あなたは全部食べられる? 東南アジアで出会った「臭い」フルーツ3選

あなたは全部食べられる? 東南アジアで出会った「臭い」フルーツ3選

11月末に2週間ほどカンボジアへ旅行に行ってきました。滞在したカンポットの街は、街の中心に「ドリアン像」が鎮座するほどの、最高級ドリアンの産地。今回は、強烈な匂いを持つ「果物の王様」ドリアンに加え、東南アジアでぜひトライしたい「臭う果物」を3つご紹介します。


■東南アジアでトライしたい珍しい果物

東南アジア フルーツ ドリアン パパイヤ ドラゴンフルーツ バナナ

タイにベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポールなど、東南アジアは、今人気の旅行先。常夏のこれらの国には、美味しいトロピカルフルーツがたくさんあります。

例えば、マンゴー、パパイヤ、パイナップル、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)、マンゴスチン、ランブータン、シュガーアップル、ライチー、リュウガンなどは、誰もが喜ぶ果物ではないでしょうか。

けれども今回ご紹介したいのは、現地ではポピュラーながら、馴染みのない人の間では好き嫌いの分かれる独特の匂いを放つ果物です。

1.ヘビのような皮を持つスネークフルーツ

まずひとつ目は、アンコールワット遺跡群で知られるシェムリアップで出会った「サラカヤシ」。ヘビのような殻に包まれた見た目から、「スネークフルーツ」とも呼ばれています。

初めて見た、果物屋の店先に積まれたこの不思議な姿のフルーツ、試さずにはいられません!

クメール語ができないので、ジェスチャーだけで1ドル(約110円)分購入。ビニール袋にずっしり20個くらいの分量になりました。

スネークフルーツ 中身 カンボジア

硬いけれど薄い皮をパリパリっとむくと、独特な匂いと共に薄い黄色の果肉が出てきます。味は甘さが強く酸っぱさもあって、意外と瑞々しく爽やかです。

私は美味しいと思ったのですが、一緒にトライした3人中ひとりは「美味しい」、他のふたりは「臭っ! 全部食べられない」と言っていました。 やはり好き嫌いが分かれるようです。

ちなみに、この匂いは一般的にも「油っぽい」「おならみたい」「生ゴミみたい」などと散々な形容がされています。

2.世界最大の果実、ジャックフルーツ

続いては、世界最大の果実と言われる巨大なジャックフルーツ。ブラジルでも頻繁に見かけましたが、重さ30キロにもなる巨大な果物がいくつも木にぶら下がっている姿は圧巻です。

カンボジアでもポピュラーなようで、あちこちの果物屋に並んでいました。大きいためか、中身だけの販売も一般的なようです。

ジャックフルーツを切ると、白〜黄色の5センチほどの房状の果肉がびっしり並んでいて、中にひとつずつ種が入っていて、それぞれ個別に取り出せます。

バナナの花、バナナの後ろに並ぶのがジャックフルーツ

果物屋でジロジロと見ていると、店先でおばちゃんが試食させてくれました。ビニール袋をとると、一斉に飛び立つハエと独特の匂い!

その匂いは、「合成香料たっぷりのバブルガム」「汗の臭い」「ドリアンのマイルド版」などとも呼ばれているそう。

味は、水分や酸味がなく凝縮された独特の甘さ。私は甘党ではないのでそれほど惹かれないのですが、臭う果物の中では比較的食べやすく、一緒に試食した友人も「美味しい」と言っていました。

生食以外にも、スーパーでフリーズドライやチップスになったお菓子を見かけます。

ちなみにジャックフルーツには、硬いものと柔らかいものがあり、今回食べたのは柔らかい方。硬いものは、触ってもツルツルしていて、キュッとした歯ごたえで、薬品っぽさが強調されている気がします。

3.やっぱりこれは外せない! 果物の王様、ドリアン

最後にご紹介するのは、「果物の王様」と称されるドリアン。

「死体の臭い」「腐った玉ねぎの臭い」などと呼ばれる強烈な臭いの先には、虜になるほどの、類い稀な美味が待ち受けていると言われています。

私が訪れたカンポットは、カンボジアで最も美味しいドリアンの産地で、街の中心には巨大なドリアン像まで立っています。ここで食べなければ、どこで食べるんだ、と言わんばかりです。

日が沈むと、ライトアップされるカンポットのドリアン像

ところが、上述のスネークフルーツ、ジャックフルーツに一緒に挑戦してくれた友人たちは、「これ以上の臭さって、もう無理!」と逃げ出してしまいました。

かといって、ひとりで1個食べきるのはハードルが高い。仕方がないので、現地のトゥクトゥク(三輪タクシー)ドライバーを「一緒に食べようよ」と巻き込み、ドリアンを買いに行きました。

トゥクトゥクドライバーと一緒に向かったのは、ドリアン専門の屋台。店先に積まれたドリアンは、一見ジャックフルーツに似ていますが、ジャックフルーツと違うのは表皮がトゲトゲしているところ。

小ぶりで美味しそうなものを選び、その場で開けてもらいました。

中は3つほどに分かれていて、それぞれにゴロリとした薄黄色の塊がいくつか入っています。開ける前はそれほどでもありませんが、包丁を入れると独特の匂いが立ち上りました。手に取って口まで運ぶのに、ちょっと勇気がいります。

薄い膜に包まれた果肉は、ねっとりとしていて甘く、なんとも独特の風味です。脂肪分が多いため、果物を食べているというより、強いて言うならクリームチーズを使ったリッチなデザートのような感じです。ひとつ食べるだけで、かなりの満足感が得られます。

トゥクトゥクドライバーが大半を食べて完食。お値段は、他の果物と比べて高めの5ドル(約560円)でした。

それでも日本から入手することを思えば、他のトロピカルフルーツ同様、とてもリーズナブル。新鮮な完熟品を食べられることも魅力です。

すっかりハマる新しい味に出会えるかもしれません! 東南アジアを旅行する際には、ぜひいろいろな果物を試してみてくださいね。

この記事のライター

フリーライター。アメリカで出会ったブラジル人の夫と、リオデジャネイロ、レシフェ、東京、サンパウロを経て、2014年末よりポートランドへ移住。現在は、フリーライターとして現地情報を日本メディアに提供。得意分野は、カルチャー、ラ...

関連するキーワード


海外旅行

関連する投稿


アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

アートと過ごす贅沢ホテル「ルメリディアン・ソウル」

いまソウルには新しいホテルが続々とオープンしています。今回のソウル旅では、2017年9月にオープンした「ルメリディアン・ソウル」をチョイス。目新しいということに加え、地下鉄9号線新論峴(シンノニョン)駅から徒歩2分、江南駅まで徒歩圏内という立地の良さにも魅かれました。リピート必至の素敵なホテルをご紹介します。


イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリア式クリスマスは新年まで〜ミラノ通信#22

イタリアでは新年6日までクリスマスモード。街中がイルミネーションで華やぎ、屋台は観光客で賑わいます。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


チェコで迎える新年

チェコで迎える新年

いよいよ今年も残りわずか。チェコでは、こんな年越しをしています。


悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

悪い子どもには”石炭”をプレゼント? 12月のチェコに訪れるイベントはクリスマスだけじゃない

チェコでは、12月最初の日曜日に、町のクリスマスツリーの点灯式がありました。クリスマスマーケットが始まり、チェコはもうクリスマスの雰囲気に包まれています。


カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

カンボジアの胡椒は世界一の美味しさ。知って欲しいカンポット・ペッパーの魅力

11月末に2週間ほどカンボジアへ旅行に行ってきました。滞在したカンポットの街は、世界で一番美味しいと言われる胡椒の産地。現地の有機農場で学んだカンポットペッパーの魅力についてお届けします。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい