1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. モテる手相は「結婚線」「生命線」「金星帯」の3つがカギ!

モテる手相は「結婚線」「生命線」「金星帯」の3つがカギ!

Share

モテる手相は、恋愛の回数がわかる「結婚線」、色気力を見る「金星帯」、人を引き寄せる魅力を表す「生命線」の3つがポイント。これらの線でモテ度合いを確認することができます。

モテる手相は「結婚線」「生命線」「金星帯」の3つがカギ!

今回はモテる手相についてです。

手相でモテるかどうかは、「結婚線」「金星帯」「生命線」の3つの線をチェックします。

すべて良ければ満点ですが、ひとつの線でもモテる手相になっていれば、男性に困らないモテ人生も夢ではありません。あなたのモテ力がどれぐらいなのか確認してみましょう。

■【モテる手相1】結婚線で恋愛チャンスの数を確認!

モテる人は、恋愛をする回数がおのずと平均よりも多くなる傾向にあります。

では、恋愛の回数を手相で確認するには、どの線を見たらいいのか? それは結婚線です。

結婚線は結婚チャンスの数を表します。

それは、同時に恋愛の数に置き替えることもでき、結婚線の数が増えれば、恋愛の数も増えるといえます。

結婚線の数の平均は2~3本です。もし結婚線が4本以上あれば、結婚のチャンスの数も恋愛の数も平均以上で、モテ人生になる可能性は高いでしょう

「結婚線が4本あるのにモテていない」という人も、モテ運は十分に備わっているので、自信を持って男性と触れ合う機会を増やしてみてください。

モテる手相:結婚線

■【モテる手相2】金星帯で色気力を確認!

男性を引き付ける最大の武器は、なんといっても「色気」です。

きっと女性のみならず男性でも、「色気がほしい」と思っている人は多いはずです。

しかし、色気は目に見えるものではないため、多くの人が自分自身に色気があるのかどうかを判別できません。そんなときにこそ、チェックしてほしいのが金星帯です。

金星帯は、人差し指と中指の間から中指と薬指の間に半円を描く線で、色気や感受性を表します。

モテる手相:金星帯

この線があれば、自然とフェロモンを放出して、異性を引き付ける色気にあふれています。

僕が今まで手相を見てきた経験では、モデル業の人はほぼ全員に金星帯がありました。

金星帯があれば、男性からモテる運は十分に備わっているので、普段から色気を意識したメイクやファッションを心がけてみましょう

※金星帯はキレイな一本線で出ることはほとんどありません。切れ切れの短い線が何本も連なり半円を描きます。

■【モテる手相3】生命線の張り出し度合いで魅力を確認!

生命線は健康運をメインに見る線ではありますが、張り出し度合いによって魅力が備わっているかどうかをチェックすることもできます。

見るポイントは、生命線が中指よりも張り出しているかどうか

モテる手相:生命線

生命線のふくらみが中指より張り出している人は、人を引き寄せる魅力に溢れ、人が自然と集まってきます。

その場にいるだけで存在感があり、どうしても目立ちやすいので、集団の中にいても埋もれることなく注目を集めることになるでしょう。

ただし「モテる」という意味では、前述した結婚線や金星帯ほどではありません。生命線が中指を張り出している手相は、あくまでも人が寄ってくる線であって、異性が寄ってくるとは限りません。同性も集まってきます。

■モテる手相がひとつでもあれば、異性と出会えるチャンス大!

今回紹介した3つの線がすべてあればモテ運は言うことなしです。

3つすべてではなくても、紹介した線がひとつでもあれば、普通以上のモテ運を秘めていると言って良いでしょう。出会いを求めて、恋愛を思う存分楽しんでください。

手相は、右手は表の顔で現状を表し左手は裏の顔でポテンシャルを表します
もし右手にモテる手相がなく左手だけにある場合は、現状はモテ運が稼働していないと思ってください。

でも、ポテンシャルとしてのモテ運は備わっていますので、将来的にはモテる可能性は十分にあります。
そのためにも日頃から自分磨きに精を出して、魅力を高めていきましょう。

■手相の見方はこちらからチェックできます

手相の見方 | プロの占い師に聞いた手相の基本

結婚線の見方

感情線の見方

運命線の見方

生命線の見方

頭脳線(知能線)の見方

財運線の見方

太陽線の見方

2017年10月1日公開
2019年5月15日更新

Share

星 健太郎

占い師として日本全国を巡り、2万人以上の鑑定を行う。その経験の中で、数多くの女性の恋の悩みに触れ、女性のための占い婚活イベントを主催し、女性を結婚に導いた実績をもつ。若き男性占い師の視点を生かして、TV・雑誌・Webなど多数...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article