復縁をためらう男性の本音3つ

復縁をためらう男性の本音3つ

男性だって、別れたあとも好きな女性なら復縁を望みます。ですが、そこには一筋縄ではいかない「事情」があることも。目先の態度に惑わされず、男性の本音はどこにあるかをしっかり見極めましょう。まずは失恋のダメージを消してあげること。これが復縁には欠かせません。


■ 復縁が難しいのはダメージが残っているとき

どんな恋愛でも、きれいに終わるなんてことは難しいでしょう。浮気がバレた、ほかに好きな人ができた、価値観が違うなど。どうしたって、お互いの中の受け入れ難いものを目の当たりにすることになります。

ふたりが納得した上での別れなら、恨みや憎しみを持つ可能性は低くなります。友達として新しい絆を持てることもあるでしょう。ですが、一方的に関係の終わりを告げられたとき、残された方には未練も残るし、怒りもやるせなさも鉛のように心を重たくします。

特に男性は、失恋したときに気持ちを切り替えるのが難しく、振られた側なら元カノへの恋心をなかなか捨てられません。その場では理解したようなことを言っていても、内心では痛みがドロドロと渦を巻いています。

別れ際、あっさりした彼の様子に、「何だか私がいなくても平気みたい」と勘違いする女性は多いですが、それは男性が必死に自分を取り繕っているから。「彼女と別れ話をして取り乱すカッコ悪い自分」を受け入れたくないからです。

たとえ、彼女の方に許せない点があって男性から別れを切り出したとしても、実際物理的に離れてしまえば寂しさが募り、別れを後悔する瞬間が訪れることがあります。

男性は一度付き合った彼女に対し、別れたあとも自分の所有物のような感覚を持つと言われますが、それだけ女性に対する執着は深く、別れたときのダメージも女性より長く引きずりやすいのです。

復縁が難しくなるパターンとは、このダメージを男性がまだ消化できていないとき。別れ際に見た彼女の嫌悪感を浮かべた顔がまだ脳裏をよぎる、ぶつけられた人格否定のようなきつい言葉が思い出される、とにかく元カノに対してネガティブな感情が優先するときは、何を言っても男性の心には届きません。

それなら彼の記憶が薄れるのを待てば良いのか。実際には復縁はそんな単純でないことは皆さんご存知だと思いますが、それに加えて男性には男性の「復縁をためらう理由」が存在します。

繊細な男心が抱える不安には、どんなものがあるのでしょうか。

■【復縁をためらう理由1】無駄な時間を使いたくない

「2年付き合った彼女と別れたのは、人間性が合わなかったから。『若いうちに遊びたい』とか言って週末は友達と飲み歩いたり、デートしても話題はブランド品を安くゲットすることだったり、せっかく正社員で働いているのに仕事にも手を抜いていて。先はないなと思ってこちらから別れました。

ただ、俺の金をあてにするようなことはなくて、自分の収入から全部払っていました。そんなところは信用していたんです。家事ができて料理が美味いし、家庭的な面があることも俺だけが知っている。そういうギャップも魅力的だったので、離れたあとは急に静かな時間が増えてつらかった。

でも、今もお願いされているけど、彼女との復縁は難しいです。そのときが楽しければ良いみたいな感覚の彼女とは、よりを戻してもどうせ同じことの繰り返し、無駄な時間を使ってほかの良い女性を見逃したくないので、彼女が変わらない限り復縁はないですね」(28歳/教員)

この男性には元カノへの未練はないように見えますが、実際は「彼女さえ変わってくれたらまた付き合いたい」という気持ちを抱えています。交際中は確かにしんどい思いをしたし、彼女への信用も完全ではなかった。でも、本当に復縁が無理なら「変わらない限り」という言葉は出てきません。

男性の本音は、「無駄な時間を使いたくない」ことです。ですが、それは「彼女が変わってくれたら」無駄ではなくなります。現在も復縁を申し込まれているけど、それを退けるのは、彼女の気持ちが「以前と同じように自分を愛してほしい」という一方的なものだから。どうして振られたかを受け入れず、どうしたら男性に再び愛されるようになるかを考えなければ、彼の恋心を取り戻すことは難しいでしょう。

■【復縁をためらう理由2】結婚相手として考えられない

「こちらから告白してOKをもらい、1年未満の短い期間だったけど付き合っていた元カノ。大好きだったけど、俺より自分の趣味を優先することだけが不満でした。デートの約束をしていても、趣味のイベントがあれば俺はドタキャン、その後のフォローがあってもまたすぐ自分の時間に戻ってしまう。何度話しても、最後は『私を縛りつけないで』という言葉に負けて何も変わらなかった。

派遣社員の仕事もしっかりこなしているし、掃除は苦手だけどほかの家事は日々ちゃんとしている彼女との付き合いは、趣味の時間さえ除けばとても幸せでした。俺が残業のときはご飯を作って夜遅くまで待ってくれたり、優しいことも知っているけど、結婚を考えたときにこんな生活じゃ心が休まらないと思いました。喧嘩になったときに思い切って別れ話を持ち出したんです。

彼女は散々抵抗したけど、それでもやっぱり『趣味の時間を減らすから』とは言わなかった。あくまでも『理解してくれない俺が悪い』と話は平行線で、そのままフェードアウト状態に。何カ月か経って彼女から連絡をもらい、よりを戻したいと言われたけど、『結婚を考えているからあなたは難しい』と正直に答えました。今は距離のある友人として食事だけする関係です」(30歳/公務員)

こちらの男性は、元カノに対してまだ好意があることは認めています。性格や人間性が嫌で別れたのではなくて、ただ「自分を顧みてくれない」ことが不満だったからです。

彼女の方は、別れ話をされたときからそのことはよくわかっていました。でも、男性のために自分のライフスタイルを変えることができなかったため、結局離れていってしまったのですね。

30代になると、女性と同じように男性も「結婚」という人生の一大決心を考えるようになります。家庭に責任を持つからには、そんな自分を支えてくれるパートナーであってほしい、心が安らげる家庭を作りたい。そう考えたときに、「恋愛ならOKだけど、結婚はNG」となる女性は意外と多いもの。一生添い遂げる覚悟を持つのが結婚だからこそ、男性の目はシビアに女性をジャッジします。

好きなだけでは結婚はできない。

無責任なことはしたくないと思う男性ほど、復縁もまた慎重になります。

■【復縁をためらう理由3】恋愛が仕事の邪魔になる

「職場恋愛で結ばれた元カノ。最初は自分の仕事にプライドを持って精力的に働く彼女にホレボレしていたけど、同期がどんどん寿退社していく中で結婚に焦りを感じたのか、俺にプレッシャーをかけるようになってきてからは微妙な感じに。『私も専業主婦になりたいな~』とエッチが終わったあとで言われたときは、正直気持ちが萎えましたね。

俺の方は、やっと昇進が決まってこれからもっと仕事が楽しくなるところで、結婚はまだ考えられない。彼女にそう言ったら『結婚してくれないなら、付き合っていても意味がない』と去っていかれました。寂しかったけど、仕事の邪魔になるような恋愛は無理。それからは誰とも付き合わずに仕事一筋です。

先日、ほかの同期から『彼女がよりを戻したがってる』と聞いたけど、今は仕事に集中したいから難しい、と答えました。以前のように仕事を楽しんでいる彼女ならまた付き合いたいけど、結婚相手がほしいだけなら復縁はないですね」(33歳/営業)

男性にとって、仕事は一生続く人生のプロジェクトといっても過言ではありません。応援してくれる女性ならまだしも、結婚相手として楽をさせてくれることを目的として復縁を求められても、応じることは難しいでしょう。女性が本気でよりを戻したいと願うなら、まず男性の意思を尊重する姿勢を見せることが必要です。

好きだったけど、自分が望まない方向に変わってしまった。そんな彼女を見るのは、男性にとってもつらいものです。未練が残っていても、以前自分が愛した女性はもういないと思えば、気持ちを押し殺してでも諦めます。

このような男性には、結婚願望は捨てて復縁に臨むのが吉。再び愛されたいと願うなら、男性の求めるのはどんな女性かをまずは理解して、懐に飛び込みましょう。

■元カレの中のダメージを消してあげる

上に挙げた3つのケースはどれも、男性側に別れたときのダメージが残っている状態です。別れを選んでしまったくらい、ネガティブな彼女の姿というのは尾を引きます。

だからこそ、付き合っていたころと同じ自分で復縁を望むのは無理があるというもの。元カレが安心できる要素が何もないままでは、友人になることすら難しくなります。

元カレに残るダメージを消してあげるには、時間も必要だし、「以前とは違うあなた」を見せることが必要不可欠。あなたとの恋愛に新しくポジティブなイメージを持たせることが、復縁の成功には欠かせません。

決して単純ではない男心。恋愛を大切に考える男性ほど、復縁には慎重になると知っておきましょう。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


元彼との復縁 恋愛

関連する投稿


ひとりが好きで長くひとりで生きてきた。でもパートナーがほしいなら【Dr.まあや】

ひとりが好きで長くひとりで生きてきた。でもパートナーがほしいなら【Dr.まあや】

脳外科医でデザイナー、Drまあやさんの「自分のコンプレックスと上手く向き合う、付き合う方法を探る」連載がスタート。初回は「恋愛のコンプレックス」を取り上げます。長くひとりで過ごしてきて、ひとりは嫌いじゃないけれど、パートナーがほしい。でも恋愛の仕方がわからない人へ、Drまあやさんが「提案」として出してくれたのは――。


恋愛心理テストで気になる彼のホンネが見えてくる

恋愛心理テストで気になる彼のホンネが見えてくる

気になるあの人のホンネが見えてくる心理テストをご紹介いたします。いつもニコニコしている彼だけど、本当は自分に対してどう思っているんだろう? そんな風に考えたことのある女性は少なくないでしょう。ちょっと怖いけど、彼のホンネを知りたい……! と感じているあなたにぴったりの恋愛心理テストです。


別れ話をLINEでしてはいけない理由

別れ話をLINEでしてはいけない理由

LINEでする別れ話。相手が別れたいと望んでいれば、LINEのやりとりはすぐ終わります。ただ残念ながら、そんなに都合よくタイミングが合うことはなく、揉めてしまったり、せっかくの良い想い出を台無しにするようなセリフを打ってしまったり……。LINEで別れ話をしないほうがいい理由についてお話しします。


興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

「興味ない」のにしつこくLINEしてくる相手に対し、どう反応すればよいのか……悩んだことはありませんか。飲み会や忘年会が増え出会いも増える年末に向けて、LINEでしつこい人に対処する方法や気をつけたいことを考えてみました。


片思いが成就しない人の特徴。恋に夢中になるからこそ陥りがちな6パターン

片思いが成就しない人の特徴。恋に夢中になるからこそ陥りがちな6パターン

気になる男性ができたけど、いつも片思いのまま終わってしまう……こうした経験を持つ女性は、世の中に数多くいらっしゃるかと思います。思いが実らず一方通行で終わってしまう女性には、ある特徴や決まった考え方があります。今回は、なにが原因で片思いが成就しないのか、その人の特徴を探りながら分析していきます。


最新の投稿


浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

軽い気持ちで浮気すると、大きな後悔をしてしまうかもしれません。今回は、浮気で後悔しないために知っておくべきリスクについて解説します。


【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

六本木開館10周年を迎えるサントリー美術館が、2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)まで、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を開催。


彼氏の浮気を許す? 許さない? 浮気を許す判断基準とリスク

彼氏の浮気を許す? 許さない? 浮気を許す判断基準とリスク

信じていた彼氏に浮気で裏切られるのは、とても傷つくことですよね。スパッと切り捨てられれば良いのですが、簡単に割り切るのは難しいものです。そこで今回は、彼氏の浮気を許すか許さないかの判断基準と、浮気を許すときのリスクについてお話します。


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テスト

あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テスト

あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テストをご紹介いたします。気になる彼との関係は、女性なら誰もが気になることだと思います。将来のことがわかっていれば、今どう動くべきか、何に注意したらいいかがわかりますよね。


おっぱい