1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. 起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

Share

自由な働き方はどうすれば実現できるのか。「月数万円、年数万円、という小さい仕事を複数持って生活する、というのはどうですか」と提案している本を読んで思い出したことがあります。複数の仕事を持つことを、「稼げないから副業」ではなく、「スキルや経験を得るためのセカンドビジネス」と考えてみるのはいかがでしょうか。

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

実は私、メインの仕事は美容鍼灸師ですが、それ以外にもいくつか仕事を持っています。

という話をすると、たいていの方が、口に出さないまでも「稼げないの?」という顔をするのですが、そういうわけではありません。

飽きっぽい性格ゆえ、いろいろなことをやりたがるから、暇になるのが嫌いだからという理由もありますが、一番は、ひとつの仕事に依存するリスクを犯したくないからです。

昔は私も、複数の仕事を持つ人たちを見て、「稼げないから副業してるんだ」と思っていましたが、リーマンショックを経て考えが変わりました。

リーマンショックのタイミングで、ちょうど雇用形態が派遣社員だった私は、「派遣社員は全員契約終了」と例に漏れず派遣切りに遭いました。

「えっ、来月から無職になるの?」と焦る私を尻目に、フリーの仕事を持っている同僚たちは、「収入が途絶えるわけじゃないから」と余裕たっぷり。

その姿を見て、「手に職を持つっていいなぁ。複数の仕事を持ってるっていいなぁ」とうらやましく感じ、私もいざというときに余裕を持ちたいと思ったのがきっかけです。

■「小さい仕事」を複数持って生きてみませんか?

そんな当時の思いを改めて思い出させてくれたのが、最近読んだ本『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』。

時間や健康を削って、ひとつの仕事にしがみついて働くのではなく、月数万円、年数万円、という小さい仕事(ナリワイ)を複数持って生活する、というのはどうですかと提案している本です。

「そんなことできるわけないでしょ」という声が聞こえてきそうですが、いきなり会社を辞めて、それだけで生活しろということではありません。

就業に差し支えない程度に、ひとつでも「ナリワイ」を付け足してみると、違う世界が見えてきて、自信にもつながりますよ、という内容です。

■ひとつの仕事しかできない場合のリスクを洗い出してみた

日本では、複数の仕事を持つことに、あまりいいイメージがないようで、「企業が副業解禁に踏み切った」というニュースが飛び交っても、「お金がない人が仕事を掛け持ちするんでしょ」と、思われてしまいがち。

今の生活に困っていない人は、「貧乏な人は大変だな」と他人事で済ませているのかもしれません。しかし、これは他人事でもなんでもなくて、誰もが考えておかなければならないこと。

ひとつの仕事に依存することがどれだけ恐ろしいことか、私の仕事でたとえてみましょう。

私のサロンは六本木にあります。もし今東京で震災が起きたら、サロンは確実に被災して、私が生きていたとしても、建物そのものが倒壊するなど、到底営業ができる状態ではないでしょう。

たとえ、サロンが営業できる状態に復旧できたとしても、サロンにいらっしゃるお客様も東京近郊の方。同じく被災しているので、美容鍼を受けにくるわけがありません。

普段の日常が戻ったとしても、すぐに美容にお金をかけるようになるかというと、そんなことはないはず。事業が再開できたとしても、売上が立つ見込みがなく、収入はゼロになります。

いつになったら収入が得られるのか。私が美容鍼しかできない人間だった場合、この時点で私の人生は詰みます。

もっともそうなった場合は、別の土地の美容鍼のサロンで働くなど、何らかの方法をとることになります。それでも、どこに行けばいいのか、働き口はすぐに見つかるのかなど、問題は山積みです。

■リスクに備える必要性は、法人も個人も同じはずなのに

ここでもし、美容鍼以外のなんらかの「ナリワイ」、たとえば場所を問わずできる仕事を持っていたとしたら――。それが少額の仕事であったとしても、収入はゼロにはならないため、気持ちに余裕が生まれます。収入が0と1とでは大違いです。

しかも、
・メインの仕事に復帰できるまでのつなぎにする
・いっそこちらの仕事をメインにする
・「ナリワイ」を作った経験を生かして、新しい収入源を模索する
など、考えられる可能性もかなり増えます。

緊急事態の際に、
・どの事業を優先するか考えておく
・代替案を確保する
・資源を分散させる
など、企業のBCP(事業継続計画)で考えることと同じですね。

企業だと、「万が一に備えていないなんて、何を考えているんだ!」と叱責されるのに、これが個人になると、「ひとつのことを続けること・集中することが良し」とされてしまうことに、むしろ疑問を感じるのは私だけでしょうか?

■起業や独立をせずとも、「複数の仕事」で自由な働き方は叶う

個人的には、複数の仕事に優劣をつけておらず、セカンドビジネス・サードビジネスと考えていて、その都度収入の割合を変えたっていい、と思っています。

「私はこれしかできないので、こういうときこそ国が私たちを守ってよ」と、困ったときだけ都合よく、自分の人生を他人任せにするのは、怖いことだし、美しくない。

ひとつのジャンルにこだわらず、いろいろなスキルや経験値を少しでも増やしておけば、

・その時々で力を入れる仕事を変えてみる
・趣味の延長線上でお小遣いを稼ぐ
・思いのほかナリワイがうまくいったから、そっちをメインにしてしまう

そう考えると、起業や独立をしなくったって、自由な働き方ってできそうですね。そういう生き方も楽しそうじゃないですか?

Share

木村 瞳

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article