1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

Share

物を食べるときなどに使う咀嚼筋のひとつ「咬筋」は普段から誰もが当たり前に使っている筋肉です。しかし、この筋肉が発達しすぎると、小顔から遠ざかるのをはじめ、美容面でも健康面でも悪影響が。今回は「咬筋ほぐし」の方法をお伝えします。

大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

私のサロンに「小顔になりたい」と来店くださるお客様の多くは、施術をしていると「顔が凝っているな」と感じます。

顔のコリはむくみやくすみ、毛穴の開きにもつながり、顔の大きさやバランスまでも左右してしまう。その中でも特に「咬筋」が発達している方は、慢性的な顔のコリに悩まされています。

前回のコラム「大顔、エラ張り……小顔になれない理由は『咬筋の発達』」でもお伝えしたように、咬筋が発達すると、美容面にも健康面にも良いことはありません。今回は、毎日の習慣にしていただきたい「咬筋のほぐし方」をお伝えします。

■咬筋が発達するとどうなる?

・頬骨目立つ
・顔が大きく見える
・ほうれい線ができる
・頬がコケて見える
・首が太く短くなる
・顔が凝り、くすみや肌トラブルの原因に
・肩首の凝り・頭痛に悩まされる
・疲れが取れない

咬筋が発達しすぎるのを防ぐためには、3つの筋肉へのアプローチが必要です。

■咬筋の発達を予防・小顔を目指す、3つの筋肉へのアプローチ

咬筋の発達を解消するには、咬筋だけをほぐせばいい、というわけではありません。

側頭筋・咬筋・胸鎖乳突筋の3つの筋肉にアプローチするのが必要です。この3つの筋肉は、それぞれの働きが密接に関わっています。

例えば、首の筋肉「胸鎖乳突筋」が収縮すると、食いしばりなどの咬筋の発達につながります。また、咀嚼するときに、こめかみあたりに手を置いてみてください。一緒に耳の上辺りの筋肉が動くのを感じます。

デスクワークなどの前傾姿勢・猫背などで肩凝り・首凝りがある方は、無意識のうちに食いしばり、結果、頭痛や眼精疲労に悩まされることが多いのです。

胸鎖乳突筋をほぐす

首を横にひねったときに出てくる「胸鎖乳突筋」。

この筋肉が収縮して硬くなると、首が太く短くなり、顔が大きく見えてしまいます。以前コラムでもご紹介した首筋トレーニングで、まずはこの筋肉を伸ばして緩めることが大切です。

美首をつくる首筋トレーニングで、小顔とスタイルアップを叶える

https://p-dress.jp/articles/4568

誰もが憧れる小顔、そしてスタイル美人になりたいなら首を長く細く魅せれば良い。しかし、デスクワークやスマホが原因で首が太く短くなってしまうのが現代女性の悩み。今回は簡単で気持ち良い首をすらっと細くするためのケアをご紹介します。

顎体操

エラの部分に手を当て、下顎を左右にゆっくり優しくスライドさせます(×10往復)。

下顎だけ前に突き出し元に戻す(×10回)。

このとき一緒に首を動かさないよう気をつけて。

咬筋ほぐし

咬筋を掴み親指は顎に添え、他の指で咬筋を上下にほぐします。頬骨の下のくぼみや耳の横は特に凝りやすいので、しっかりとほぐしましょう。

側頭筋ほぐし

耳の上に手根(手の付け根付近)を当て、引き上げるように圧をかけながら、グルグルと円を描きます。このとき食いしばらないよう、奥歯の力を緩めましょう。

■1日1回の習慣にしよう

今回ご紹介した方法は1日に何回行っても問題ありません。就寝中の歯ぎしり・食いしばりの癖で朝起きて顎が怠いとき、仕事で集中して無意識に食いしばっていたとき、寒さで体が丸くなりつい力んでしまっているとき――そんな日常の中での無意識の癖で咬筋は発達します。

咬筋の発達は歯ぎしり・食いしばりなどで、無意識に過度の筋トレを行っている状態。体と同様に鍛えすぎてマッチョな太く強い筋肉になってしまいます。

それよりも、細くしなやかな筋肉の方が女性らしさを演出したいですね。毎日の習慣にして、すっきりした美しいフェイスラインを手に入れてください。

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article