1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 大顔、エラ張り……小顔になれない理由は「咬筋の発達」

大顔、エラ張り……小顔になれない理由は「咬筋の発達」

Share

小顔ではなくなってしまう原因のひとつが「咬筋」と呼ばれる筋肉の発達。さらに、エラが張って見えたり、表情が硬くなったりします。昔より顔が大きくなった、エラが張ってきたと感じる方は、知らず知らずのうちに、咬筋が発達しているのかもしれません。今回は「咬筋」についてお話しします。

大顔、エラ張り……小顔になれない理由は「咬筋の発達」

小顔と言われる理想の輪郭は、フェイスラインがシャープで顎がキュッと尖った「卵型」。

しかし、日頃の習慣や癖によって、フェイスラインが変わってしまうことも多いです。

例えば、エラが張って見えたり、ベース型の輪郭に見えたりする原因のひとつが「咬筋」です。

■咬筋が発達すると小顔から遠ざかる?

「咬筋」とは物を食べるときなどに使う咀嚼筋のひとつ。

普段から当たり前に使っている筋肉ですが、食いしばる・歯ぎしりをするなどの癖で、咬筋が発達してエラが張ったように見えたり、フェイスラインの形を変えたりしてしまいます。

写真のように頬の下に手を当て、グッと奥歯を噛みしめてみてください。

すると厚みのある硬い筋肉がポコッと出てきます。力を緩めても分厚い鉄板のような硬さを感じるなら、この筋肉が発達してきていると考えられます。

この筋肉の大きさに左右差がある場合は、片方に負担がかかっている場合が多く、顔の左右差にもつながります。片方だけしている癖(いつも同じ側で荷物を持つ、片方の歯だけでご飯を噛むなど)に気をつけてください。

■咬筋が発達するとエラ張り顔、顔の老化も

咬筋が緊張・収縮して固くなることで厚みが出て、徐々にエラが張ったように見えてしまいます。頬骨が目立ってきたり、頬がコケて見えたりする方も少なくありません。

また、筋肉が働くときはゴムのように伸縮しますが、硬くなると弾力も衰え、顔の土台を支える力も弱くなります。フェイスラインの崩れにつながるだけでなく、血液循環やリンパの滞りにより、くすみは肌トラブルの原因・浮腫みやたるみなど、いろいろな「顔老化」症状が出てくることに。

■咬筋のコリをチェックしよう

また、下記項目に当てはまるものが多い方も、咬筋が今後発達し、目立ってくる可能性が高いので気をつけましょう。

・昔よりエラの部分が張ってきた
・フェイスラインの形が変わってきた
・フェイスラインに肉が付きやすい
・顔の左右差が気になる
・前傾姿勢・猫背気味だ
・長時間のデスクワークや座ったままスマホを見る時間が長い
・頬の内側の肉を噛んでしまう
・肩こりや首コリに悩まされている
・こめかみを触ったら痛い
・口角が下がってきた
・口角に左右差がある
・頬骨の高さが昔より目立つ
・ほうれい線の深さに左右差がある
・口を大きく開けにくい
・歯ぎしり・食いしばりの癖がある
・顎が疲れやすい

■咬筋を緩めることを心がけて小顔に

寝ているときに、歯ぎしりや食いしばりをしている方は、歯科医に相談してマウスピースをつくってもらうと良いでしょう。

また、首や肩こりからくる体の緊張が顔にも大きな影響をもたらします。常に疲れやすくなったりストレスを抱えやすくなったりするので、深呼吸する習慣やリラックスする時間を作るなど、筋肉を緩めることを心がけて。

生まれつきの顎の形から、エラが張っている方もいます。骨格の形なら悪いことではありません。

フェイスラインを活かしたセクシー、エキゾチックなメイクが似合うなど、個性的な美しさを演出できるからです。ハイブランドのコレクションなどを見ても、海外の女性モデルにはエラが張った方が多いなと感じます。

しかし、筋肉の発達によるエラの張りは、美容面でも健康面でも悪影響。

次回は「咬筋ほぐし」の方法をお伝えします。咬筋をほぐすと、小顔効果も期待でき、表情も豊かになりますよ。

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article