「自分のキャリアと向き合う」ために考えたい4つのこと

「自分のキャリアと向き合う」ために考えたい4つのこと

いつも忙しく働かれている女性のみなさん。一度、自分自身のキャリアや仕事をこれからどうしていきたいか、内に抱えた欲求と向き合ってみませんか。


結婚してからも働き続けたい、結婚して専業主婦になることは考えていない、という女性もだいぶ増えてきたかと思います。

それはたとえ、「仕事が好き」というポジティブな理由だけでなく、「パートナーの給料だけではちょっと将来が心配」という理由でそう考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし理由がどうであれ、結婚してからも仕事を続ける、もしくは結婚する気はあまりなく仕事をバリバリ続けたい、という人なら一度は「自分のキャリア」と向き合うきっかけが必要です。そこで今回は、「自分のキャリア」と向き合うために考えたいポイントについてご紹介します。

■「結婚」と「妊娠・出産」のタイミングは?

いずれは結婚したいと思っている人は、一度自分の人生を俯瞰してみて「いつ結婚するのがベストなのか」ということを一度考えてみてください。また、「いますぐ結婚したい」と思っている人も「今のタイミングで結婚することがベストなのか」ということを考えてみましょう。

ただ、結婚するだけなら仕事に与える影響は少ないかもしれません。
しかし、結婚したらセットで考えなければならないのが「妊娠・出産」のこと。子どもは持たない、と自分たちで選択したならお互いのペースで働き、お互いのペースで日々の生活を過ごすことができます。

しかし、「いずれ子どもがほしい」と思っている夫婦の場合、「結婚」と「妊娠・出産」は密接に関係することとなります。

子どもを産むと決めると、夫婦ふたり以外の家族からアレコレと口を出されたり、周りの友達の影響を受けたりして、もともとの予定が狂うことも十分ありえます。そうなったときに、今の職場で「妊娠・出産」という人生の節目を迎えることができるのか、そしてその後の生活を送るうえで今の職場はどうなのか。

そういったことを考えていく必要があります。


もし今の職場で「妊娠・出産」という大きなライフイベントを乗り越えられないと思ったら、退職するか転職するかの二択を迫られることとなります。

「転職」するなら、転職してすぐに妊娠というのも気が引けるかもしれませ。
「退職」するなら育児をしながら働くママをサポートしてくれる会社だとより良いでしょう。しかし、そんな会社が都合よく見つかる保障はありません。

いずれにせよ多くの不安を抱える可能性があります。
そうなったとき、今の職場にいつまで在籍するのか、転職するならいつがいいのか、その2点についてはご自身の人生を見つめなおして、きちんと考えてみてくださいね。

■「お金」が大きく動くライフイベントを整理しよう

自身のキャリアと向き合ううえで、お金が大きく動くライフイベントをどう迎えるか、どの職場で迎えるかということと照らし合わせながら考えていく必要があります。

たとえば、前述した「妊娠・出産」もそうですし、「マイホームの購入」や「子どもの進学」、「親の介護」や「車の購入」など、考えだしたらキリがありません。

一度、自分の人生で起こりそうなことを紙に書き出してみるといいでしょう。
独身でいるつもりの人も、一度やってみる価値はあります。老後を安心して過ごせるように若いうちに家を買っておきたいとか、親の介護をしなければならないかもしれないとか、いろんなことを考えて自分の年齢と起こりそうなイベントを照らし合わせていきましょう。

そこに、その年の自分の”目標年収”と”目標貯金額”も書き加えてみてください。

そうすると、今の会社でいつまでにどのくらい昇進しておかなければならないか、どのくらい稼がなくてはならないかが見えてきますよね。もしかしたら、今の職場では目標年収に到達しなさそうだという判断もあるかもしれません。

■自分は何を「バリュー(価値)」にして働くか

自分自身が今後、キャリアを築く上でもっとも大事なのはあなただけのバリュー」です。

あなたがどんなバリューを武器にして今後のキャリアを構築していくかによって、あなたの市場価値が変わってきますし、会社があなたへ与えたいと思う報酬も変わってきます。

あなたはどんなことができてどのように会社に貢献できそうか、どんなことを職場にもたらすことができそうか、どれだけの利益を上げることができるかということを、会社もしくは転職先は見ています。転職するときの面接では、そういうことをわかりやすく提示することが重要です。

あなたは今後どのような仕事をしていきたいのか、5年後、10年後にはどんな仕事をしていたいのか、どれだけの収入を稼いていたいのか。

もしも、考える余裕があれば、こういったことをぼんやりとでも良いので、思い描いてみてくださいね。

■「スキル」の棚卸をしよう

いま自分が持っているスキルを、いったんこの機会に棚卸してみましょう。

どんなスキルをもっていて、それはどんな場面で・どんな業界で・どんな仕事で活かすことができるのでしょうか。

たとえば行きたい会社があったとしても、その会社が求めていそうなスキルを自分がもっていなければその会社で働くことがあなたにとってミスマッチとなる可能性が出てきます。


スキルの棚卸は非常に重要で、自分の成長度合いを測る機会になりますし、今後やらなければならないことが明確化します。持っているスキル、持ちたいスキル、持っているべきスキルを紙に書き出してみてくださいね。

■自分の欲求と向き合ってみてください

今は、女性が社会に進出することが当たり前の時代。

だからこそ、あなたがやりたい仕事・築いていきたいキャリアを明確にして、そこに向かって歩みを進めることができます。ただ、多くの人が自身のそういった欲求と向き合う余裕がないように思えます。

今回の記事が、みなさんがこれからのキャリアと向き合うためのきっかけになれば幸いです。

この記事のライター

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード


働き方

関連する投稿


東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

東京のまちでコーヒーをタダでふるまってみた。趣味から始めるまちづくり【ジルデコchihiRo×田中元子 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第4回では、まちづくりに関わるいろいろなことを手がける田中元子さんをお招きしました。


2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

2018年、プロレス界の「最高男」宮原健斗を観にいこう

宮原健斗さんは、全日本プロレスに所属するプロレスラー。1989年生まれの28歳。団体の顔として、全日本プロレスの人気再燃に貢献してきました。DRESSプロレス部 部長補佐の池田が注目する、プロレス界で輝く若手エースのひとりでもあります。宮原選手のインタビューをお届けします。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


夢は叶えるためにある――失敗を原動力に成功を掴んだ起業道

夢は叶えるためにある――失敗を原動力に成功を掴んだ起業道

仕事での失敗から夢を諦めそうになったことはありませんか。2016年に株式会社JIONを創業した成井五久実さんも、営業2年目でクライアントや自社を巻き込む失敗を経験していました。今回は成井さんに起業という夢を叶えるまでの道のりとその秘訣を伺いました。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい