スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


■愛するふるさと、飯能の魅力を知ってほしいという想い

高校から大学まで東京の学校に通っていた私は、遠いのに中途半端に都内まで通えてしまう飯能の地やローカル特有の田舎クサさ・ダサさにうんざりしていました。大学までは、驚きの片道2時間弱。

とにかくストレスフルな毎日で、「こんな環境に耐え続けなきゃいけないのなら、いっそのこと家出してしまおう」と本気で思っていたほど、地元のすべてがイヤでイヤで仕方がなかったのです。

それがいつからか、「飯能って良いところなんだなぁ」と思えるようになりました。22歳の頃です。ちょっと大人になったのでしょうね。

生まれ育った家のルーツや先祖の話を祖母から聞かされた影響が大きく、”古いモノには価値がある”という考え方が身についたのもこのとき。四季折々の自然の美しさや地域の人びとの温かさも感じられるようになりました。

ローカルに対するバイアスが解けたことによって、逆に飯能のまちの課題解決のためにできることをしたいと考え始めました。

「どうして地元でビジネスをやりたいの?」とよく聞かれるのですが、愛するふるさとのお仕事だからこそ夢中になれるのです。「自分の好きなことしかしない」という信念はここにも現れています。

■限界を勝手につくらず、本気で向き合えば、スキルは何でも身につけられる

飯能のまちの課題は、市内の各エリアの情報がWeb上のひとつの場所に集約されていないこと。この課題自体はどのまちにもあるものですが、非常にもったいないと日頃から感じていました。

それならば自分でやってみよう、と思ったのです。しかし、肝心のWebサイト制作のスキルはゼロ。いきなり壁にぶつかったのです。

今でこそWebサイト制作の仕事をいただいていますが、私がこれを本腰いれて勉強し始めたのは、昨年の12月末。実はまだ1年も経ってないのです。

そこから3カ月で自分の個人のWebメディアをひとつ立ち上げ、4カ月後には企業からWebサイト制作を受注しました。

「hanoum」もすべて自分でつくっています。現在、ありがたいことに他にも企業のコーポレートサイト制作やWebデザイン案件をいただきながら、同時にスキルを磨いています。

自分の意欲次第で、やってみると案外どうにかなるものです。大切なのは、自分の可能性を信じてあげること。

「私にはできない、ここまでだ」と限界をつくり、自分の成長を止めてしまうのは自分なのだとWeb制作を通じて改めて実感しました。

■飯能のローカルWebメディアの編集長として

Webメディアをつくるという課題解決のために情報を集め、スキルを磨くこと2年。ようやくここで、飯能のローカルWebメディア「hanoum」( http://hanoum.jp )をプレオープンすることができました。

「hanoum」は「飯能に"人と人のつながり"を生む」をコンセプトに、人にフォーカスしたコンテンツをお届けする飯能エリア初のローカルWebメディア。

私は編集長として、このWebメディアを読んだ方々に、「飯能って良いところだなぁ、行ってみたいなぁ」と思ってもらえるような、魅力的なコンテンツの制作に日々情熱を注いでいます。

ローカルなので市場規模はとても小さいですが、競合がいないのでブルーオーシャンともいえます。今後はこのWebメディアをプラットフォームとして、これから様々な外部サービス事業に取り組んでいこうと考えています。

また、近く会社を設立し飯能発のローカルベンチャーとして世界に目を向けていくつもりです。きっと多くの困難が待っていることでしょう。けれども、自分にどこまでできるのか私自身とても楽しみに思っているのです。

hanoum ー 埼玉 飯能のローカルウェブメディア ー

http://hanoum.jp

埼玉・飯能のローカルウェブメディア「hanoum」の公式ウェブサイトです。「飯能に"人と人のつながり"を生みだす」をテーマに、飯能のグルメ・大自然・アート&クリエーションのコンテンツをお届けします。

この記事のライター

il Colore代表。人々のモノ・コトの価値をリデザインさせるべく、ファッション・まちづくりのプロジェクトに携わるパラレルワーカー。大学でエジプト考古学を専攻しながら、メンズスーツのテーラリング技術を学んでいました。卒業後...

関連するキーワード


キャリア 働き方

関連する投稿


【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

【誰でもできる、本業で社会貢献】#2 すぐできる4つの方法

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第2回目では、よくある悩みや疑問を元に、視点を変えて本業で社会貢献をする方法を探っていきます。


起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

起業や独立をしなくても、自由な働き方を選ぶ方法がある

自由な働き方はどうすれば実現できるのか。「月数万円、年数万円、という小さい仕事を複数持って生活する、というのはどうですか」と提案している本を読んで思い出したことがあります。複数の仕事を持つことを、「稼げないから副業」ではなく、「スキルや経験を得るためのセカンドビジネス」と考えてみるのはいかがでしょうか。


最新の投稿


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。危険人物・江戸川の登場に驚く井伏たち。気になる11話の展開は――。


大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

「安心・安全・高品質」のジャパンクウォリティの代表製品として確固たる地位を確立し、世界にもその名を広げている今治タオル。海外での人気も高く、お土産としてもぴったりの商品です。そんな今治タオルのメッセージタオルギフトが登場しました。


マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

山田養蜂場は、生マヌカハニーやマヌカオイルのほか、5種の和洋ハーブなどの自然素材を用いた保湿クリーム「マヌカハニークリーム」を新発売しました。話題の「マヌカハニー」をはじめとした自然素材をぜいたくに使用したほか、フォトジェニックなパッケージにも注目です。


おっぱい