1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 元カレに嫌われてしまったら、復縁は不可能なのか

元カレに嫌われてしまったら、復縁は不可能なのか

Share

別れを後悔しているし、まだ未練もあるけれど、元カレに嫌われてしまった。こんなときは、焦って行動を起こすより、まずは元カレの中の怒りを鎮めることを考えましょう。元カレの前から気配を消すことは、お互いが冷静になるためにも重要です。諦めずに復縁に至ったケースをご紹介します。

元カレに嫌われてしまったら、復縁は不可能なのか

■「二度と関わりたくない」

ある女性は、付き合っているときに彼氏の愛情を試すような行動を続けたことで振られてしまいました。

別れ際に言われた言葉は「二度と関わりたくない」。彼女は元カレに嫌われたと思い、すっかり落ち込んでしまいます。

同じサークルの仲間だったけれど、彼に会うのが怖くて足が向かなくなり、彼とも音信不通に。別れたことを知ったサークルの友人たちからは何となく距離を置かれ、孤独な状態でした。

3カ月ほどは会社と自宅の往復で、休日は部屋に引きこもるような生活でしたが、だんだんと傷も癒えてきてサークルのことを思い出します。

久しぶりに友人に連絡を取ってみると「そろそろ来てみたら?」と言われ、勇気を出して行ってみることに。

3カ月ぶりに顔を合わせる元カレでしたが、彼女を見ても顔色を変えることなく普通に過ごしていて、挨拶こそしなかったけれど特におかしな雰囲気ではなかったそうです。

「嫌いというか、私のことなんてもう完全に忘れてしまったんだな」

そう思うと悲しくて涙が止まらず、でもこれからは堂々とサークルにも行ける、と思い何とか立ち直ります。

それからまた週に数回のサークル活動が始まり、彼の存在を意識しながらも接触する機会はなく過ぎていきました。

忘れなくちゃと思っても、彼の姿を見ればやっぱり未練を感じてしまう。それでも、「何とも思われていないなら勝手に好きでいてもいいや」と彼女は片思いを続けていました。

■「ずっと見かけなかったから心配していた」

彼と言葉をかわしたのは、サークルに復帰した次の月でした。

たまたま駐車場で車を停めた位置が近かったらしく、帰り際にばったりと出くわしてしまいます。

「あ、お疲れさま」

彼女はとっさに笑顔を作って彼に話しかけました。

どうせ無視されるだろう。そんな気がして、声をかけたもののすぐに彼から視線を外し、自分の車へと向かった彼女に、

「久しぶり!」

と彼は大きな声で返事をしてくれたそうです。

びっくりして思わず振り向くと、

「ずっと見かけなかったから心配してた。今日もお疲れ」

それだけ言うと、元カレは背中を向けて去っていきました。

スルーされると思っていたのに、返事をしてくれたこと。心配してくれていたこと。彼女は嬉しくなり、次も話しかけようと思います。

それからは、サークルで見かけるたびに彼女のほうから挨拶をし、元カレのほうも嫌がることなく会話をしてくれるようになりました。

■「ひどいことを言ってごめん」

ただ、いざふたりになると、最初はギクシャクとした雰囲気があってスムーズに話せなかったそうです。

彼女の中では、半年前に別れたとき彼に言われた「二度と関わりたくない」という言葉が頭にこびりついていて、どう思われているのか不安でした。

もう怒ってはいないかもしれないけど、許してくれたかどうかはわからない。そう思うと「上手く笑顔が作れなくて、彼の態度にいちいち怯えてしまう」自分が苦しかったそうです。

彼のほうも、そんな彼女の様子が伝わるのか「気まずそうな顔をする」ことが多く、どう接すれば良いのかわからない状態。

でも好きだから、やっぱり話しかけてしまう。

そんなことが続いたある日、駐車場への帰り道でまた彼と一緒になります。

そのとき、彼から言われたのは

「あのとき、ひどいことを言ってごめん。サークルにまた来てくれるようになって良かった」

という言葉。

ずっと謝りたかったこと。別れてからサークルで顔を見なくなって気になっていたこと。いつか会えるかもと思って自分はずっと来ていたこと。

初めて元カレの気持ちを聞いた彼女は、やっと

「私のほうこそ、付き合っていたときは嫌なことばかりしてごめんなさい。傷つけたことを反省しています」

と素直に伝えることができました。

それから、「ふたりの間にあった壁がやっと消えて」また仲良く話せるようになり、彼女のほうから改めて告白、晴れて復縁が叶いました。

■怒りは持続しないもの

上の彼女のケースは、「3カ月間音信不通だった」ことが彼の怒りを鎮める良い冷却期間になりました。

別れ際にひどい言葉を相手にぶつけてしまうのは、実際によくあることです。

特に彼女の場合は、彼の気持ちを試すようなことを続けていたのが別れを決めた原因。これまでさんざん傷つけられてきた彼は、そのときは本当にもう二度と関わりたくないと思って口にしたのかもしれません。

ですが、別れた後で顔を見ることもなく、どうしているかもわからなくなると、気持ちは少しずつ収まってきます。

彼女の気配が消えることで、彼のほうも冷静になれるのですね。

確かに付き合っている頃はつらいことも多かったし、これ以上は無理だと思った。でも、最後にあんな言葉を吐いたことで、彼女を傷つけただろう。本当にそこまで言う必要があったのか。

怒りはいつまでも残るものではありません。

きつい言葉を口にしたのは、つらい思いをしてきた反動です。怒りの下には悲しみがあります。

時間が経てば、本来の悲しみのほうに意識が向きます。

もっと落ち着いた付き合いがしたかったな。

それが元カレの本心です。

■謝りたいのは元カノを忘れていないから

別れ際にきついことを言った後味の悪さは、時間が経てば経つほど元カレを苦しめます。

サークルに顔を見せなくなった彼女。相当傷ついただろうし、このまま辞めてしまうかもしれない。

よりが戻ってから、

「連絡したいとも思ったんだけど、今さら何て言って声をかければいいかわからなくてできなかった」

と彼は言っていました。

その代わりずっと自分はサークルに参加することで、彼女が戻ってくるのを待っていたのですね。

いつか、彼女と話せるときがきたら謝ろう。そう思っていたので、別れてから3カ月後に彼女の姿を見たときは、表には出さないけど嬉しかったそうです。

彼女は、平然とした様子で過ごす彼を見て「自分に関心はないんだ」と感じましたが、実際は反対でした。

元カレのほうだって、会えたからといっていきなり話しかけるのは気が引けるし、彼女に避けられたらつらいとも思うのです。

本当に忘れていたなら、そもそも謝りたいとも思いません。サークルに足繁く通うこともしません。

男性の場合、多くは言葉より行動に気持ちが表れますが、それは別れた後も同じなのですね。

■「音信不通」はお互いが冷静になるために必要

別れた後も元カレに未練がある場合、すぐに何とかしようと思って何度も連絡をしたり、話せる機会をつかもうと彼の前に姿を現したりしますが、却ってそれが元カレの心を乱す原因になることもあります。

気配を感じれば、どうしても意識します。最後に話したときに感じた怒りもまた、思い出してしまいます。いつまでも心が落ち着かないので、余計に元カノに対して嫌悪感を覚えることになるのですね。

焦って元カレの中で自分の価値を挽回させようとするより、嫌われてしまったと感じたときはいったん離れるのが、復縁を考える人が取りたい道。

「離れたら忘れられてしまう」のではなく、「離れることで元カレが冷静になる時間を作る」と考えましょう。

怒りは持続しません。元カレが本来の気持ちに気づくには時間が必要です。

そのためにも、音信不通という冷却期間はお互いが冷静になるために良い時間。たとえ本当に関心を持たれなくなったとしても、一度は元カレの中にある自分への怒りを鎮めてもらうことが、次の行動を考えるためにも大切です。

別れ際にひどいことを言われた、嫌われてしまった。それは確かに悲しいことですし、すぐに何とかしたいと焦る気持ちも生まれます。でも、本当に復縁したいと願うなら、離れることも元カレを尊重することになるのだと、忘れないでくださいね。

実録! 男性が元カノと復縁を決めた瞬間

https://p-dress.jp/articles/6498

別れた恋人との復縁を願うのは、男性にも多いもの。ですが、男性のほうから「よりを戻したい」と言うのは、プライドも邪魔してなかなか難しいことです。それを乗り越えて再び元カノの愛情をつかみたいと思った男性にはどんな心の変化があったのか、実際のエピソードを聞きました。

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

https://p-dress.jp/articles/5988

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article