自慢ばっかり!男のマウンティングはこうやって撃破せよ!

自慢ばっかり!男のマウンティングはこうやって撃破せよ!

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


■男のマウンティングとは?

「マウンティング」という言葉をご存じでしょうか? 近年、あちこちで耳にするようになりました。

・とにかく自慢話ばかり
・相手のことを見下した発言をする
・どんな話題でも張りあってくる
・「俺の給料が……いくらだと思う?」
・「こないだ部長にほめられてさ」
・「ていうか、お前大学どこだっけ?」
・「だからお前はダメなんだよ、俺なんて……」
・「いま抱えてるプロジェクトがさ……」


つまり「自分の方が上なんだぞアピール」のことです。ここでまで直球でなくとも、さりげなく匂わせたり、お前のためを思ってるんだという恩を着せながらパターンまであります。

言ってしまえば、ゴリラが胸を叩きながらウホウホ吠えるようなものです。ライオンのたてがみやクジャクの羽根のように、まわりに「自分の方が優れた生物なんだぜ」と見せつけているのです。

このように考えると「あらかわいい」で済みそうですが、そうもいきません。他人の「すごいですよアピール」なんて百害あってなにもなしだからです。面倒くさいし不愉快です。

そして、基本的に、マウンティングをする本人に自覚はありません。彼らはナチュラルに生物的本能をむき出しにしているのです。恐ろしいことです。エゴの奴隷です。

とはいえ「不愉快だからやめてください」ということもできません。大衆の面前でプライドを傷つけられた男は、手負いの獣同様、なにをするかわかったものじゃありません。中途半端につついても、さらなるマウンティングを返してくるだけでしょう。

ここでは、そうしたマウンティング男子に出会ったときの対抗策をお教えします。銀座のホステスに「男をたぶらかす魔法のテクニック」として教わったものです。

■マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

その銀座のホステスは、いわば天性のマウンティングハンターでした。このテクニックで、あらゆるマウンティング男子をペットのように手なずけていました。

銀座ですから、むしろ男子なんて生やさしいものでありません。大銀行の頭取や、有名企業の役員、与党の政治家やら……並みいる男のマウンティングトークをこれで撃破していました。

彼らの「どうだ、俺はすごいだろう?」というスタンスを、まるで赤子の手をひねるようにあしらってみせます。もちろん熟練の成果もありますが、それほど強力なわけです。

彼女(マウンティングハンター)は、たとえ、どんな偉い御仁がマウンティングトークをくりひろげようとも、以下の「さしすせその法則」を徹底していました。

・「さ」さすが!
・「し」知らなかった!
・「す」すごい!
・「せ」センスありますね!
・「そ」そうなんだ!

「最後に『!』をつけて、ややアホっぽくするのがコツやねん」と、その関西出身のホステスは言っておりました。もちろん、そこまで必要かどうかは、キャラクターによるでしょう。

大事なのは「相手を肯定しながらプライドをくすぐること」です。ようするに「相手の言われたいことを言ってあげる」わけです。

タイミングよく放たれた「さしすせそ」はゴルゴ13のライフル狙撃のようなものです。マウンティング男子は「でへ」という顔を見せることでしょう。

なれると男のマウンティングをいなしながら、手はハイボールを作って、頭のなかで夕飯の準備まで考えることができるそうです。

そして最後に、そのホステスは「これが奥義やねんけど」と笑顔で教えてくれました。

「それでな? もし、そのお客さんが迷惑な人やったら、さしすせそを使いながら、ちょっとずつ顔をつまらない感じにするねん。そしたら自分から気づくようになるわ。最後には、恥ずかしくなって自慢せえへんようになるねえ」

ここまでくるとマウンティングハンターも必殺仕事人です。ふと背筋も寒く……だらだら自慢する男子のマウンティングなんて、かわいいものだと思わされた瞬間でした。

■マウンティング男子の正体

とはいえ、マウンティング男子が世に絶えることはありません。今日も街を歩けば、出勤すれば、合コンに参加すれば……男たちは懸命に「俺はこんなにすごいんだぜ!」と声を大にしています。

そんなときは、なにくわない顔して「さしすせそ」で撃破してやりましょう。真面目に対応して、心をすり減らすだけ損になりますから。

もし、カチンときたときは、こう考えてやればいいのです。永遠の理想の女性、オードリー・ヘップバーンが遺した名言です。

「威張る男性は、要するに、まだ一流ではないということなのです」

それだけのことです。同じ土俵に立ってはいけません。こちらは一流の淑女らしく「ごめんあそばせ」と、ティファニーで朝食でも食べながら、さらりと流してやりましょう。

さらにモードの女王、ココ・シャネルはこのように言っています。

「男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはすべてを知っていることになるわ」

そうです。これこそ真理です。ちなみにシャネルは100年前のパリにて、ピカソやダリやコクトーや、なみいる貴族王族をベタ惚れさせた女性でもありました。

男のマウンティングとは「少年のアピール」なのです。

「こんな大きなカブトムシを捕まえたんだよ! 見て!」
「ピーマンを残さず食べたよ! すごいでしょ!」
「ちゃんと夏休みの宿題できたよ! ほめて!」

これの延長です。マウンティングする男なんて、5歳の少年が、そのまま図体だけ大きくなったようなものです。未だに、お母さんにほめてもらいたくて仕方ないのです。

だとすれば……マウンティングも「かわいい子どものアピール」に感じられませんか?

マウンティング男子を恐れてはいけません。

むしろ彼らは甘えたがりの子どもです。いわばマザコンなのです。それを理解した上で、あえて上手にふるまってやる……そうすれば優位に立てるというものです。

彼らに対し、子どもじみたマウンティング合戦で勝ちたいわけでありませんよね?

それこそ子どもの発想です。表向きは男のメンツを満足させてやりつつ、最終的に、おいしいところに転がしていく――これぞ、大人の女性がマウンティング男子と遭遇したときにストレスを感じない、賢い対策のひとつだと思います。

この記事のライター

マジシャン。日本催眠心理協会認定 心理療法士。いつも「クリームたっぷりのウインナー珈琲を飲みたいな」とか考えながらコミュニケーションについて書いてます。

関連するキーワード


ストレス

関連する投稿


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすい、そんなお悩みを持っている方は少なくないのでは。知らず知らずのうちに溜まっているストレスは、あなたの身体になんらかの影響をもたらしているかもしれません。ストレスチェックからストレス対策まで、溜まりがちなストレスを解消する方法をご紹介します。


体と人生のパフォーマンスを上げる「TM瞑想」を実践して感じた7つのこと【長谷川朋美】

体と人生のパフォーマンスを上げる「TM瞑想」を実践して感じた7つのこと【長谷川朋美】

医学的根拠に基づいた瞑想法であり、アメリカでは保険適応で病気の治療にも使われているほど、世界で実践する人が多いTM瞑想。長谷川朋美さんが実践し、感じた7つのことをご紹介します。


ストレスフリーのカギは、他人の正義を受け入れること

ストレスフリーのカギは、他人の正義を受け入れること

年末にかけて忙しくなるこの季節、仕事もプライベートも気を揉むことが多くなるかもしれません。もし、人間関係のストレスがなくならないとしたら、それはもう終わりにしましょう。ストレスフリーな人間関係へのカギは、それほど難しいことではありません。


ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

近年めざましい進化を遂げる電子タバコにフォーカス。タバコとの違いを比較しながら、タールやニコチンを一切含まない、「ヘルシーなアロマ吸引器」と言っても過言ではない、新感覚の電子タバコを見つけたのでご紹介します。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。