排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

排卵誘発剤を使うと起きること【知っておきたい、体外受精の基礎知識#3】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、3回目では排卵誘発剤の基礎知識を取り上げます。


「体外受精」と聞くと、理解するのが難しい、複雑なことのように感じられるかもしれません。たしかに、卵子と精子という新しい命の誕生に関わる細胞の取り扱いには、培養技術など、さまざまな高度な知識や技術が用いられています。

一方、外来診療という面から見ると、その治療は、女性の月経周期に合わせて行われていて、それほど複雑なものではありません。今回は、卵巣から卵子を採取すること、「採卵」についてお話しします。

■排卵が起きる前に卵子を採取する「採卵」

体外受精を行なうには、卵巣から卵子を採取する必要があります。

卵巣の中には、何万~何十万という単位で卵子がありますが、そのまま卵巣に針を刺しても、卵子を吸い出すことはできません。

通常、月経周期が始まると、卵巣の中で卵胞という袋が育ち始めます。この卵胞の壁にはひとつの卵子があり、卵胞液の中の女性ホルモン(エストロゲン)の働きで卵子は成熟していきます。

例えば、月経周期が28日の場合、卵胞は月経が始まってから約14日前後で20㎜前後の大きさに到達し、その中で卵子も成熟のピークを迎え、卵胞から排卵されます。

体外受精の場合、こうして卵胞の中で十分に成熟した卵子を、排卵が起きる前に採取することになります。この卵子を採取することを「採卵」と呼んでいます。

■排卵が起こりづらい女性に向けて作られた「排卵誘発剤」

不妊治療を受けられている方、あるいはそうでない方でも、「排卵誘発剤」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

採卵を行う際に、その準備として、多くの場合この排卵誘発剤が使用されています。排卵誘発剤を用いることで、複数の卵胞を発育させられるため、一度の採卵で複数の卵子を採取することができるようになります。

もともと排卵誘発剤は、言葉の通り、排卵が起こりにくい女性のための治療薬として作られました。

代表的な薬剤に、内服薬の「クロミフェン」や注射剤の「HMG製剤」などがあげられます。どちらも1960年代に海外で臨床使用が開始されたことから、50~60年前の歴史があり、日本では1980年代後半に導入されています。
 
現在ではあまり聞かなくなりましたが、私が小学生の頃には、時々テレビで「五つ子ちゃん」のドキュメンタリー番組をやっていたように思います。

以前の記事「知っておきたい、体外受精の基礎知識#1」でお話ししたことがありますが、超音波検査が医療現場に普及し始めたのは1980年代頃でした。今の不妊治療の現場では、必ず超音波検査を行い、成熟した卵胞の状態を見ることで何個の排卵が起きるのかを推測できます。

しかし、排卵誘発剤が使用され始めた当時は、超音波がまだなかったり、あっても精度が低かったり、あるいはどのように見えれば排卵するのかという知見も少なかったかと思います。

その結果、排卵誘発剤の使用による三つ子(品胎)以上の妊娠が、事前に予測することができず、出産に至る例が生じました。

品胎以上の妊娠は、早産や妊娠合併症のリスクが高く、母児ともに大きなリスクを伴います。現在では品胎以上の妊娠を見ることはほぼなくなりましたが、私が産婦人科医になった1998年当時には、産科の病棟には、品胎の患者様がおひとりかおふたり、管理入院されていて、担当医として出産にも立ち会う場面もありました。

■排卵誘発剤を使うかどうかは議論も

体外受精を受けられる患者様から、「体外受精を受けることで双子や三つ子にならないですか?」という質問を受けることがあります。

現在、体外受精における胚移植では、原則ひとつの胚を移植することが決まっており、妊娠しにくい方に関してもふたつの胚移植までとなっています。

通常移植した胚の数以上に妊娠することはありませんが、時に、ひとつの胚が子宮の中でふたつになり一卵性双胎となることがあります。これは、自然妊娠でも同様の可能性があります。現在でも品胎以上の報告例はありますが、その多くは、排卵誘発剤を使用した自然妊娠由来であると報告されています。

体外受精を行う際に、排卵誘発剤を使用するかどうかという議論もあり、次回はそのあたりについてももう少し深く掘り下げていきたいと思います。

この記事のライター

医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医 現在、東京都内のクリニックにて、体外受精を中心とした不妊治療を専門に診療を行なっています。 不妊治療は「ご夫婦の妊娠をサポートする」ことがその課題となりますが、...

関連するキーワード


出産 不妊

関連する投稿


排卵誘発剤は卵子の保有数に影響を与える?【知っておきたい、体外受精の基礎知識#5】

排卵誘発剤は卵子の保有数に影響を与える?【知っておきたい、体外受精の基礎知識#5】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、5回目では「採卵」のしくみを解説しつつ、一部の方が持っている不安を解消します。


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?

『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第9話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマはとても辛い「不育症」。涙なくしては見られませんでした……。


妊婦さんの味方「陣痛タクシー」ができるまで

妊婦さんの味方「陣痛タクシー」ができるまで

その年の女性のあしたが輝く社会に貢献していると考えられる商品・サービスを表彰する「女性のあした大賞」が2017年12月7日に発表され、今年は「陣痛タクシー」がサービス部門で大賞を受賞しました。今回は授賞式会場でサービスの開発背景などを伺ってきました。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。