1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 複数の女性を平気で愛せる男性の心理

複数の女性を平気で愛せる男性の心理

Share

男性の中には、特定の人を彼女とせずに複数の女性と関係を持つような人もいます。自分は付き合っているつもりでも、何だかほかの女性の気配を感じるときは、自分も彼が抱える「案件」の中のひとりという可能性も。どうしてひとりの女性だけを愛せないのか、たくさんの女性と関係を持ちたい男性の心理についてお話します。

複数の女性を平気で愛せる男性の心理

■決して「彼女」とは言われない関係

「同じサークルの男性とお付き合いしています。

出会ったときは向こうから話しかけてくれて、一緒に過ごすうちに好きになりました。

体の関係を持つようになり、『好きだよ』とも言ってくれるのですが、サークルでは『付き合っているとは言わないで』と言われて不信感を持っています。

最初は『詮索されるのが嫌なのかな』と思っていたのですが、サークル内の友人に聞いたところ、私の知らないところでほかの女性とも親しくしているようで、確かにこそこそとLINEをしているのは感じていました。

先日、その女性とドライブしているのを友人が見かけて教えてくれました。

私には『友達と約束があるから』と言っていたのに、何をしていたのかと彼を責めると『彼女でもないのに束縛しないでほしい』と逆ギレされ……。

『じゃあ別れる』と言うと慌てて機嫌をとってきましたが、結局やはりサークルではあくまでも友人、彼はその女性以外の人とも仲良くしています。

浮気癖のある人なら別れれば良いのですが、私を優先してくれることも多く『お前が一番俺のことをわかってくれている』と言われるとなかなか諦めきれません。

ほかにも会っている女性がいるとしても、私が一番ならそれでいいと思って我慢していますが、正直つらいです。

これから、彼とはどのように付き合っていけば良いのでしょうか」(34歳/販売)


「好きだよ」とは言ってくれるのに、彼女として周りに紹介してくれない。

そんな扱いを受けると、誰でも悲しいし付き合うのもやめようと思いますよね。

こういう関係は、そもそも交際していることすら曖昧にされることが多く、女性は自分が男性にとってどんな存在なのかわからずに苦しむことになります。

単にセフレとしてつなぎとめたいだけなのか。本当に愛されているのか。

ポイントは、今のつながりを「自分から選ばされていないか」ということ。

別れると言えば機嫌をとってくる。なだめすかして自分から離れないように仕向けるけど、実際に男性のほうから「そばにいてくれ」「彼女になってくれ」と決定的なことは言われない。

気がつけばいつも自分が許す側であり、男性にとっては「こちらの意思で一緒にいる」ことになっている。

こんな関係を続けようとする男性には、真剣にひとりの女性を愛そうとする気持ちはありません。

恋愛感情はあるから「好きだよ」とは言えるけど、「彼女」のように立場を決定づけるような存在にするのは避けたい。

ほかにも遊びたい女性がいるし、できればみんな対等な位置において自分は「つまみ食い」をしていたい。

関係をコントロールするのは自分であり、女性たちはあくまでも「選ばれる側」なのですね。

どうして男性はこのようなことができるのでしょうか。

■「決定打」を避ける心理

ひとりの女性を一度「彼女」と決めてしまうと、関係に重みが生まれます。

本来、交際は1対1でするものです。女性の愛情を受け取り、自分も愛することを決めたなら、ほかの女性に目を向けることはしなくなります。

多くの男性は、女性と付き合うことに対して責任を持とうとします。それが男らしさであり、ひとりの女性をしっかり愛して幸せにすることが喜びでもあるからです。

ですが、上記のような男性は、まずこの責任を避けます。

重みのある関係は負担であり、自由を奪われるもの。ひとりに縛られるようなつながりは嫌だから、「彼女になって」「付き合って」のような決定打は打ちません。

その代わり、マメな連絡をよこしたり一緒に過ごす時間を増やしたり、セックスで満足させたりすることによって、女性を自分の元に縛ろうとします。

決定的な言葉は言わないけれど、行動によって愛情(のようなもの)を示す。多くの女性は、「彼女とは言われないけど、こんなにしてくれるんだから愛されているはず」と勘違いします。

そして自ら彼とのつながりを大切にしようとするのです。

彼からの連絡を待ち、会えるときは尽くし、より愛されるために努力する。

それこそ男性が望むもので、何かあっても

「俺は何も言っていない。自分がやってきたんでしょ?」

という逃げ道があり、責めを負うことから逃げられます。

決定打を打たない限り、俺に責任はないはず。

そんな甘えが、男性を複数の女性と関係を持ちたいという欲に走らせます。

■どの女性も「全力で愛する」ふりをする

上記の女性もそうでしたが、こんな男性は関係を持つどの女性のことも、最初だけは「全力で愛する」ふりをします。

関係が始まったばかり、気持ちが新鮮なうちは、ほかの女性より優先度が高く密度の濃い時間を過ごすことによって、女性に愛されている安心感を与えます。

ですが、つながりが安定してくると、男性の中でほかの女性の存在が思い出されます。

新しい女性の愛情をしっかり感じたことで心に余裕ができ、「少し離れても大丈夫だな」と思うようになると、これまで距離を置いていたほかの女性を「つまみ食い」したくなるのですね。

そのときも、新しい女性が不安を持つような素振りは見せません。仕事や家族のことなど、もっともらしい理由をつけて自分の時間を確保し、終わったらまた女性の元へ帰るのです。

「ちゃんと帰ってきてくれる」ことで、会えない時間ができても女性は男性を信じていられます。以前と変わらずセックスしてくれたりプレゼントをくれたりと、「全力で愛している」フォローを男性もまた欠かしません。

■女性が持つ違和感に男性は気づかない

しかし、そんな嘘を続けていると、必ずどこかでほころびが生まれます。

会社や家族の言い訳はいつまでも通用しないし、ほかの女性に手を出している限りその姿は誰かに見られ、他人の口にのぼります。

気が多い男性ほど女性のウワサになりやすく、隠したくても「しっぽ」は出てしまうのですね。

いずれ新しい女性が自分のやっていることを知る機会は訪れるし、そこで責められるのは避けられません。

そのときになって慌てて「お前が一番だよ」「あの子は違うんだよ」と言っても、はじめは丸め込めていてもやはり無理は続かないのです。

女性だって馬鹿ではありません。自分が蔑ろにされていること、自分より優先している女性がほかにいる事実は、いずれ愛情が冷める原因になります。

「いつか目を覚ましてくれるだろう」「自分を一番にしてくれるだろう」と女性は考えますが、いつまで経っても変わらない男性を見ていれば、去ることを選ぶのは必然です。

男性は、女性のこうした違和感に気がつきません。

自分は上手くやれている、「ちゃんと」みんなを対等に愛せているはず。

こんな大きな勘違いが、最後は女性に別れを選ばせます。

■誰からも愛されない結末

上記の彼女は、彼の車が浮気相手の家に一晩停めてあり、次の日の朝ふたりが出てきた「現場」を押さえ、別れ話を突きつけました。

いきなり登場した彼女の姿に彼はおおいにうろたえたそうですが、

「あんたみたいな男、最後は誰からも愛されないんだろうね」

という最後の言葉に真っ赤になっていたそうです。

そして、後日その女性からも捨てられたことをサークルで聞きました。

愛する男性と幸せな夜を過ごした次の日に、(この女性にとっては)浮気相手が目の前に登場して罵倒するなど、普通ではありません。

こんな目に遭ってまで男性とお付き合いを続けるほど、この女性も愚かではないということです。

男性は、こうして一気にふたりの女性を失いました。

それだけではなく、「いろいろな女性に手を出しては騙して付き合う」ことがサークルの中で知れ渡り、今では彼の相手をする女性はいなくなったそうです。

彼女の言う通り、こんな男性には誰からも愛されないつらい結末が待っています。

■不審を感じたら確認する

・最初は情熱的だったけど、会えない時間が増えた
・いつも同じような言い訳をされる
・デートをドタキャンされる
・一緒にいるときもLINEや着信が多く、やりとりしている相手を隠す
・スマホに触らせない
・「彼女」とは言われない
・友人などに紹介してもらえない


付き合っている男性にこんな不審な点が見えたら、必ず「自分は彼にとってどんな位置なのか」を確認しましょう。

何より知りたいのは、

・自分は「彼女」という立場なのかどうか

です。

はっきりと「私は彼女だよね?」「付き合っているって周りに言いたいんだけど」と伝え、男性の考えを聞きましょう。

本当に後ろめたくないのなら、女性の立場を尊重する言葉が返ってくるはずです。

「彼女だと思っているし、今度友達に紹介するよ」
「サークルの中では付き合ってるのを知られると面倒くさいから黙っていたいけど、君の友人なら構わない」

など、女性の不安を取り除くことを「行動」で示してくれるかどうか。

決定打を打たない姿勢が見えたら、そこには理由があるはずです。

男性の甘えを許さず、自分の時間を無駄にしないためにも、不審を感じたら関係はきちんとふたりで確認することを忘れないでください。

実録! 不倫したい男性がよく使うセリフ

https://p-dress.jp/articles/6571

不倫相手が欲しい男性は、まず女性をその気にさせるために口説いてきます。女性が関係を持ちやすい「事情」を作るために、平気で嘘をつく男性もいるので油断は禁物ですが、どんな言葉で女性を誘うのでしょうか。実際に女性に聞いた「不倫したい男性がよく使うセリフ」をまとめてみました。

遊び目的で女性を誘う男性の特徴って?

https://p-dress.jp/articles/6443

異動の発表もあり、職場が慌ただしくなる季節。男性の中には「どうせ離れるなら遊んでおこうかな」と下心を持って女性に近づく人もいます。憧れていた人に誘われても、喜ぶのはちょっと待って。その誘い方やLINE・メール、本当にあなたのことを考えていますか? 気をつけたい男性の特徴についてご紹介します。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article