しします。

答えが出ない恋愛の悩みは「占い」に頼ってみると新しい道が開ける

https://p-dress.jp/articles/7280

大好きな彼に振られてしまって復縁したい、好きになった人が既婚者でどうすれば良いかわからない……。恋にはいろいろな悩みがありますね。何とかしたいと思っても、自分で考えるには限界があります。どうしても答えが出せないときは、信頼できる「占い」にお願いしてみるのも、運気を好転させるきっかけになります。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article