1. DRESS [ドレス]トップ
  2. グルメ
  3. チーズ×オリーブオイルのコラボが最高。蕎麦屋哲心の「醍醐」を食べてみて【宮崎ごはん#2】

チーズ×オリーブオイルのコラボが最高。蕎麦屋哲心の「醍醐」を食べてみて【宮崎ごはん#2】

Share

美味しいもの揃いの街、宮崎市。中心街に位置する西橘通り、通称・ニシタチ周辺の、グルメ通たちに愛される店を5つご紹介します。第2回目は人気の蕎麦店「蕎麦屋哲心」。京都の老舗和菓子店で修行した二代目が作る、「醍醐」などのニュータイプの蕎麦や甘味も人気です。

チーズ×オリーブオイルのコラボが最高。蕎麦屋哲心の「醍醐」を食べてみて【宮崎ごはん#2】

グルメな人々からアツい注目を集める街、宮崎市。温暖な気候が作り出す色の濃い野菜に、豊かな自然のなかで育てられる牛や鶏、美しい海で採れる魚介など、素晴らしい素材が揃ってます。素材を活かした美味しいものをいただけるのが宮崎市の魅力のひとつです。

そんな宮崎市で先日、堀江貴文さんと名店10軒をハシゴするイベントが開催されました。宮崎市の中心街に位置する西橘通りのほか、中央通りや西銀座通りなどを中心に、1000軒を超える店が連なる通称・ニシタチの、グルメ通御用達のディープな店をめぐりました。

今回堀江さんが回った10軒のうち、『DRESS』目線で5軒をセレクト。イベント中に堀江さんが食したメニュー1品のほか、お店がおすすめする1品をご紹介します。宮崎市を訪れる際の店選びの参考にしてください。

■挑戦し続ける老舗「蕎麦屋哲心」

宮崎市中心部にある「蕎麦屋哲心」は、全国からお客さんが集まる人気の蕎麦店です。2代目の小田哲さんは京都の老舗和菓子店「末富」で18歳から5年間修行。

「父(創業者)にはない引出しを作りたかったんですよね」(小田さん、以下同)

12年前に宮崎に戻ってきてからは、初代と共に店に立っています。その頃からメニューに甘味が加わるようになりました。美味しい蕎麦を提供する哲心に、別の顔が生まれたのでした。

たとえば、「大人のわらび餅」(500円・税込、限定20食)。わらびの根から取り出したデンプンを乾燥させた、本物のわらび粉だけが使われています。

年に200kgしかとれない貴重な国産わらび粉だけで作られるわらび餅は、「これまで普通に食べてきたわらび餅は、わらび餅とは別物の甘味なのでは?」と思わせるほどのインパクトです。

口の中に入れると、すうっと溶けて消えていく。でんぷん粉が混ざった、もっちりしたわらび餅とはまったく違う食感。提供する直前に振られたきなこから、香ばしい香りが漂い、匂いでも幸せになれます。

■チーズ×オリーブオイルがこっくりとした美味しさの「醍醐」

先に甘味の話をしましたが、ここからは蕎麦のご紹介を。哲心を代表するメニューのひとつになっているのが「醍醐(パルミジャーノチーズとオリーブオイル)」(1280円・税込)。

ちなみに醍醐とはチーズ(蘇)の和名。2014年9月に裏メニューとして提供したところ、大きな反響となり、2015年にはレギュラーメニューになりました。

「パスタに合う食材だったら、蕎麦とも合うやろ、と思って作りました。当時、父と母は驚いてましたけど(笑)」

36カ月熟成したパルミジャーノチーズが蕎麦の上にたっぷりと、まるで粉雪のようにふんわりと乗っています。てっぺんにはコクのある卵黄。そのすべてを専門店でこだわって選んだというオリーブオイルと絡めていただくと、パスタを食べているかのよう。

口の中で洋のチーズ、オリーブオイルと和の蕎麦がタッグを組み、なんとも魅惑的なこっくりした味が生まれます。蕎麦とチーズ、オリーブオイルがこんなに幸せな組み合わせだったとは……と、食べながら恍惚とした表情になっている自分に気づきます。

最後は蕎麦湯を加えると、ポタージュスープのようになり、すべて飲み干したくなるほどの美味しさです。

■品良くさっぱりした「もずくそば」は4月末まで

最後にもう1品、4月いっぱいまで提供している「もずくそば」(1600円・税込)をいただきました。

長年、通年メニューとして出していましたが、使用している糸もずくの生産者が廃業したのを機に、寒い時期のみの月替りメニューになっていました。現在は当時とは別の生産者の糸もずくを使用しているそう。

もずくそばって酸っぱそう……というイメージがあるかもしれませんが、“もずく酢”を使っているわけではないため、酸っぱさはまったく気になりません。

あたたかい蕎麦の上にたっぷり乗った、とろりとしていて品のいいもずく。海や潮の香りを連想させるさっぱりとした美味しさはやみつきになりそうです。

哲心の常連さんには「いつも醍醐を食べる人」「いつももずくそばを食べる人」というように、決まったメニューしか食べない人は少なくないそう。言い換えると、哲心でしかいただくことができないメニューがあるからこそ、地元の人のみならず、遠路はるばる訪れる人が多いということでもあります。

「いつ、どんな方が来ても美味しいものを出す」精神は先代のころからそのままに、新しい感性を活かしたメニューを楽しめる哲心。小田さんの「食べることを通じた幸せ(=口福)」を追求するブログを読んでいると、店や蕎麦、お客さんへのまっすぐな愛が伝わってくるはずです。

■蕎麦屋哲心

宮崎県宮崎市橘通東3丁目4−9
TEL 0985-27-7724
https://oisweee.exblog.jp/

Text/池田園子
Photo/サトウナホ

取材協力/宮崎市
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/

愛されて40年、老舗洋食店「らんぷ亭」2代目が作る新しい洋食【宮崎ごはん#1】

https://p-dress.jp/articles/6545

美味しいもの揃いの街、宮崎市。中心街に位置する西橘通り、通称・ニシタチ周辺の、グルメ通たちに愛される店を5つご紹介します。初回は40年の歴史を持つ老舗洋食店「らんぷ亭」。二代目店主が生み出す新感覚の洋食が話題です。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article