アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォー女性が感じた「お金をかけてよかった美容」

アラフォーともなると、お肌の状態や体型のたるみなど、気になるところがたくさん! ただ美容に使えるお金には限りがあるため、「何をするか」は厳選しなくてはなりません。そこで今回はアラフォーの女性に聞いた、「お金をかけてよかった美容」をご紹介します。


■お金をかけるならどの美容?

若いころは化粧品だけに気を配っていればよかったのが、歳を重ねるごとに気になる箇所は増えるばかり。できれば全部お金で解決してしまいたい! というのが、多くの方が抱える本音ではないでしょうか。

ただし、現実には、美容にかけられる予算には限りがあります。そこで今回は10人の現役アラフォー女性に聞いた、「この美容はお金をかけるべき!」を3つご紹介します。

その1:「シミ治療」「フォトフェイシャル」は一度試してみる価値あり!

今回お話を伺ったアラフォー女性全員が体験済みだった美容治療が「シミのレーザー治療」または「フォトフェイシャル」。長年の悩みが一瞬で消える! レーザーすごい! と意気投合しました。

~以下、体験した人たちの声です~


Aさん
「ずっとマッサージや化粧品で、なんとかシミを消そうかと思っていましたが、美容外科クリニックでのキャンペーンをやっていたので、勇気を出してシミ抜きにチャレンジしました。そうしたら数日でシミがなくなって、今までやっていたのはなんだろう……と、感激しつつも呆然としました。それ以来、半年に1度の贅沢ということで、定期的に気になるシミをレーザー治療しています」

Bさん
「目立つシミがなくなっただけで、顔のトーンが明るくなった気がします。コンシーラーで隠しても時間が経つとよれてしまったりしていて、憂鬱でした。直しがなくなって本当によかった」

Cさん
「お金と時間はかかりますが、フォトフェイシャルは顔のくすみもとれるので、本当におすすめ。効果の薄い化粧品にお金をかけるよりは、断然いいと思います」


気になるお値段は、シミ抜き治療は1回5000円~、フォトフェイシャルは10000円~が相場。最寄りの美容外科で詳しく聞いてみてくださいね。

※注意

内閣府が発表している「エステ・美容医療サービスに関する消費者問題についての建議」によると、シミとりには

「エステで顔のシミ取り(レーザー)をしてもらったところ、その後、肌がただれて化膿した」

「美容クリニックで、医療レーザーによるシミ取り治療を受けていたが、顔全面が熱によるやけどを負い、全治1年と診断された」

などの危害情報も報告されています。

こうした事態を避けるためにも、美容医療の効果についての見通し、その医療行為によって生じるリスクや副作用についても十分説明を求め、それらの判断材料をもとに納得のいく決断をすることが大切となります(当然これらは、医師が措置すべきことであると「エステ・美容医療サービスに関する消費者問題についての建議」でも説明されています)。

その2:「脱毛」はママがやっておきたかった美容治療ナンバーワン

やっておけばよかった……という未経験者からの声が多かったのが、脱毛治療。とくにお子さんがいるママは、美容にかけられる時間が短い分、切実だそう。ムダ毛の処理は時間がかかる上に後回しになりがちで、結果、薄着ができずに困っている……なんて声も。

~「脱毛」に関するアラフォー女性の声~


Dさん
「ワキの脱毛だけはしたものの、脚はやっていなかったので、とくに夏は不便。カミソリで処理しても、きちんとケアしないと肌荒れしちゃうし、かといって、子供を育てているとなかなかボディケアの時間をとるのが面倒で。なので今年の夏は脚がすっぽり隠れるスカートとジーンズしか履きませんでした。脚の脱毛もしていたらミモレ丈のスカートもはけたのに残念です」

Eさん
「私はワキもやってないので、ノースリーブの服が着づらかったです。やっとけばよかったなと思います」

Fさん
「若いころに強引なセールスにあって、全身脱毛を契約しました。すごく高かったし、そのときは必要なかった、って後悔しましたが、歳をとると、あれはあれでよかったのかもと思うようになりました」


「脱毛」の利点は、その後のムダ毛お手入れが楽になること。完全に脱毛するまでは時間がかかりますが、ちょっとでもしておくと処理が楽になる、が経験者全員の意見でした。

※注意

国民生活センターが平成29年5月11日に発表した「なくならない脱毛施術による危害」によると、2012年度以降の約5年間に、脱毛施術により危害を受けたという相談が964件寄せられています。

これに対し、国民生活センターは、消費者へのアドバイスとして「エステで受けることのできる脱毛と医療機関で受けることのできる脱毛の違いをよく理解しましょう」と発表しています。もしも、脱毛を受ける際には、これらの違いを理解して、ご自身の希望に合った選択をしてください。とくに施術後のリスクについては、担当医からよく聞いておきましょう。

医療機関では、レーザー等により毛の発生源を破壊するなど高い効果が得られる脱毛を受けることができます。皮膚内部の組織を破壊する行為ですので、やけど等の皮膚トラブルが起きるおそれもありますが、トラブルが起きた際も直ちに医師の診察を受けることができます。

一方、エステでは、医行為に該当しない範囲の施術しか行うことができません。そのため、エステでの施術は、医療機関に比べて脱毛効果は低く、皮膚への影響は小さいと考えられます。脱毛を受ける場合は、エステと医療機関で行われる脱毛の違いをよく理解しましょう。

独立行政法人 国民生活センター『なくならない脱毛施術による危害』より

その3:「ボディトレーニング」がボディ美容の一番の近道

美容のために「ボディトレーニング」を体験しているのは、10人のうち5人のアラフォー女性たち。

彼女たちは「もっと早く始めればよかった!」と口を揃えます。やった方がいい理由を尋ねてみると、「体型維持」には運動が欠かせないからとのこと。

~以下、体験した人たちの声です~


Gさん
「ボディエステにも通いましたが、とにかくお金がかかる! 体型がきれいな女性の先輩に何をしているのかと聞いたら、ウェイトトレーニングと聞き、私もやることにしました。半年間頑張ったら、お金をかけて消しても、すぐに出てきたセルライトが、目立たなくなりました。ボディの美容に近道はない、と思いました」

Hさん
「ボディトレーニングは、自分でやるととくに最初はキツすぎて続かないことが多々あります。ある程度筋肉がつくまでは、トレーナーにみてもらうのがいいと思います。筋肉がついて体型が変わるとやる気も出るし、セルフでもできるようになりますよ」

Iさん
「運動しないとダメ、は本当にそうだなと思います。あと定期的に汗をかかないと、肌もどんどん悪くなる気が……」


運動は、お金をかけなくてもできる美容の代表格ですが、「習慣になるまでは、お金をかけてやった方がいい」が経験済の方に共通する意見でした。

パーソナルトレーニングは、30分5000円~が相場のようです。

■予算の範囲内でキレイになろう!

「美容」は女性にとって、永遠のテーマ。いくつになっても少しでもきれいになりたいのが女心というものですよね。

限られたお金を美容にどう使うか、一度調べてみてくださいね。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


美容

関連する投稿


入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

入浴剤の代わりにおすすめ。キッチンにある3つのアイテムとは【百木ゆう子】

市販の入浴剤の代わりにおすすめなアイテムを3つご紹介します。入浴剤選びは香りや色、使用感や効果などで購入される方が多いと思いますが、最も大切なのはどんな成分が含まれているか。リスクも知っておきましょう。今お使いの入浴剤があれば、成分表をチェックしてみてください。


美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

美腹筋は食事から作られる? 最短・最小の努力で痩せる究極の食事法

40代からの美しい腹筋はジムではなく食事から作られる! 欧米の最先端の栄養学を日本人向けにカスタマイズした、最短で痩せる究極の食事法を公開した『最少の努力でやせる 食事の科学』が発売となりました。


LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

LUSHからお風呂をジェリー化させる入浴剤「ジェリーボム」が新登場

バスタイムをさらに進化させる新感触。お風呂をジェリー化させる「ジェリーボム」がラッシュより9月1日に発売開始に。ラッシュの代表的なアイテム「バスボム」同様、お湯の中で重曹とクエン酸がシュワシュワと溶けていくのと同時に、トロトロの柔らかなジェリーがお風呂のお湯一面に広がる入浴剤です。


もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

もしやグルテン過敏症? - その症状、小麦グルテンのせいかもしれません

原因不明の嫌な症状、実はグルテン過敏症によるものかもしれません。マクロビやグルテンフリーを実践してきた筆者が、グルテン過敏症とは何かと、手軽にチェックする方法、グルテンフリーを実施する方法をご紹介します。


『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

『大人美容 始めること、やめること』に学ぶ大人のきれい習慣【積読を崩す夜#6】

連載【積読を崩す夜】6回目は、『大人美容 始めること、やめること』(著:地曳いく子、山本浩未)をご紹介します。40代から変わる、今の自分に合うきれいとは、一体どういうものなのか。大人のきれいはやったもの勝ち、でも何をどう始めて、何をやめればよいのでしょうか。大人のための美容習慣を学べる一冊です。


最新の投稿


相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

「顔を覚えてもらいにくい」「顔の印象が薄い」。そんな風に感じるなら、メイクの方向性にまとまりがないのが原因かもしれません。パーツ毎のメイクが、全体的に見たときにちぐはぐな印象にならないように、あらかじめゴールを決めて、仕上がりをイメージしながらメイクしてみて。


【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

もこもこのマフラーにばかり手が伸びてしまうけれど、すこし暖かい日はスカーフを巻いてみませんか。ぱっと顔周りが明るくなり、エレガントに決まります。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第3週は「華やかなスカーフ」をテーマにお届けします。


栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

栄養価が高くて低カロリー。「タロイモパンケーキ」をカフェ・カイラで

高栄養価で低カロリーが嬉しい。人気ハワイアンカフェレストラン「カフェ・カイラ」が、ハワイの女性が愛する「タロイモ」を使用した「タロイモパンケーキ」を渋谷・舞浜の2店舗で発売開始!


新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

文化庁文化交流使にも選ばれた、墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、新しい趣味としての「書道」というテーマで執筆いただきました。


雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法をご紹介します。近頃、美容雑誌で目につく「雰囲気美人」という言葉。鼻が高い、目が大きいなど、「美人」の条件とも言えるパーツを持ち合わせていなくても、なんとなく「あの人、美人」と思わせてしまう不思議な魅力を持っている女性のことを言うようです。「雰囲気美人」を徹底研究した結果、わかったこととは――。


おっぱい