福岡の魅力と、「移住」を叶えるLCC

福岡の魅力と、「移住」を叶えるLCC

こんにちは。ただいま私は福岡にいます。数年前に訪れて以来、すっかりハマった『ウィズ ザ スタイル福岡』にて、のんびりとくつろぎながらこの原稿を書いています。念願の黒い機体•スターフライヤー)に乗って北九州に上陸したのが昨日。


こんにちは。ただいま私は福岡にいます。
数年前に訪れて以来、すっかりハマった『ウィズ ザ スタイル福岡』にて、のんびりとくつろぎながらこの原稿を書いています。

念願の黒い機体・スターフライヤーに乗って北九州に上陸したのが昨日。小倉で新鮮な寿司を食べたり、門司港でレトロなカフェで読書をしたり名物「焼きカレー」をいただきながら、2日目の今日を博多で迎えています。

博多では、面白い活動をしている人たちが大集合しました。
元音楽プロデューサーで現在はニュージーランドでアウトドアライフを送る四角大輔さん、18歳にしてWeb起業、FM福岡パーソナリティー、音楽ライブの演出などで活躍する福岡在住の吉田拓巳くんと連絡を取り合って、福岡に仕事や遊びに来ていた人たちが総勢10名以上集まってランチ会を。「農家をかっこよくする!」をコンセプトに「とかちデザインファームプロジェクト」を展開する長岡淳一さんもたまたま北海道から福岡を訪れているということで合流。

ここ最近、周囲が俄然、「福岡がアツい!」と盛り上がっています。

日本で最も若い首長のひとりである高島福岡市長は、福岡市公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」を他県に先駆けてサービス開始。
名前とメールアドレスを登録する比較的簡単な手続きで、市内のあちこちでWi-Fiが使えるようになりました。あるいは、“ノマドライフ”の大先輩である本田直之さんは著書の中で、アジアの玄関口としての立地や、都心から空港も海も山も近いコンパクトシティとしての優秀さを例に挙げながら、福岡の可能性を絶賛しています。

実は福岡は、毎年、他県からの移住者が増えている都市のひとつなのです。

今日のランチでは、半年前に東京から福岡に移住した起業家カズワタベさんが同席されていたので、ちょっと話を聞いてみました。東京と同じ家賃を払えば2倍以上の広さの家に住めて、雨の日以外はどこでも自転車で動けるほどよい福岡のコンパクトさが魅力だそうなのですが、決定打のひとつが「移動コスト」でした。

カズワタベさんは、東京を離れる際に移住先としてはじめに「沖縄、福岡、京都」を視野に入れていたそうです。沖縄はもう少し仕事が落ち着いてからでもいいなと思い直し、残るは2択。そこで決め手になったのは、「LCC(ローコストキャリア)」の存在でした。

ここ数年で日本にも本格参入しているLCCとは、サービスを最小に抑え、経費を削減することで実現した低価格路線のこと。例えば「Jetstar」を見てみると、東京(成田)発福岡行きの航空券が、なんと6000円台から予約できるのです。そうすると、新幹線で往復することが基本の京都と比べても、東京にとって福岡という場所は「移動コスト」が抑えられる土地なわけです。

今では、「バニラ・エア」「Peach」など、国内外を飛ぶLCCを数多く利用できる時代。
「移住」「二拠点生活」がリタイア後の楽しみになる……という話は今は昔。
バリバリ働きながらも好きな場所で好きなように暮らせるライフスタイルを引き続き追求していこうと思います。
だって、せっかく便利で選択肢の多い時代に生まれたんですから。

この記事のライター

フリーランサー、コラムニスト。1980年生まれ、東京育ち。(株)集英社で広告と書籍の宣伝業務を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した肩書や専門領域にとらわ れない独自のワーク&ライフ...

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」心折れそうになる前に思い出してほしいこと

「疲れた、仕事辞めたい」。がんばって働いていても、ふと不安になるときがある。そんなときに心の中で「疲れた、仕事辞めたい」とつぶやくわたしがいる。わたしの仕事は、わたしの代わりに誰でもできるのでは。今のままでいいのかな。この仕事、辞めたいかも……そんなあなたへ届けたいショートストーリーです。


自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自分らしく生きられる

自己肯定感を高めると、自信を持てるようになり、積極的に動けるようになります。つまり、自分らしく働きたい(生きたい)なら、自己肯定感を高めることが先決! そのためにまずは「自分を褒める」ことから始めてみませんか。


好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

好きな仕事で独立するということ【独立するまで 独立してから #6】

会社を辞めて独立して仕事をしたい、自分らしく働きたい、と考える方もいるのでは。できるなら、好きな仕事で独立したい。そんな夢を実現した諸戸佑美さんが、独立して仕事をすること、について綴ります。


チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住した三児の母が考える、海外で仕事をするということ

チェコに移住して5年。育児休暇や子供手当ても終わり、仕事を見つけるべく、ハローワークに通う私。のんびりとした国で、どう自分らしく生きていこうか、模索する日々を綴ります。


成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果を出す人が投資しているたった2つのこと

成果とは、あることをして得られた良い結果のこと。でも、成果を上げようと思っても、成果は出せるものではない。では、何が必要なのか。石田ごうきさんが解説します。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。