1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. せっかちやめたら、世界が変わった【田中里奈#3】

せっかちやめたら、世界が変わった【田中里奈#3】

Share

田中里奈さんによる連載、今月は「ごきげんな生活」がテーマです。実は昔はせっかちだったという田中さんが、せっかちな自分とお別れしたきっかけは。そして、せっかちをやめると、自分自身や生活がどう変わっていったのでしょうか――。

せっかちやめたら、世界が変わった【田中里奈#3】

こんにちは、田中里奈です。今月のテーマは、「ごきげんな生活」。前回の記事でも少し触れたように、私は「機嫌よくリラックスして過ごしていると、いいことが向こうからやってくる」という持論を持っています。どうしてそう思うようになったのか。そのきっかけを含めて、少しお話しさせていただきますね。

「行きたい理由」だけを大切に、かろやかに旅するといいことが起きる【田中里奈】

https://p-dress.jp/articles/6534

『DRESS』読者の皆さん、こんにちは。田中里奈です。先月からスタートしたこの連載では、生き方や考え方をテーマにお話をさせてもらっています。今回のテーマは「旅」。行きたい理由がひとつでもあれば、ふらっと軽い気持ちで出かけるのが好きです。シンプルに、行きたい理由だけを持って出かけると、結果的にすごくいい旅になりますよ。

■焼肉屋で「せっかちやめた事件」

10代の頃は、私も周囲と違わず“悩み多き青春時代”を送っていました。でも大学1年生の頃、「人は変われる」と確信したのです。その名も、「せっかちやめた事件」。

それまで家族としか行ったことがなかった焼肉屋に、初めて友達と行ったときのこと。我が家のスタイルでは、お皿にある肉はどんどん焼いていき、常に網の上に何かしら乗っているのが当たり前でした。その日もいつものように焼こうとしたところ、友達に何度も「焼くのが早い!」と制止されてしまったのです。

自分のペースで焼けないので、私はイライラしてしまい、心穏やかではない状態に。でも友達のほうは、美味しそうにお喋りしながらお肉を食べていました。同じ焼肉を食べるというシチュエーションなのに、友達は楽しそうで、かたや私はイライラ。そのときに、「もしかして、せっかちってすごく損かも?」と。自分の思うようにペースが進まないことで焦ったり、取り乱したりするのは、誰よりも自分にとって損なことだと気づきました。

そのとき、「せっかちをやめよう」と決意しました。生まれつきの性格で治らないような気がしていましたが、考え方が変わったことで、自然とやめられたのです。「見方を変えるだけで、性格って変えられるんだ」。目からウロコの発見でした。

■わざわざ「悩み」を連れてこない

せっかちをやめてから、ストレスも減らせるようになりました。それまでは、起こってもいないことや考えてもどうにもならないこと、つまり「悩んでも仕方のないこと」にかなりの時間を割いていました。悩みを自分で連れてきて、自分でストレスにしている。これって1ミリも得にもならないから直そう、と思ったのです。

悩みやストレスの原因になりそうなことに出会ったら、「これは今、悩むべき事なのかな」と一度検証し、私が悩んでも仕方がないことだと思ったら、悩むのをやめる。いかに物事を客観的、中立的に見て、自分で解決していくか……ということにも注力していましたね。そんなことを続けているうちに、いつのまにかストレスフリーに。

心の持ち方次第で、物事はどうにだって捉えられる。自分次第で、いくらでも“ご機嫌な生活”は送れる。そのマインドは、仕事の上でも役立ったように感じています。

■「自分だからできること」を突き詰める

私が読者モデルを始めた頃、世の中にはたくさんの読モがいました。可愛い子もステキな子もいて、比べて落ち込むことが一度もなかったとは言いませんが、そのときには既に、「どう捉えるのが一番、自分のプラスになるかな?」という考え方ができるようになっていました。

「“私だからできること”を、とにかくやっていこう」と思い、言葉を大切にしてブログを1日何件も書いたり、すべてのファンレターに返事を出したりしていました。マメな性格であることは自覚していたので、それを活かしてがんばろうと。雑誌は作り込まれたものを見てもらう場所だけど、ブログは“自己表現ができる場所”として大切にしていました。

そうして機嫌よくがんばっているうちに、いろいろなお話をいただけるように。気がついたら、ものづくりにも携わるようになっていました。自分にしかできないことを突き詰めていった結果、その“煮こごり”の部分が今の私になった。

うまくいっている人を見たときは、その感覚だけをもらって、真似はしません。今、ライフスタイルを仕事にできているのは、早くにストレスフリーになれたこと、そして「今の私だからできることは何だろう?」という視点を持てたことが大きかったのかなと思います。

構成/外山ゆひら

Share

田中 里奈

広島出身の青文字系モデル。様々な企業やブランドとのコラボやプロデュースを中心に活動。国内外を飛び回りながら、場所や肩書にとらわれない働き方とライフスタイルを提案してます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article