医師が教える、乳がん検診のデメリット

医師が教える、乳がん検診のデメリット

近年、乳がん検診を受ける人が増えています。でも、中には「受けなくてもいい」ひとの検診や「受けるべきでない検診」も……。乳がん検診のデメリットも含め、乳がん検診の目的やメリット、受けるべき人に関して詳しく解説します。


北斗晶さん、故・小林麻央さんといった有名人が乳がんになったことが報道され、「乳がん検診を受けよう」とする人が増えました。

本来受けるべきなのに受けていなかった人たち検診に来てくれる一方で、「受けなくてもいい」人の検診や「受けるべきでない検診」も増えています。

今回は、乳がん検診のメリットとデメリットを解説します。

■乳がん検診は何のためにある?

乳房の検査には、触診にマンモグラフィ、超音波検査があります。乳がん検診は基本的に「40歳以上の女性、2年に1回マンモグラフィ」となっていますが、これにはきちんとした理由があります。

どの検査を受けても乳がんが見つかるなら、わざわざ痛い思いをしてマンモグラフィ検査を受ける必要はありませんよね。

そもそも、がん検診の目的は、がんによる死亡を減らすこと。乳がんは早期発見できれば、治療することで死亡を回避できることがわかっています。

自治体が税金を使って、あるいは企業が保険料を使って行う検診では、その検診をすることで死亡率を下げられるというデータがあることが前提です。

(残念ながら、意味がない検査を行なっている自治体や健康保険組合もあります。意味のない検査については次回以降のコラムで紹介します)

統計では、40歳以上の女性がマンモグラフィによる乳がん検診を受けると、乳がんによる生涯死亡率が1.4%から1.0%に下がることがわかっています。

■検診を受ければがんにならない、がんが100%見つかる、とは限らない

意外と誤解が多いところですが、検査を受ければがん患者さんが全員助かるわけではありませんし、「検査を受ければがんにならない」わけでもありません。あくまで検診の目的は、がんの早期発見と死亡率の減少です。

そして、触診や超音波検査では、今のところ乳がんの死亡率が減ったというデータはありません。

ただし、月1回の自己触診(自分で乳房を触りしこりがないかを確認すること)はしてもよいでしょう。実際に乳がんで病院を受診した人のうち、半分以上は自分でしこりに気づいた人で、乳がん検診で異常を指摘された人より多いのです。

超音波検査は、マンモグラフィと併用すれば乳がんの発見率を上げられるというデータが出ていますが、死亡率減少については現時点ではデータがありません。

また、乳がんになりやすい年齢は40歳以上なので、20代、30代の人にがん検診をしても、乳がんの死亡率は減少するというデータはありません。若い女性は乳腺が発達しているため、マンモグラフィを撮影しても、がんと正常な乳腺組織の区別がしづらいことなどが原因です。

■乳がん検診にはデメリットも

最後に、乳がん検診の知られざるデメリットについてお伝えしておきます。

がん検診に限らずあらゆる検査でもいえることですが、「病気でないのに病気と診断される」可能性があります。専門用語では「偽陽性(ぎようせい)」といいます。

1000人にマンモグラフィ検査を10年間行なうと、乳がんでないのに乳がんの疑いと診断される人は200〜400人もいます。

この偽陽性の確率は、検査を受ける女性の年齢が若い場合(40歳未満)や妊娠中・授乳中で乳腺が発達している場合にはもっと上がります。

がん検診で異常と言われたら、
・精密検査を受けて結果がでるまで、自分はがんかもしれないと不安を抱える
・良性の病変だったのに、細胞を取って顕微鏡で調べる検査まで受けることになる
・精密検査にかかる時間やコスト
などのデメリットが発生するのです。

あなたがこれから乳がん検診を受けるなら、検診を受けることでどうなりたいのか(安心したい? 早期に発見したい?)、もし「要精密検査」となったらどうするのか、じっくり考えてから受けてほしいと思います。

乳がん検診のメリットがある40歳以上の方は、マンモグラフィの検診を積極的に受けてくださいね。

この記事のライター

1982年広島市生まれ。2007年大阪大学医学部卒業。医師。外国人のパートナーとの間にもうけた2児のシングルマザーでもある。 予防医学と訪問診療にたずさわりながら、個人でセミナーやコンサルティング、執筆などもしています。

関連するキーワード


乳がん

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方へのギフトセットを発売開始

乳がんを経験した大切な方への贈り物に。女性の乳腺外科医・乳がん認定看護師と一緒に考えた、「楽で」「心地よく」「術後も気持ちの上がる」術後ブラジャーや自然素材のネイルやハンドクリームをセットしたプレゼントを「サイズ交換券付き」で9月20日より発売します。


乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきた - きっかけは友人が乳がんにかかったこと

乳がんドックを受けてきました。今回初めて乳がんドックを受けようと思い立ったのは、30代後半の友人が乳がん(ステージ2)にかかり、手術した話を聞いたこと。それまでなんとなく、他人事として捉えてしまっていた乳がんでしたが、ようやく自分事として考えられるようになりました。乳がんドックについて感想も交えて詳しくご紹介します。


乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

乳がんになっても自分を責める必要なんてない。

37歳のときに乳がんになり、7年に渡ってホルモン療法を行ってきた、フリーライターの北林あいさん。乳がんと闘病中の小林麻央さんのこと、乳がんの患者さんと接するときのこと……自身の体験から考えることを伺いました。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。