1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. おでこをきれいにして、表情豊かな美人になる。超簡単ケアをご紹介

おでこをきれいにして、表情豊かな美人になる。超簡単ケアをご紹介

Share

おでこをきれいにする簡単なセルフケア方法をご紹介。シワや凹凸がなく丸みのある綺麗な額は、横顔を美しく見せます。さらに、立体感が生まれることで、小顔効果にもつながります。目元がパッチリ開いて、表情も自然と豊かに。額のコリやシワを改善することで、明るく生き生きとした印象にもなります。そんな、おでこの作り方とは――。

おでこをきれいにして、表情豊かな美人になる。超簡単ケアをご紹介

前回のコラム「ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる」で、大人女性の美しさを際立たせる「おでこ」についてお伝えしました。

目元が魅力的で額の骨格の形が美しいのに、おでこや眉間のシワが気になって、わざと前髪で隠してしまうのはもったいないですよね。

額は目元や顔の印象、肌のくすみや全体的なたるみにもつながります。顔のコリや疲労は日々蓄積されるもの。オデコを触ってたるみや厚みを感じたときは、これからご紹介するケアを行ってください。

■おでこをきれいにするケア前の準備

おでこをきれいにするケアの前に、ちょっとした準備をします。おでこと目元にホットタオルを置いて、しばらくリラックスしてください。緊張が和らいで血流が良くなり、変え効果を高める作用があります。

■おでこストレッチ

手のひら全体でおでこをしっかり包んで、頭を前に倒していきます。このとき圧を押し返すように手の圧を上にかけ、反発するように圧をぶつけます(手が滑らないように前頭筋を上げるイメージで)。

両手でしっかり挟むように頭を包み、手根で耳の上の側頭筋をとらえます。

手根に圧をかけながらゆっくりぐるぐると大きく円を描きます。次にグッグッと上に引き上げ、筋膜をはがすように動かしましょう。

■おでこのこわばりをほぐす

まずはおでこにマッサージ用のクリームやオイルを伸ばしましょう。トリートメントを行うときは皮膚を引っ張るのではなく、気持ちいいなと感じるくらいの力加減で行ってください。骨をとらえるイメージで深部の筋肉へ働きかけていきます。

両手の指の腹を密着させ、眉毛の位置から額の生え際まで、おでこの筋膜を剥がすように少しずつ上にずらしながら移動します(皮膚が傷つかないよう、滑らせず一つひとつ丁寧に)。

額全体を指の腹で小さく円を描きながら細かく動かします。ボコッと筋肉が盛り上がっているところや滞りを感じるところは入念に。

■おでこコンプレックスが関わる「目元のお悩み」別アプローチ法

おでこの癖やこわばりは、目元周辺の悩みにもつながります。眉間のシワや筋肉の癖など、それぞれの悩みを解決に導くアプローチ法をご紹介します。

鼻筋の横ジワ・目元の疲れ

左手で鼻骨をつかんで下に引っ張り、同時に右手の指の腹で目頭圧をかけます。5秒間キープ×3回。

反対も同様に行う。目の疲れや鼻筋にできる横ジワにも効果的です。

おでこの深いシワ

深く刻まれたシワは、両指に圧をかけながらジグザグと交互にシワを断ち切るように動かします。

眉上の盛り上がり

眉頭から眉尻にかけて指の腹でぐるぐると円を描くように回す。×5回

眉間や眉の上の筋肉はコリがたまりやすく、この部分が凝り固まると、眉上の筋肉の盛り上がりや眉間のシワや、表情の歪みにもつながります。

眉間のシワ

眉間のシワは小さな範囲に筋肉の強張りが集中して凝り固まっている状態。表情の癖となり、溝のように深いシワを刻んでしまいます。

眉間のシワはネガティブな印象に見せてしまうシワです。下から上に向かって、縦にできた筋肉の凝り固まりや縦ジワを断ち切るよう、ほぐしていきましょう。

■思い切って出せる「おでこ美人」を目指して

おでこのコリがほぐれることで、疲れ目や巡りが良くなり、むくみやクマも改善され、目力アップも期待できます。なにより顔全体が活き活きと明るく見えて、印象がぐっと変わります。

おでこのケアを日々の習慣にしていると、明るい表情の横顔美人に。この春は思い切っておでこを出すヘアアレンジに挑戦してみてはいかがですか。

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article