1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 恋愛経験が少ない男性の特徴と、効果的なアプローチ

恋愛経験が少ない男性の特徴と、効果的なアプローチ

Share

春は出会いの季節。新しい人間関係を築く中で、恋愛に発展しそうな男性もいるかもしれません。でも、いいなと思った男性がいるんだけど、何だか関係がスムーズに進まない。そんなときは、彼の恋愛経験が少ない可能性を考えてみましょう。つまずくことが多くても、彼らは真剣です。そんな男性の特徴と、どんなアプローチが効果的かお話します。

恋愛経験が少ない男性の特徴と、効果的なアプローチ

■通じない好意

「春から本気でダイエットしようと決めて、ジムに入会しました。

そこで出会ったのが彼で、私より3つ年上の34歳。電気設備の点検などを行う会社に勤めていて、地味だけど真面目そうな雰囲気に引かれました。

先に入会していた友達を介して仲良くなり、ジムでよく話すようになったんだけど、何だかぎこちない態度ばかり取られています。

でも、ひょっとしたら迷惑かな? と思って挨拶だけにしようとしたら向こうから近づいてくれたり、LINEには必ず返信をくれたりと、決して嫌がられているわけではないようで。

どう接すれば良いかわからないまま、先日マフィンを焼いたので、彼にもおすそ分けしようと持っていきました。

もちろん、彼だけだとプレッシャーに感じるかもと思って友人にも渡したのですが、その夜彼から『お礼がしたいけど、何がいいですか?』とLINEが。

マフィンだし結構ですよ、と返したらそこで会話が終わってしまい、傷つけたかもと思ってハラハラしていました。

次にジムで会ったときに改めて『お気持ちだけで嬉しいです、ありがとうございます』と言ったら『俺なんかにプレゼントもらっても嫌なのかなって……』と返ってきてびっくり。

こっちはいつも好意を見せていたつもりだったのに、彼には通じていなかったのか、と思うとこれからどうすれば良いのか本当にわかりません。

こういう人は、鈍感なのでしょうか? 自分に自信がないタイプ?

恋愛について話をできるほど親しくもなれていないし、どう接していけば良いですか?」(31歳/サービス)


思ったように関係が進まないと、もどかしいし「本当は嫌われているのかな?」と不安にもなりますよね。

この彼のように、なかなか打ち解けてはくれないけれどアプローチもある場合は、何を考えているのかわからないので余計に近づきにくく感じます。

ですが、これが恋愛経験の少ない男性の大きな特徴。

彼らは鈍感なのではなく、女性からの好意に気がついていても、はっきりしたものでなければ確信が持てずに自分から行動することをためらいます。

ですが、小さなアプローチを止められないのは、自分も同じように親しくなりたい気持ちがあるからです。

自分に自信がないのも彼らの言動に表れます。

お礼を断られたことで、「やっぱり勘違いだったのか」とすぐ手を引っ込めてしまうのですね。

こんな男性には、女性からはっきりした気持ちを伝えるのが有効。「自分が好意を持っても受け止めてもらえる」という安心を与えることで、彼らは勇気を得ると思いましょう。

■恋愛経験が少ない男性の特徴

恋愛経験の少ない男性は、

・「自分はモテない」と思っているので好かれている実感を得にくい
・先に好かれていないと自分も好意を見せられない
・自分から積極的に誘ったりするのは苦手
・連絡は相手からの1通目を待つ
・恥をかくのが怖いので告白なんて無理


などの特徴があります。

女性のほうから親しくなりたい気持ちを伝えれば、よほど嫌いでない限り応えてくれるもの、と思いますが、彼らの場合は女性の好意をまっすぐ受け止めることがすでに難問。

「なんで俺なんかに声をかけるんだろう」「本当はからかっているだけかも」など、女性の態度の真意を考えすぎてしまいます。

でも、好かれて嬉しくないのかといえばそうではなく、普段モテないと思っているからこそ女性からの好意には敏感で、すぐその気になるのも彼らです。

決して恋愛を避けたいのではなく、単純に慣れていないからどう振る舞えば良いかわからないだけなのですね。

上記の彼の場合もそうで、話すときにぎこちないのは緊張しているからで、でも彼のほうから声をかけてくるのは彼女に関心があるからです。

彼らにとって、自分から行動を起こすのは勇気のいること。「嫌な顔をされたらどうしよう」「勘違いだったらどうしよう」という不安が強いので、自然と受け身になることが多くなります。

それでもチャンスを逃したくないので、彼らなりの応え方でがんばろうとするのですね。

■「俺なんて好かれるはずがない」という呪縛

上記の彼の場合、彼女から手作りのマフィンをもらったことは大きな衝撃でした。

女性にとってはよくあること、特に気持ちを込めたものでなくても、恋愛経験が少ない男性はそんな機会すらないことが普通。

自分のために焼いたものではないとわかっていても(本当はそうだけどそこまでは気づかない)、自分も贈りたい相手のひとりになっていることが、男性の中で「特別感」を生みます。

だから、お返しを考えます。お礼に何かプレゼントしたいと提案するのは、「自分もあなたのことを特別な人だと思っています」という彼らの大きなアピールです。

ですが女性のほうは恐縮しますよね。「そこまでしてもらわなくても」という遠慮がありますが、それが恋愛経験の少ない男性には「拒絶」に見えてしまいます。

女性なりの遠慮や気遣いまで気が及ばず、「提案を断られた=拒否された」と変換してしまうのも、自信のなさが原因です。

お礼を断ったら会話が止まってしまった。これでは、女性のほうは「気を悪くしたのかな」と気に病みますが、男性はそこまで考えることができません。

拒否されたんだから、もう引っ込もう。これが彼らの考えです。

上記の彼女は、『俺なんかにプレゼントもらっても嫌なのかなって』と言われたことがショックだったそうです。

自分の好意が何も伝わっていなかった、と思い知るのは確かに悲しいですが、彼らの根底には「俺なんかが好かれるはずがない」という諦めが常にあります。

自分としては精一杯の好意なんだけど、受け入れてもらえなかった。それは、恋愛経験が少ない男性にとっては、「やっぱり俺なんか」というショックのほうが大きく、女性側の好意まで諦めてしまうのですね。

恋愛経験が少ないのをコンプレックスに感じる男性は大勢います。

その自信のなさは、女性からの気持ちを真っ直ぐに受け止めることの恐怖、拒否されたときのショックの大きさにつながり、女性の気持ちや態度に対して視野が狭くなりがちであることを、頭に入れておいてください。

■駆け引きは不要、ストレートな愛情表現こそ有効

こんな男性を好きになったなら、まず駆け引きはやめましょう。

思わせぶりな態度こそ、恋愛経験の少ない男性は理解に苦しみます。自惚れることが恐ろしい彼らは、好きな女性から気のない素振りを見せられたらそのまま「俺のことなんて好きじゃなかったんだ」と諦めモードに入ります。

彼らが欲しいのは、何より「本当に好かれているんだ」という実感

それは愛されたいという一方的な欲ばかりでなく、相手の気持ちに確信が持てないと動けない臆病な心の表れです。

本当は、自分だって積極的に気持ちを伝えたい。心を開いて接したい。でも怖い。

これが彼らの本音です。

女性だって、先に愛されたいと思いますよね。自分ばかり好意を見せるのではなく、男性からも愛情のサインが欲しいと思うのは当然のことです。

でも、そんな女心は彼らには通じません。先に与えてもし拒否されたら立ち直れないので、女性の愛情を実感できてからでないと、どうしても動けないのです。

その代わり、確信を得たら彼らは積極的に動きます。

「大丈夫」という安心があれば、女性を食事に誘うのもドライブを提案するのも、ほかの男性と同じように「当たり前」です。

「愛されたい」から「もっと愛したい」へ。それは女性に自分の愛情を伝えることを恐れる必要がなく、良い関係を築いていきたいと勇気を持てるから。

恋愛経験が少ない男性は、お付き合いが始まれば女性からの愛情を受け止めることにもより力を入れます。これまでより女性の言葉に耳を傾け、もっと幸せになってもらいたいと思って行動するようになるのも特徴のひとつです。

駆け引きは不要、ストレートな愛情表現こそ恋愛経験が少ない男性には有効です。

どんどん自分から声をかける。ランチも誘う。一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、男性の中で「本当に好きと思ってくれている」という安心が生まれます。

もし男性の趣味や得意な分野がわかれば、そこを頼るのも良いやり方です。

「クルマのタイヤを替えたいんだけど、どんなのがいいと思う?」「ランニングのウェアが欲しいんだけど、一緒に見てくれない?」など、頼られることは男性のプライドを刺激します。

自分を信頼してくれる女性の存在は、男性にとって手放しがたい力の源です。

それでも、最初は戸惑ったりつまずいたりすることもあるでしょう。スムーズにいかないのは、男性が慎重になりすぎるせいだと思ってくださいね。

気持ちが交わる確信があれば、彼らは誠意を持って応えようとします。

やり方が不器用でも、彼らなりの努力なのだと、広い気持ちで受け止めてあげてください。

時間がかかっても、それだけふたりの愛情はしっかり育ちます。

女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

https://p-dress.jp/articles/4892

恋愛経験値の少ない男性との恋愛は、何かと苦労する場面があるのが現実です。問題なのは、彼らは自分の振る舞いが女性を傷つけたり、がっかりさせたりするのに気づかないこと。彼らには「客観的な視点」が足りないだけなので、なぜそうなってしまうのか、彼らが思うところも、女性には知っておいてほしいです。

追わせる恋愛をしたがる男性には「放置」が効く

https://p-dress.jp/articles/5014

ネガティブな言葉を吐いては、女性に自分を追うように仕向ける男性。彼らは追わせる恋愛をすることで自分の価値を確認したがります。ですが、いつも従っていては相手も甘えるだけ。一度放置してみて、追わない自分を見せましょう。痛みを実感してもらうことで、無駄な「追わせたい病」を止めることができます。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article