彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

男性のスーツは200年以上、基本的な構造や形が変わらない歴史のある衣服です。そして男性の装いの世界には、女性よりも厳格なドレスコードがあります。パートナーである女性とスーツ選びをする男性も多いです。スーツの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしいスーツ選びをふたりでしてみてはいかがですか。


■パートナーだからこそ理解したい、男性の装いの基本

パートナーの男性のスーツを一緒に選ぶ女性は、意外と多いのではないでしょうか。

休日にセレクトショップやデパートの紳士服売り場を覗いてみると、店員さんがおすすめするスーツを試着しながら、「このシャツ似合うんじゃない?」「ストライプのネクタイも買ったら?」と女性がパートナーの男性にコーディネートをアドバイスしている光景を目にします。

私が既製服からオーダーメイドまでスーツの接客販売やフィッティングの仕事をしていた頃、コーディネートはパートナー頼りという男性が多いように感じていました。

そうすると必然的に、パートナーの女性側に男性のスーツの着こなしについての知識があるかどうかがカギになってきますよね。

男性はパートナーの女性によって大きく変わるものです(その逆もまた然りですが)。 ぜひ男性のスーツの着こなしの正しい知識を女性の皆さんにも知っていただけたらうれしく思います。

環境省による「スーパークールビズ」の導入などにより、男性のビジネススタイルも随分とカジュアル化してきてはいるものの、スーツ着用が必須のビジネスマンはまだまだ多いのが現状です。

驚くことに、男性のスーツは200年以上、基本的な構造や形が変わらない歴史のある衣服です。そして男性の装いの世界には、女性よりも厳格なドレスコードがあります。

これは、時と場を同じくする相手への気遣いの精神(=礼節)がベースになっているのです。ジャケット・シャツ・ネクタイ・パンツと男性の装いは一見シンプルに見えますが、シンプルだからこそ女性が思っているよりもはるかに奥が深いものなのです。

■黒いスーツは、本当は着てはいけない!?

就活生からミドルエイジまで、多くの日本人男性に定着している黒いビジネススーツ。無彩色である黒は有彩色の色味とケンカすることがないうえに、有彩色を引き立たせる効果があるため、とても合わせやすく感じます。しかし、実はビジネスシーンにおいて黒いスーツはタブーなのです。

男性の装いにおいて、黒はフォーマルな場でのみ着用する色です。フォーマルの装いには、正礼装・準礼装・略礼装と呼ばれる格式の違いがあります。

黒を用いるのは、正礼装のモーニングコート(昼)・テイルコート(夜)、準礼装のディレクターズスーツ(昼)・ディナージャケット(夜)、昼夜問わず準礼装として着用されるブラックスーツ(これは日本だけの慣習)です。つまり、黒は格式を重んじる場で装う色なのです。

なぜ黒になったのかというと、エスコートする女性のドレスを引き立たせるために、男性が無彩色の黒い服を着るようになったからだと言われています。しかも、黒でもビジネススーツで使われているような薄い黒ではなく、フォーマルではフォーマルブラック(濃染黒)と呼ばれる濃い黒がふさわしいとされています。

また、海外ではウェイター(給仕)が黒いスーツを着ることがあります。パーティーやレストランで黒スーツを着てうろついていたら、ウェイターに間違えられてもおかしくはありません。

西欧諸国で黒いスーツを着たら、大恥をかいてしまう可能性がありますのでどうかご注意を。ビジネスシーンにおいては、黒いスーツを着ているだけで軽蔑されてしまうこともあるのだそうです。お分かりいただけたと思いますが、色が持つ意味合いというのはそれだけ重要なのですね。

■ビジネススーツには、ネイビーかグレーが◎

それでは、黒がダメならビジネスシーンにふさわしいのは、一体何色のスーツなのでしょうか。基本的には紺とグレーの2色です。

スーツの色は明るくなればなるほどカジュアルな印象に、暗くなればなるほどクラシカルで正統的な印象になります。

つまり、濃紺やダークグレーがベストと言えますね。たまに街中でブラウンのスーツを着た男性を見かけることがあります。

ブラウンはおしゃれな印象がありますが、オフィシャルな場には着ていけない色ということもあり、一般的にビジネスにおいてブラウンのスーツはおすすめしません。

着こなしの基本を知ったうえであえて着ているのか、知らないで着ているのかでは大きな差があります。たかが装い、されど装いなのです。

パートナーが装いで失敗しないためにも、女性の皆さんがチェックしてあげてくださいね。

この記事のライター

il Colore代表。人々のモノ・コトの価値をリデザインさせるべく、ファッション・まちづくりのプロジェクトに携わるパラレルワーカー。大学でエジプト考古学を専攻しながら、メンズスーツのテーラリング技術を学んでいました。卒業後...

関連するキーワード


おしゃれ 夫婦

関連する投稿


着れば着るほどやわらかくなる。FIDESのカシミアコットン吊り編みスウェット

着れば着るほどやわらかくなる。FIDESのカシミアコットン吊り編みスウェット

徹底的に品質をこだわり抜くライフスタイルブランド「FIDES」から、世界に1台しかない機械で作る「カシミアコットン吊り編みスウェット」などの新作が発売開始に。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


花刺繍が美しい。1枚で華やかな「ルミノーゾ・コムサ」のスカート

花刺繍が美しい。1枚で華やかな「ルミノーゾ・コムサ」のスカート

キャリア女性のニーズに応える、クリエイティブだけど着こなしやすいファッションを提案するブランド「ルミノーゾ・コムサ」。ダークになりがちな冬の装いに、一点取り入れるだけで、華やかな印象になるスカートを12月8日より、全国のルミノーゾ・コムサにて発売します。


パリ発バッグブランド「Anne-Charlotte Goutal Paris」がネット販売をスタート

パリ発バッグブランド「Anne-Charlotte Goutal Paris」がネット販売をスタート

フランスで大人気、パリのブランド"Anne-Charlotte Goutal Paris"。上品なおしゃれを楽しむ感覚とユニークなデザイン性が不思議な相乗効果でうまく融合した、まさに「作品」と呼ぶにふさわしい実用性のあるエレガンスが特徴です。12月よりインターネット販売を開始しました。


マイケル・コースのホリデーギフトコレクション

マイケル・コースのホリデーギフトコレクション

大切な人に贈る、パーフェクトなプレゼントがマイケル・コースから登場。贈る喜び、選ぶ楽しさを味わえるホリデーギフトコレクションです。アルファベットやチャームのピンでカスタマイズできるバッグやレザーグッズは、自分だけのメッセージを綴ってオリジナリティ溢れるギフトにいかがですか。


最新の投稿


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。危険人物・江戸川の登場に驚く井伏たち。気になる11話の展開は――。


大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

「安心・安全・高品質」のジャパンクウォリティの代表製品として確固たる地位を確立し、世界にもその名を広げている今治タオル。海外での人気も高く、お土産としてもぴったりの商品です。そんな今治タオルのメッセージタオルギフトが登場しました。


マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

山田養蜂場は、生マヌカハニーやマヌカオイルのほか、5種の和洋ハーブなどの自然素材を用いた保湿クリーム「マヌカハニークリーム」を新発売しました。話題の「マヌカハニー」をはじめとした自然素材をぜいたくに使用したほか、フォトジェニックなパッケージにも注目です。


おっぱい