1. DRESS [ドレス]トップ
  2. トラベル
  3. 「行きたい理由」だけを大切に、かろやかに旅するといいことが起きる【田中里奈#2】

「行きたい理由」だけを大切に、かろやかに旅するといいことが起きる【田中里奈#2】

Share

『DRESS』読者の皆さん、こんにちは。田中里奈です。先月からスタートしたこの連載では、生き方や考え方をテーマにお話をさせてもらっています。今回のテーマは「旅」。行きたい理由がひとつでもあれば、ふらっと軽い気持ちで出かけるのが好きです。シンプルに、行きたい理由だけを持って出かけると、結果的にすごくいい旅になりますよ。

「行きたい理由」だけを大切に、かろやかに旅するといいことが起きる【田中里奈#2】

■旅はフットワーク軽く。「行けない理由」は集めない!

私は、ふらっと出かける旅が大好きです。ひとつでも行きたい理由があれば、フットワーク軽く出かけるようにしています。シンプルに、行きたい理由だけを持って出かけると、結果的にすごくいい旅になる。経験からそう実感しています。

「旅に行きたい」の後に、だけど時間がないし、休みも短いし、一緒に行く友達が見つからないし……と“行けない理由”を集めて悩んでいる人もよく見かけますが、そうしたマイナス要因は、集めようと思えばいくらでも集められるもの。

何か新しいことを始めるときもそうですが、旅に関しても、余分な考えはできる限りくっつけないよう心がけています。

■「ロンドンへお茶しに行くのが目的」の旅をしました

昨年12月には、「ロンドンへお茶をしに行く」という目的で、個人的な旅行をしました。旅に行く前から予定を詰め込みすぎると、予定をこなすことが目的になる“スタンプラリー旅行”になりがち。

行ってみて感じたことに従って楽しもうと思っていたので、事前に決めていたのは、2週間ロンドンに滞在している友人とお茶をする、ということだけでした。

現地では当初の目的通り、内装が全面ピンクでとってもかわいい「sketch」というお店でアフタヌーンティーを敢行。偶然にもタイミングが合って、現地在住のスイーツアーティストKunikaちゃんや、イラストレーターのクラーク志織さんにも会うことができました。

トレンドやアートがいっぱいの“ショーディッチ”エリアに滞在し、街中でBanksyのアートを探してみたり、テート・モダンという現代美術館に出かけたり。実質3〜4日の短い旅でしたが、行きたいところも行けたし、会いたい人にも会えて、とても充実した旅に!

■気分よくリラックスしていると、「いいこと」が向こうから寄ってくる

実はこの旅、フライトの予約もギリギリまでしていませんでした。「行きたくなったら行こう」と思っていたからです。

行く予定だった日にちがきても、仕事の兼ね合いもあってなかなか行く気になれず、ようやく飛行機に飛び乗ったのは、休みが残り5日という日。しかもロンドンに着いたら、「大雪で飛行機から5時間出られない」という事態にも遭遇。

予定を詰め込んでいたら、それらをこなせなくて相当イライラしたと思うのですが、その日は友人と合流をしてご飯をする予定だけだったので、「雪のヒースローも綺麗だな、仕事もできるし、こんな風景に出会えるなんて幸せだな〜」と機内で気分よく仕事をしたり本を読んだりしながら過ごしていました。

ようやく機外に出られてからも、入国審査は大渋滞。荷物もどのレーンから出てくるかわからないような状況でしたが、機内で隣だった方から有力情報をゲット。

大混乱の空港内で、なんと5分で荷物を回収でき、あっという間に空港を出られました。普段から思っていることですが、「気分よくリラックスしていると、いいことがあるな!」と改めて確信しました。

帰国後も、「最高な旅だったな〜」と浸っていたら、仕事でまたロンドンへ行けることが決定。もし「ここに来るのは一生に1回かも」「滅多に行けない場所だから」なんて気合を入れすぎていたら、多分こんな可能性もキャッチできなかっただろうと思います。

旅に出かけることを重たく捉えず、「ちょっとティスティング。気に入ったらまた行けばいいし!」くらいに思って気軽に出かけて行ったほうが、いいことが起こる。私はそんな気がしています。

構成/外山ゆひら

「整理整頓」の春。手放すと新しいものが入ってくる【田中里奈】

https://p-dress.jp/articles/6349

読者モデルからキャリアをスタートさせ、現在はさまざまな企業やブランドとのコラボレーションやプロデュースを中心に活動する田中里奈さんの連載がスタート。国内外を飛び回りながら、場所や肩書にとらわれない、これからの時代のライフスタイル、ワークスタイルを提案します。

Share

田中 里奈

広島出身の青文字系モデル。様々な企業やブランドとのコラボやプロデュースを中心に活動。国内外を飛び回りながら、場所や肩書にとらわれない働き方とライフスタイルを提案してます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article