1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 死者の国に隠された深いルールとは? 『リメンバー・ミー』は号泣必至の感動作 古川ケイの「映画は、微笑む。」#41

死者の国に隠された深いルールとは? 『リメンバー・ミー』は号泣必至の感動作 古川ケイの「映画は、微笑む。」#41

Share

第90回アカデミー賞で、長編アニメ映画賞と主題歌賞の2部門にノミネートされ、みごと両部門を受賞した話題のディズニー/ピクサー最新作がついに公開されます! カラフルな”死者の国”に迷い込んでしまった主人公・ミゲル。時を超えた家族のつながりに、誰もが号泣すること間違いなしの、感動のファンタジー・アドベンチャーです。

死者の国に隠された深いルールとは? 『リメンバー・ミー』は号泣必至の感動作 古川ケイの「映画は、微笑む。」#41

◼︎愛と音楽が溢れる、カラフルで楽しい”死者の国”へ!

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

本日ご紹介する作品は、ディズニー/ピクサー最新作の『リメンバー・ミー』です。第90回アカデミー賞で、長編アニメ映画賞と主題歌賞の2部門にノミネートされ、みごと両部門を受賞した本作。

10/31〜11/2までの3日間、メキシコ各地で行われる”死者の日”をテーマに、カラフルで楽しい死者の国を圧倒的な美しさで描き出します(この”死者の日”は、個人の魂を迎える祭礼行事)!


町中が「カラフルな切り紙の旗」や「ガイコツの人形」、「オレンジ色のマリーゴールドの花」などで飾られる”死者の日”。

「故人の魂が迷わず戻ってこられるように」と、色と香りの強いマリーゴールドの花びらで作られたオレンジ色の橋が、主人公ミゲルを死者の国へと誘います。

また、物語の鍵となる曲で、ミゲルが憧れる伝説のミュージシャン・デラクルスの大ヒット曲「リメンバー・ミー」を作詞・作曲したのは、『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスのふたりです。

「いつまでも愛する人々に覚えていて欲しい」と願う気持ちが歌われたこの楽曲。

劇中で何度か登場するこの美しい楽曲に、
ある時は胸踊らせ、またある時は心揺さぶられることでしょう。

◼︎『リメンバー・ミー』のストーリー

音楽が大好きで、天才的なギターの腕前を持つミゲルは、彼の住む町が生んだ伝説のスター、エルネスト・デラクルスのようなミュージシャンになることを夢見ていた。

だが、彼の家では、昔に起こったある悲しい出来事から、代々音楽を演奏することや、聴くことすらも禁止されていた。

ひいおばあちゃんのココ、おばあちゃんのエレナや両親と大家族で暮らすミゲルだったが、彼のギターの腕前を知るのは、ノラ犬のダンテだけだった。

先祖の魂を迎える、年に一度の”死者の日”のお祭りの日。

町で開催される音楽コンテストにこっそり出場しようとするミゲルだったが、うっかり祭壇に飾られたひいひいおばあちゃんの写真立てを落としてしまう。

その写真の隠された部分を見たミゲルは、驚愕の事実を発見する。
写真のひいひいおじいちゃんの顔の部分は破り取られていたが、体部分はドクロの装飾が特徴的なエルネスト・デラクルスのギターを持っていたのだった!

憧れのデラクルスがひいひいおじいちゃんに違いないと興奮するミゲルだったが、音楽を禁止している家族は、ミゲルの音楽に対する情熱を知り、大激怒!

ミゲルは、エレナおばあちゃんにギターを壊されてしまうのだった。

どうしてもコンテストに出場したいミゲルは、夜の町へと飛び出し、墓地の奥にあるデラクルスのお墓へと忍び込み、そこに飾られている美しいギターを盗み出してしまう。

そのギターを奏でた瞬間、なんとミゲルは先祖たちが暮らす死者の国に迷い込んでしまう……!

テーマパークのような楽しさに満ちたカラフルな死者の国で、たくさんの先祖たちやひいひいおばあちゃんのイメルダと出会うミゲルだったが、死者の国に迷い込んだ生きている人間は、日の出までに元の世界に戻らないと体が消え、永遠に家族に会えなくなってしまうと聞かされ……。

◼︎死者の国に隠された深いルール。家族の絆に号泣必至!

死者の国から元の世界に戻る方法はただひとつ。

先祖から「許し」を得ること。

大切なミゲルを元の世界に戻したいひいひいおばあちゃんのイメルダは、すぐに「許し」を与えようとしますが、永遠に音楽を諦めることを条件にしようとします。

それでもミュージシャンになる夢を諦められないミゲルは、イメルダの許しを拒否し、ひいひいおじいちゃんだと信じるデラクルスを探して、彼から音楽の許しを得ようとするのですが……。

実はこの死者の国には、さまざまなルールが存在します。

死者たちにとっては、一年に一度、再び家族に会える”死者の日”ですが、祭壇に写真を飾られていない者たちは、生者たちの国へとやってくることができません。

さらに、生者の国の誰からも思い出してもらえなくなってしまったとき、死者たちには、死者の国からも自らの存在が永遠に消えてしまう”二度目の死”が訪れるのです……。

やがて明かされるミゲルの家族の驚くべき秘密、そして感動のラストは号泣必死です!

涙に備え、ウォータープルーフのマスカラと、ハンカチよりも大きなタオルを持って鑑賞することをオススメする『リメンバー・ミー』は、3月16日(金)公開です。

◼︎『リメンバー・ミー』公開情報

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
3月16日(金) 公開
監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
声の出演(吹き替え):藤木直人、松雪泰子、渡辺直美
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:105分
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article