1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【星座占い】おひつじ(牡羊)座の性格や特徴「純粋さの体現者」

【星座占い】おひつじ(牡羊)座の性格や特徴「純粋さの体現者」

Share

プロの占い師が「おひつじ(牡羊)座」の性格や特徴を紹介していきます。3月21から4月20日の間に生まれたのであれば「おひつじ座」です。「純粋さの体現者」というフレーズがぴったりな星座。そんなおひつじ座の性格や特徴・相性・恋愛・結婚・仕事観までを、星座占いの観点からみていきます。

【星座占い】おひつじ(牡羊)座の性格や特徴「純粋さの体現者」

■おひつじ座の性格

12星座の始まりの星座ということもあり、活発な性格です。

赤ん坊のような純粋かつ熱いエネルギーを持っているため、自分が行きたいと思う場所に素直に飛び込んでいきます。その熱いエネルギーは、周りの人にとってはとてもパワフルで頼りがいのあるように見え、気がつけばいろいろな人がついてくることもあるでしょう。

思っていることをそのまま表現するところがあり、率直すぎることを言って周りから引かれることも。とはいえ、純粋な自己肯定感や、息苦しさから飛び出そうとする意志や、チャレンジ精神が強いため、結果的には憎まれない方が多いのもおひつじ座らしさでしょう。

ただ忍耐力には欠けたり、落ち着きがなかったり、精神的に不安定だったりする特徴も。

そんなときは、お酒に頼らず、趣味の時間に没頭したり、スピード感のあるものに触れると、スカッと気持ちの入れ替えができます。

星座でわかる性格の特徴

■おひつじ座の仕事観

12星座の始まりの星座であり、男性星座ということもあるため、カラッとしています。

闘争心が強く、成果を出すために真面目にがんばります。自分で考えて行動することや、新しいことに挑戦することで最も能力を発揮できるでしょう。

人の評価を気にするため、責め立てられるとへこみやすいですが、挑戦する機会を与えてあげると、成果を上げてくれることが期待できます。

基本的にリスクについて考えることは苦手な方が多い傾向があります。身体を使う仕事が得意な方が多いです。

■おひつじ座の恋愛観

トラブルがつきものになることが多いです。

別れた相手と秘密の電話であったり、常にライバルが出現してくることもあります。

別れても完全に縁が切れないことが多く、趣味の合う方や身体の相性が良い方とは、パートナーの目を盗んで連絡をとることもしばしば。

もともと飽き性なところがあるので、ひとりの人では物足りなくなるというのもありますし、おひつじ座の純粋性は結婚していてもしていなくても、気になるものに対して正直に動いていきます。こうしたことを後先考えずに動くので、トラブルが多いのです。

また、「常にライバルが出現」というのは、おひつじ座のパートナーを持った方が感じるものです。

恋愛が成立するまでが最も情熱的で、いざ関係が始まると、そっけない態度になってしまうことも。追いかけることが好きで、マンネリを嫌うところがあるので、飽きさせない演出や追いかけさせるように仕向けるのも大切になりそうです。

■おひつじ座の結婚観

ためらいなく始められる方に嫌悪感を持ちます。

おひつじ座の人は、激しい行動欲があるため、後先考えず動き、不本意に周りに迷惑をかけてしまうことが多いです。

こうした経験から、新しいものへと飛び込むことを我慢してしまうのです。

■おひつじ座の闇の面

早期の結婚を求めていきます。

たとえ生活力が不安定であっても勢いで突き進むところがあります。友人に先を越されると、とても焦りを感じます。

また、結婚してからも趣味や仕事を結婚前と変わりなく続けていく方が多いです。絶えず情熱を注ぎ込めるものを探していくでしょう。

子どもができると責任力が強くなり、男性はより仕事に力が入り、女性は深く愛情を注ぐでしょう。

■好きなもの、嫌いなもの

簡単にできないことや難しいことに挑戦するときにとても輝きます。

プレッシャーが強ければ強いほど、やる気もどんどん出てきます。特に勝負事となると、持ち前のパワーを全部出し切ることができます。また家にいるよりは外にいることの方が好きなようです。

抑圧されることや単純作業の繰り返しなどは嫌いなようです。また、設備がしっかりしていなかったり、詰めの甘いことなどには、辛辣なことをストレートに言葉にしてしまいます。神経質ではないのですが、こだわりを持っている方は多いようです。

■おひつじ座との相性

あなたの行動を見守ってくれ、叱咤激励してくれる方との相性が良いです。

逆にあなたの行動に厳しく規制してくる方とは相性は良くないでしょう。

■おひつじ座の性格の背景

占星術において、おひつじ座は黄道12宮の第1宮です。
太陽がこの宮に入る時期を持って春分とされます。大地は勢いよく芽を吹き、緑が萌えだします。

ギリシャ神話では、継母に嫌われていたプリクソスとヘレを嘘から救った黄金の毛を持つ羊がモデルとなっております。

バビロニア時代は春分を年初として、おひつじ座を年を導く星座として別格の扱いをしていました。
おひつじ座は真の開拓者であり、先導者であると言えるでしょう。

どんな障害も恐れず人々を新天地へと導く指導性が豊かな星座です。

おひつじ座のキーワードは

「我れ有り(主張)I am」

人生で言うと、心はまだ本能に支配されているものの、もっとも生命力の旺盛な赤ちゃん時代です。

積極的な自己主張を通じて自分の生きる姿勢を確立することの重要さを学ぶのです。

おひつじ座の守護星は火星です。

勇気、闘志、情熱、活動力、肉体的なエネルギーを司る惑星です。

火星はどこに位置していても、関係する事柄の紛争を表面化します。
しかし、本人にその問題に立ち向かう意志力を授けるのです。

火星は、物事に積極的に取り組む力や、困難や障害にもくじけない力を与えてくれる反面、
不和や争いを招いたり、攻撃性や侵略性を強くしてしまいます。

人生を力強く突き進んでいくために大切な熱量の使い方を教えてくれるのです。

Share

ホロスコ

幼少の頃から宇宙の魅力に惹かれ、本当の本当を追求していたら西洋占星術に出会う。現在星読みを生業に生きてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article