LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

気になる彼とのLINEのやりとり。恋愛初期のLINEのやりとりは楽しくて、仕事中もLINEが気になって仕方ないもの。大人同士の恋愛はスマホの中で育まれるものなのかもしれません。今回はそんなやりとりで彼の本気スイッチをONにするLINEについて。


■気遣いや心配をしてくれる

40代~50代の大人の男性たちから、「本気スイッチが入るやりとり」として挙がったのが、気遣いや心配をしてくれる文言でした。

若い頃と違って、仕事でもプライベートでも日々責任や重圧を感じながら過ごしている大人の男性は、なかなか弱みを見せられる人が周りにいないものです。

体力、精神力は年とともに衰え、肩こりや腰の痛み、老眼など体調が万全でない日の方が多い状態だったりします。人前では元気に振る舞っていたとしても、実はへとへとに疲れ果てている大人の彼にとって、あなたからのLINEでの気遣いや心配はぐっと心に刺さります。

「この間風邪気味っぽかったけれど大丈夫? 無理しないで暖かくして過ごしてね!」
「忙しいのに時間作ってくれてありがとう。いろいろなところに連れて行ってくれて振り回しちゃったから疲れさせちゃったよね! 今週はゆっくり家で過ごして体を休めてね」

実は無理に元気なふりをしていた彼が、こんな心配や気遣いのLINEをもらうと"全部お見通しなんだな"と肩の力が抜けてほっこりと幸せな気持ちになると同時に、“あなたを大切にしたい”と本気のスイッチが入るかもしれません。

■褒めてくれる

どの年代からも高い支持を受けた文言は"褒め言葉"。30代以上の大人の男性たちは、人を褒めることがあっても、自分は中間管理職世代となり、誰かから褒められる機会がない人が大多数です。

褒められるということは、人から認められて尊重されていると実感する瞬間です。マズローが承認欲求を人間が望む高次欲求の第一段階だと説いているように、承認欲求が満たされると自己実現欲求が発動され能動的に動きたいという気持ちになります。

つまり、褒められることであなたに何かしてあげたいという気持ちのスイッチが入るのです。

ただ、相手が望んでいるポイントを掴んで褒めることは意外と難しいもの。

普段から彼の言動や行動をさりげなくチェックしておきましょう。人は無意識に自分がほしいと望む言葉を発したり行動をとるものです。的外れな褒め言葉もそれなりに嬉しい気持ちにさせますが、自分にとって「これぞ!」というポイントを褒めてもらうと、嬉しさを通り越して感動すら覚えます。

感動的な褒め言葉をプレゼントして彼の本気スイッチを入れましょう。

■頼ってくれる

比較的若手の大人男性に高い支持を受けたのがこちら。

甘えではなく、頼ってくれると男としての本能が目覚めるという意見が多く聞かれました。

例えば、男性は好意を抱いている女性から仕事で意見を求めたり、教えを請うなどのメッセージをもらうと頼りにされていると実感し、その女性に対する愛着が生まれます。

もう少し高度なテクニックになると、頼ってからの甘え、甘えてから頼るなど女性の武器を交えながらのメッセージも本気スイッチを入れるきっかけとしては十分有効。

「〇〇さんにしか~」
「〇〇くんだから~」
「〇〇さんにだけ~」

など、"あなただけ"感を強める言い方で頼ってみましょう。

■自分にしか見せない弱い一面を見せてくれる

男性にはもともと庇護欲があります。

女性を守りたいという思いは男性が女性に対して持つ本能的な欲求のひとつ。
“大切な女性だから守りたい”という気持ちを逆手に取り、“守りたい気持ちにさせて好きにさせる”文言を使ってみましょう。

「昨日の夜、寂しくて〇〇さんが隣にいてくれたらなって思ってた」
「昨日帰るときに知らない人に声かけられてすごく怖かったの。〇〇くんに電話しようかと思ったくらい」

今は女性も自立して強い人が多くなり、友達やパートナーのような恋愛関係が増えましたが、女性のか弱さは素直に可愛く映るという男性が大多数。

男性の”好きな人は自分が守りたい“という気持ちは、女性には想像ができないくらい強い本能なのです。

だから、普段他の人には見せない弱い一面を見せることは、自分にだけ弱みを見せてくれると男性の庇護欲をそそり、本気スイッチを入れるきっかけとなるでしょう。

この記事のライター

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい